国際特許分類[H04N7/00]の内容

電気 (1,674,590) | 電気通信技術 (544,871) | 画像通信,例.テレビジョン (280,882) | テレビジョン方式[4,2011.01] (43,981)

国際特許分類[H04N7/00]の下位に属する分類

国際特許分類[H04N7/00]に分類される特許

1 - 6 / 6


【課題】より広範囲かつ高速に対象を検出することが可能な対象検出装置および対象検出方法を提供する。
【解決手段】対象検出装置101は、検出対象の物性に応じて予め選択された複数の波長帯について、2次元画像を撮像するための撮像部11と、2次元画像の各画素における物質を検出するための検出部12とを備え、撮像部11は、設定されたラインごとに2次元画像を撮像する。 (もっと読む)


【課題】付加情報の取得時間を短縮できる受信装置、画像表示装置、及び受信方法を提供する。
【解決手段】ビデオ信号を受信する受信装置は、信号方式判別回路41、アスペクト取得回路42、信号方式確定回路62、及びアスペクト確定回路63を有している。信号方式判別回路41は、ビデオ信号の方式を判別する。アスペクト取得回路42は、信号方式判別回路41でビデオ信号の方式が判別される毎に、その判別結果に基づいて当該ビデオ信号に付加されている付加情報を取得する。信号方式確定回路62は、信号方式判別回路41で判別されたビデオ信号の方式が第1の回数連続して同じである場合にビデオ信号の方式を確定する。アスペクト確定回路63は、アスペクト取得回路42で取得されたアスペクト情報に基づいてアスペクト情報を確定する。 (もっと読む)


【課題】予め定められた動画のフレーム伝送レートで静止画像データが伝送される場合の、静止画像データ伝送時における省電力化を実現する。
【解決手段】画像伝送システム1は、互いに通信可能に接続された送信装置である撮像装置10及び受信装置である表示装置20を有し、その撮像装置10及び表示装置20の間で、予め定められた動画データのフレーム伝送レートで静止画像データを伝送する。撮像装置10は、伝送すべき個々の静止画像データを複数の分割画像データに分割する画像分割部14と、画像分割部14により分割された複数の分割画像データの夫々を、動画データのフレーム伝送レートで順次伝送する通信部15を備える。また、表示装置20は、撮像装置10から順次伝送された複数の分割画像データを合成し、伝送すべき個々の静止画像データを復元する画像合成部24を備える。 (もっと読む)


【目的】 ハイビジョン放送受信時においても、ビデオ出力及び音声出力の自動切換,AC電源自動供給,FM検波出力及びビットストリーム出力の自動切換を行える衛星放送受信システムを提供すること。
【構成】 放送キャリアレベル及びN−SYNC信号に基づくハイビジョン放送信号の判別手段をマイコン27A内に設ける一方、AFC入力端子39へのプラグ入力有無の判別回路40を設け、ハイビジョン放送判別信号とAFC入力有無判別信号の論理積出力をハイビジョン放送受信中を示す判別信号とし、該判別信号を用いて第1,第2,第3のスイッチ手段41,42,44を切り換えることにより、BSチューナ11に接続したMUSE/NTSCコンバータ13に対してビデオ出力及び音声出力の自動切換,AC電源自動供給,FM検波出力及びビットストリーム出力の自動切換を行う。 (もっと読む)


【目的】 スクランブルの施されたディジタル信号伝送信号を受信機に前置されたデコーダアダプタで効率よくデスクランブルする。
【構成】 スクランブルの施された入力信号をデスクランブルし、アダプタの入力信号と同じ信号形式のスクランブルの解かれた出力信号を再構成して受信機に印加するデスクランブル用デコーダアダプタであって、プリデコーダ回路(1,2)によって誤り訂正符号の前までデコードされた信号と、デスクランブルのための擬似乱数信号(21)を誤り訂正符号化回路(13)によって符号化した信号とを、加算回路(23)によって加算したのち、ポストエンコーダ(12)で再びエンコードするよう構成している。 (もっと読む)



1 - 6 / 6