Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
デジタル捺染方法
説明

デジタル捺染方法

【課題】本発明は、捺染工程を単純化させたもので、これにより正確な捺染が短時間で可能となるとともに、汚染源の発生をも防止する。
【解決手段】第1の発明は、上記課題を解決するため、転写紙作成段階と、転写紙に分散染料インクをインクジェットプロッタでプリントする段階と、転写紙のプリント面に生地を置いて上記分散染料インクが生地に染着するよう転写紙にプリントされた分散染料インクを昇華転写する段階を有することを特徴とするデジタル捺染方法とする。

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、デジタル捺染方法の改良に関するもので、特に昇華転写を利用したデジタル捺染方法を主眼に開発されたものである。
【0002】捺染とは、染料や顔料を粘りけがあって密度の濃い糊液に入れて、被染物を部分的にプリント加工することであって、被染物に柄や模様を表現する際に用いられる加工方法のことである。
【0003】この捺染も染色の一種であるが、普通の浸染が被染物を染料溶液に浸けて単一に着色するのに対して、捺染は単数又は複数の染料や顔料などの着色剤と防染剤、抜染剤などの溶液に糊剤を加え、粘りけがあって密度の濃い捺染糊を作成し、それにより被染物を部分的に着色、又は脱色する加工方法である。従って、捺染は部分的な染色といえる。
【0004】しかし、捺染は、浸染では使用できない顔料を使える点、種々の技法により芸術的付加価値を高めることができる点などから、浸染とは異なる面が多く、加工方法も数多くあるため深さのある繊維加工法方法として認識されてきた。
【0005】この捺染の方法としては、大きく分類すると、直接捺染法、抜染法、防抜染法、防染法、特殊捺染法とに分類できる。特殊捺染法には、転写捺染法(Transferprinting)、マルチカラープリント法(Multi colored printing)、オパール捺染法( Opal printing)、走染法(Stream printing)、フロック捺染法(Flock printing)、ビグレー捺染法(Vigoureux printing)、デジタル捺染法(Digital printing)などが存在する。
【0006】このデジタル捺染法は、予めコンピュータ上で作成した内容をインクジェットプロッタを利用してポリエステル、綿又はシルクなどの生地に捺染する方式である。
【0007】
【従来の技術】以下、従来のデジタル捺染方法を図1に従って説明する。先ず、生地の前処理(Pre-treatment)段階として、にじみ防止と高発色のため生地を糊剤及びアルカリ性の薬品に浸し漬けした後、生地を乾燥させる。次に糊剤及びアルカリ性の薬品が塗布された生地にコンピュータでデザインした内容をインクジェットプロッタで専用染料インクをプリントする。その後、専用染料インクが生地に染着するよう蒸熱する。染着後、残った残留する薬品及び染料を除去するため水洗いを行う。その後、生地を乾燥させることにより捺染を終了する。
【0008】ここで糊剤というのは染料や顔料を生地に染着させるための中間媒体であり、生地に捺染された染料のにじみ、輪郭の流れを防止し、鮮明な柄を出すことを目的としている。更に、使用する糊剤の種類や粘度の差により生地に対する浸透の程度、捺染した面の色の均一性が違ってくる。それだけではなく、糊剤は柄の表現方法、色の鮮明度、色の濃度、染色後染料の堅牢度、製品の完成及び触感などに大きな影響を及ぼす。従って、正しい捺染をするためには糊剤の選定が非常に重要なものとなる。
【0009】糊剤は、捺染方法、使用染料、薬品の種類、捺染する布の種類などによって、選別され決定されるので、種々の生地を使用して捺染する場合、生産性を低下させる原因になるだけでなく、誤った糊剤の使用により捺染が不良となる問題点も惹起する。
【0010】インクが生地に先着するように蒸熱し、染着した後、残った残留薬品及び染料を除去するため、水洗工程と水洗工程以後の乾燥工程が必ず必要になるため、製作所用時間が増え、製造原価が上昇し、水洗工程で生じる廃水による水質汚染が深刻な状況である。
【0011】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、上記問題点の解決のため、捺染工程を単純化させたもので、これにより正確な捺染が短時間で可能となるとともに、汚染源の発生をも防止することを目的とするものである。
【0012】
【課題を解決するための手段】第1の発明は、上記課題を解決するため、転写紙作成段階と、転写紙に分散染料インクをインクジェットプロッタでプリントする段階と、転写紙のプリント面に生地を置いて上記分散染料インクが生地に染着するよう転写紙にプリントされた分散染料インクを昇華転写する段階を有することを特徴とするデジタル捺染方法とする。
【0013】第2の発明は、第1の発明における転写紙作成段階が、紙に吸収性樹脂及び吸収性充填剤を塗布する段階と、吸収性樹脂及び吸収性充填剤が塗布された上記紙を乾燥する段階になっていることを特徴とするものである。
【0014】さらに、第3の発明は、第2の発明おける吸収性樹脂がアルキル酸ナトリウム又はポリビニールアルコールで作られており、吸収性充填剤がタルク又はシリカで作られていることを特徴とするものであり、第4の発明は、第1の発明において生地がポリエステルで作られていることを特徴とするものである。
【0015】
【発明の実施の形態】以下、図2に従って、実施例と共に本発明の実施の形態について説明する。図2は本発明によるデジタル捺染方法を説明するための工程図であり、第1段階として転写紙を作成する。転写紙は、紙に吸収性樹脂及び吸収性充填剤を塗布した後、吸収性樹脂及び吸収性充填剤が塗布された紙を乾燥させることにより作られる。
【0016】吸収性樹脂はアルキル酸ナトリウム又はポリビニールアルコール(Poly vinyle Alchohole PVA)で作られており、吸収性充填剤はタルク、又はシリカで作られている。勿論、転写紙作成段階が、上記の場合に限定されるものではなく、吸収性樹脂及び吸収性充填剤も上記のものに限定されない。
【0017】第2段階として、プリントしようとする内容がデザインされているコンピュータと繋がっているインクジェットプロッタを通じて、分散染料インクを転写紙にプリントする。
【0018】この分散染料は、水に全く溶けないか、又は、よく溶けない微細な粉末で界面活性剤などの分散剤を用いてコロイド状態で水に分散させたものである。分散染料は、強親水性の基の性質を持たない染料であり、アゾ、アントラキン、アゾメチン、ニトロ系染料がこれに該当する。
【0019】次に転写紙のプリント面、すなわち分散染料インクがプリントされた面上に前処理されていない一般のポリエステル生地を置いた後、転写紙とポリエステル生地を一緒に、摂氏190度〜200度のロール転写機に30秒〜60秒通過させる。これにより転写紙の分散染料インクは昇華され、ポリエステル生地に染着し、デジタル捺染が完成する。尚、実施例は、生地としてポリエステル生地を用いているが、これに限定されるものではない。
【0020】尚、本発明は、上記実施の形態に限らず、本発明の技術的思想ないで、当分野の通常の知識を持つ者により種々の変形が可能であることは明白である。
【0021】
【発明の効果】本発明に係るデジタル捺染方法によれば、色相度数別に、フィルム、シルクスクリーン板を製造する必要がないため、準備費用がかからず少量生産が可能であり、且つ、前処理されていない一般生地を使用することにより生地の種類にかかわらず捺染することができ、生地の前処理による問題が発生しないので捺染時に発生する不良率を顕著に低下させることができる。
【0022】又、生地の前処理工程が必要なく、昇華転写工程は水を使わないため、従来のような生地の水洗工程及び乾燥工程が不要となり、生産性を向上させることができた。
【0023】尚、本発明によれば、従来の生地の前処理工程及び生地の水洗工程で発生する廃水による水質汚染も防止することができ、使用済みの転写紙は紙としてリサイクルができるためデジタル捺染による環境汚染を減らすことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】従来のデジタル捺染方法を示す工程図
【図2】本発明のデジタル捺染方法を示す工程図

【特許請求の範囲】
【請求項1】転写紙作成段階と、転写紙に分散染料インクをインクジェットプロッタでプリントする段階と、転写紙のプリント面に生地を置いて上記分散染料インクが生地に染着するよう転写紙にプリントされた分散染料インクを昇華転写する段階を有することを特徴とするデジタル捺染方法。
【請求項2】転写紙作成段階が、紙に吸収性樹脂及び吸収性充填剤を塗布する段階と、吸収性樹脂及び吸収性充填剤が塗布された上記紙を乾燥する段階になっていることを特徴とする請求項1記載のデジタル捺染方法。
【請求項3】吸収性樹脂がアルキル酸ナトリウム又はポリビニールアルコールで作られており、吸収性充填剤がタルク又はシリカで作られていることを特徴とする請求項2記載のデジタル捺染方法。
【請求項4】生地がポリエステルで作られていることを特徴とする請求項1記載のデジタル捺染方法。

【図1】
image rotate


【図2】
image rotate


【公開番号】特開2003−13374(P2003−13374A)
【公開日】平成15年1月15日(2003.1.15)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2001−192531(P2001−192531)
【出願日】平成13年6月26日(2001.6.26)
【出願人】(596164582)株式会社コスモ (1)
【Fターム(参考)】