仮想移動通信番号提供方法および装置

本発明は、仮想移動通信番号提供方法および装置に関し、さらに詳しくは、発信端末から伝送された仮想番号に対応する実際番号を格納するホーム位置登録器から実際番号などのルーチン(routing)情報を照会し、実際番号に対応する着信端末機へ短文メッセージ、長文メッセージまたはマルチメディアメッセージを伝送する方法および装置に関するものである。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、仮想移動通信番号提供方法および装置に関する。
【背景技術】
【0002】
移動通信システムの急速な発展に伴い、移動通信端末に与えられる番号が不可避に公開されることがある。特に、インターネットなどのように不特定の多数人が自由に情報を共有できる環境における番号公開は、一種のスパム(spam)といわれる広告性電話および文字メッセージを誘発している。よって、これは、私生活を深刻に侵害するおそれのある要因となれる。
【0003】
かかる問題点を解決するために、一つの端末に2つの番号を与えるサービスが提案されている。このようなサービスは、一つの端末に2つの番号を与えるので、ホーム位置登録器(HLR)などに負荷を誘発するという問題点があり、このようなサービスを提供するためには一般な端末に与えられる番号ではなく、特化された番号を与えなければならないので、番号資源の有限性による限界がある。
【0004】
このような点において、ユーザが情報を公開したくない場合、またはメッセージ受信のみのための番号として使用するなどの付加的な用途に使用可能な仮想番号をさらに使用し得るようにするが、一般な端末に与えられる番号を使用しながらホーム位置登録器などの他の移動通信網の資源に負荷を誘発しないシステムが要請されている。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
本発明は、上述した問題点を勘案して案出されたもので、その目的とするところは、移動通信網の資源に負荷を誘発せず、一般な端末に与えられる番号を使用することができる、メッセージ、例えば短文メッセージ(short message)、長文メッセージ(long message)、およびマルチメディアメッセージ(multimedia message)などのための仮想移動通信番号提供方法および装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記目的を達成するために、本発明は、メッセージセンタおよびホーム位置登録器を含む移動通信網と結合する付加価値サービスサーバで仮想番号サービスを提供する方法において、前記メッセージセンタから、仮想番号に相応する実際番号を含むメッセージ信号を受信する段階−ここで、前記メッセージ信号は、前記メッセージセンタが、発信端末から仮想番号を用いて発信されたメッセージ信号を受信して、ホーム位置登録器に前記仮想番号に対するルーチン(routing)情報を要請し、前記ホーム位置登録器から前記仮想番号に相応する予め格納された実際番号を含むルーチン情報応答信号に応じて伝送したものである−と;前記メッセージ信号を変更する段階と;前記変更されたメッセージ信号をメッセージセンタへ伝送する段階−ここで、前記変更されたメッセージ信号を受信したメッセージセンタはホーム位置登録器に前記実際番号のルーチン情報を要請し、前記ルーチン情報を要請された前記ホーム位置登録器は前記メッセージセンタへ実際番号のルーチン情報を応答し、前記ルーチン情報を受信したメッセージセンタは前記ルーチン情報によって着信端末側へメッセージ信号を伝送する−とを含む、仮想番号サービス提供方法を提供する。
【0007】
ここで、前記ホーム位置登録器は、仮想番号に相応する実際番号データを予め持っているように構成することができる。
【0008】
また、前記メッセージ信号を変更する段階は、メッセージ信号に、仮想番号サービスによるものであることを表示することができる。
【0009】
また、前記メッセージセンタは前記付加価値サービスサーバへ状態情報を伝送し、前記状態情報を受信した前記付加価値サービスサーバは前記サービスに相応する課金情報を生成する段階をさらに含むことができる。
【0010】
本発明の他の側面によれば、メッセージセンタを含む移動通信網と結合するホーム位置登録器で仮想番号サービスを提供する方法において、メッセージセンタから、発信端末がメッセージの伝送に使用した仮想番号に対するルーチン情報の要請を受信する段階と;前記ルーチン情報要請信号に応答して、短文メッセージセンタへ、前記仮想番号に相応する予め格納された実際番号を含むルーチン情報応答信号を伝送する段階と;前記メッセージセンタから前記実際番号に対するルーチン情報要請を受信する段階と;前記メッセージセンタへ前記実際番号に対するルーチン情報応答信号を伝送する段階−ここで、前記ルーチン情報応答信号を受信した前記メッセージセンタは前記ルーチン情報応答信号によって前記着信端末へ前記メッセージ信号を伝送する−とを含む、仮想番号サービス提供方法を提供する。
【0011】
また、本発明の別の側面によれば、ホーム位置登録器および付加価値サービスサーバを含む移動通信網と結合するメッセージセンタで仮想番号サービスを提供する方法において、仮想番号を用いて発信端末が伝送したメッセージ信号を受信する段階と;前記仮想番号に対するルーチン情報の要請をホーム位置登録器へ伝送する段階と;前記ホーム位置登録器から、前記仮想番号に相応する予め格納された実際番号を含むルーチン情報応答信号を受信する段階と;前記付加価値サービスサーバへ、前記仮想番号に相応する実際番号を含むメッセージ信号を伝送する段階と;前記付加価値サービスサーバから変更されたメッセージ信号を受信する段階−ここで、前記変更されたメッセージ信号は、前記付加価値サービスサーバによって前記メッセージセンタから受信したメッセージ信号を変更したものである−と;前記実際番号に対するルーチン情報の要請を前記ホーム位置登録器へ伝送する段階と;前記ホーム位置登録器から、前記実際番号に対するルーチン情報応答信号を受信する段階と;前記ルーチン情報応答信号によって着信端末側へ前記変更されたメッセージ信号を伝送する段階とを含む、仮想番号サービス提供方法を提供する。
【0012】
本発明の好適な一実施例によれば、少なくとも一つの移動通信端末機を管理する発信交換機、着信交換機、第1短文メッセージセンタ、第2短文メッセージセンタ、第1ホーム位置登録器、および第2ホーム位置登録器を含む移動通信網と結合する付加価値サービスサーバで仮想番号サービスを提供する方法において、前記第1短文メッセージセンタから、前記仮想番号に相応する実際番号およびメッセージ信号を含む短文メッセージ信号を受信する段階−ここで、前記短文メッセージ信号は、前記発信交換機が前記第1短文メッセージセンタへ仮想番号を用いて短文メッセージ信号を伝送し、前記短文メッセージ信号を受信した前記第1短文メッセージセンタが前記第1ホーム位置登録器へ前記仮想番号のルーチン情報を要請し、前記第1ホーム位置登録器が前記ルーチン情報信号に応答して前記第1短文メッセージセンタへ前記仮想番号に相応する予め格納された実際番号を含むルーチン情報応答信号を伝送し、前記ルーチン情報応答信号を受信した前記第1短文メッセージセンタが伝送したものである−と;前記短文メッセージ信号を変更する段階と;前記変更された短文メッセージ信号を第2短文メッセージセンタへ伝送する段階−ここで、前記変更された短文メッセージ信号を受信した第2短文メッセージセンタは前記第2ホーム位置登録器に前記実際番号のルーチン情報を要請し、前記ルーチン情報を要請された第2ホーム位置登録器は前記第2短文メッセージセンタへ実際番号のルーチン情報を応答し、前記ルーチン情報を受信した第2短文メッセージセンタは前記ルーチン情報によって前記着信交換機へ前記短文メッセージ信号を伝送する−とを含む、仮想番号サービス提供方法を提供する。
【0013】
ここで、前記ホーム位置登録器は、仮想番号に相応する実際番号データを予め持っているように構成することができる。
【0014】
また、前記メッセージ信号を変更する段階は、メッセージ信号に、仮想番号サービスによるものであることを表示することができる。
【0015】
また、前記メッセージセンタは前記付加価値サービスサーバへ状態情報を伝送し、前記状態情報を受信した前記付加価値サービスサーバは前記サービスに相応する課金情報を生成する段階をさらに含むことができる。
【0016】
また、本発明は、少なくとも一つの移動通信端末機を管理する発信交換機、着信交換機、短文メッセージセンタ、およびホーム位置登録器を含む移動通信網と結合する付加価値サービスサーバで仮想番号サービスを提供する方法において、前記短文メッセージセンタから、前記仮想番号に相応する実際番号およびメッセージ信号を含む短文メッセージ信号を受信する段階−ここで、前記短文メッセージ信号は、前記発信交換機から前記短文メッセージセンタへ仮想番号を用いて短文メッセージ信号を伝送し、前記短文メッセージ信号を受信した短文メッセージセンタが前記ホーム位置登録器へ前記仮想番号のルーチン情報を要請し、前記ホーム位置登録器は前記ルーチン情報信号に応答して前記短文メッセージセンタへ前記仮想番号に相応する予め格納された実際番号を含むルーチン情報応答信号を伝送し、前記ルーチン情報応答信号を受信した前記短文メッセージセンタが伝送したものである−と;前記短文メッセージ信号を変更する段階と;前記変更された短文メッセージ信号を前記短文メッセージセンタへ伝送する段階−ここで、前記変更された短文メッセージ信号を受信した前記短文メッセージセンタは前記ホーム位置登録器に前記実際番号のルーチン情報を要請し、前記ルーチン情報を要請された前記ホーム位置登録器は前記短文メッセージセンタへ実際番号のルーチン情報を応答し、前記ルーチン情報を受信した前記短文メッセージセンタは前記着信交換機へ前記短文メッセージ信号を伝送する−とを含む、仮想番号サービス提供方法を提供する。
【0017】
ここで、前記第1ホーム位置登録器およびホーム位置登録器は、仮想番号に相応する実際番号データを予め持つように構成することができる。
【0018】
また、前記短文メッセージ信号を変更する段階は、文字メッセージに、仮想番号サービスによるものであることを表示するようにすることができる。
【0019】
また、前記第2短文メッセージセンタおよび短文メッセージセンタは前記付加価値サービスサーバへ状態情報を伝送し、前記状態情報を受信した前記付加価値サービスサーバは前記サービスに相応する課金情報を生成する段階をさらに含むことができる。
【0020】
また、本発明は、ホーム位置登録器および顧客管理システムを含む移動通信網と結合する少なくとも一つの移動通信端末機を管理する交換機で仮想番号サービスを提供する方法において、前記発信端末機から仮想番号の音声呼を受信する段階と;前記仮想信号の音声呼のルーチン情報を前記ホーム位置登録器に要請する段階と;前記ホーム位置登録器からルーチン情報信号を受信する段階−ここで、前記ルーチン情報信号は、前記ホーム位置登録器が顧客管理システムに前記仮想番号に対する情報を要請し、前記要請信号を受信した前記顧客管理システムが前記仮想番号に基づいて仮想番号サービス加入有無および音声付加サービス加入有無を判断し、仮想番号サービスに加入されており且つ音声付加サービスに加入されていない場合、これに示される情報を含む−と;前記ルーチン情報信号に、音声付加サービスに加入されていないことを示す情報が含まれた場合、発信端末機へ音声通話不可を示すメッセージを伝送する段階とを含む、仮想番号サービス提供方法を提供する。
【0021】
本発明の別の側面によれば、少なくとも一つの移動通信端末機を管理する発信交換機、着信交換機、第1短文メッセージセンタ、第2短文メッセージセンタ、第1ホーム位置登録器、および第2ホーム位置登録器を含む移動通信網と結合して仮想番号サービスを提供する付加価値サービスサーバにおいて、前記第1短文メッセージセンタから、前記仮想番号に相応する実際番号およびメッセージ信号を含む短文メッセージ信号を受信する手段−ここで、前記短文メッセージ信号は、前記発信交換機から前記第1短文メッセージセンタへ仮想番号を用いて短文メッセージ信号を伝送し、前記短文メッセージ信号を受信した第1短文メッセージセンタが前記仮想番号のルーチン情報を前記第1ホーム位置登録器に要請し、前記第1ホーム位置登録器は前記ルーチン情報要請信号に応答して前記第1短文メッセージセンタへ前記仮想番号に相応する予め格納された実際番号を含むルーチン情報応答信号を伝送し、前記ルーチン情報応答信号を受信した前記第1短文メッセージセンタが伝送したものである−と;前記短文メッセージ信号を変更する手段と;前記変更された短文メッセージ信号を第2短文メッセージセンタへ伝送する手段−ここで、前記変更された短文メッセージ信号を受信した第2短文メッセージセンタは前記第2ホーム位置登録器に前記実際番号のルーチン情報を要請し、前記ルーチン情報を要請された第2ホーム位置登録器は前記第2短文メッセージセンタへ実際番号のルーチン情報を応答し、前記ルーチン情報を受信した第2短文メッセージセンタは前記着信交換機に前記短文メッセージ信号を伝送する−とを含む、付加価値サービスサーバを提供する。
【0022】
また、本発明は、少なくとも一つの移動通信端末機を管理する発信交換機、着信交換機、短文メッセージセンタ、およびホーム位置登録器を含む移動通信網と結合して仮想番号サービスを提供する付加価値サービスサーバにおいて、前記短文メッセージセンタから、前記仮想番号に相応する実際番号およびメッセージ信号を含む短文メッセージ信号を受信する手段−ここで、前記短文メッセージ信号は、前記発信交換機から前記短文メッセージセンタへ仮想番号を用いて短文メッセージ信号を伝送し、前記短文メッセージ信号を受信した短文メッセージセンタが前記ホーム位置登録器へ前記仮想番号のルーチン情報を要請し、前記ホーム位置登録器は前記ルーチン情報信号に応答して前記短文メッセージセンタへ前記仮想番号に相応する予め格納された実際番号を含むルーチン情報応答信号を伝送し、前記ルーチン情報応答信号を受信した前記短文メッセージセンタが伝送したものである−と;前記短文メッセージ信号を変更する手段と;前記変更された短文メッセージ信号を前記短文メッセージセンタへ伝送する手段−ここで、前記変更された短文メッセージ信号を受信した前記短文メッセージセンタは前記ホーム位置登録器に前記実際番号のルーチン情報を要請し、前記ルーチン情報を要請された前記ホーム位置登録器は前記短文メッセージセンタへ実際番号のルーチン情報を応答し、前記ルーチン情報を受信した前記短文メッセージセンタは前記着信交換機に前記短文メッセージ信号を伝送する−とを含む、付加価値サービスサーバを提供する。
【0023】
また、本発明は、ホーム位置登録器および顧客管理システムを含む移動通信網と結合して仮想番号サービスを提供する少なくとも一つの移動通信端末機を管理する交換機において、前記発信端末機から仮想番号の音声呼を受信する手段と;前記仮想番号の音声呼のルーチン情報を前記ホーム位置登録器に要請する手段と;前記ホーム位置登録器からルーチン情報信号を受信する手段−ここで、前記ルーチン情報信号は、前記ホーム位置登録器が顧客管理システムへ前記仮想番号に対する情報を要請し、前記要請信号を受信した前記顧客管理システムが前記仮想番号に基づいて仮想番号サービス加入有無および音声付加サービス加入有無を判断し、仮想番号サービスに加入されており且つ音声付加サービスに加入されていない場合、これに示される情報を含む−と;前記ルーチン情報信号に、音声付加サービスに加入されていないことを示す情報が含まれた場合、発信端末機へ音声通話不可を示すメッセージを伝送する手段とを含む、交換機を提供する。
【0024】
本発明の他の一実施例によれば、少なくとも一つの移動通信端末機を管理する着信交換機、関門交換機、第1短文メッセージセンタ、第2短文メッセージセンタ、第1ホーム位置登録器、および第2ホーム位置登録器を含む移動通信網と結合する付加価値サービスサーバで仮想番号サービスを提供する方法において、関門交換機から、仮想番号を含む短文メッセージ信号を受信する段階と;前記短文メッセージ信号を第1短文メッセージセンタへ伝送する段階と;前記第1短文メッセージセンタから、前記仮想番号に相応する実際番号の情報を含む短文メッセージ信号を受信する段階−ここで、前記仮想番号に相応する実際番号の情報を含む短文メッセージ信号は、前記付加価値サービスサーバが短文メッセージ信号を前記第1短文メッセージセンタへ伝送し、前記短文メッセージ信号を受信した前記第1短文メッセージセンタが前記短文メッセージのルーチン情報を前記第1ホーム位置登録器に要請し、前記ルーチン情報を要請された第1ホーム位置登録器は前記仮想番号サービスの番号に相応する実際番号の情報を含むルーチン応答信号を前記第1短文メッセージセンタへ伝送し、前記ルーチン応答信号を受信した前記第1短文メッセージセンタが発送したものである−と;前記短文メッセージ信号を変更する段階と;前記変更された短文メッセージ信号を前記第2短文メッセージセンタへ伝送する段階−ここで、前記変更された短文メッセージを受信した前記第2短文メッセージセンタは前記変更された短文メッセージに含まれた実際番号のルーチン情報を前記第2ホーム位置登録器に要請し、前記ルーチン情報を要請された前記第2ホーム位置登録器は前記実際番号の情報が含まれたルーチン応答信号を前記第2短文メッセージセンタへ伝送し、前記ルーチン応答を受信した前記第2短文メッセージセンタは前記変更された短文メッセージ信号を前記着信交換機へ伝送する−とを含む、仮想番号サービス提供方法を提供する。
【0025】
ここで、前記ホーム位置登録器は、仮想番号に相応する実際番号データを予め持っているように構成することができる。
【0026】
また、前記メッセージ信号を変更する段階は、メッセージ信号に、仮想番号サービスによるものであることを表示することができる。
【0027】
また、前記メッセージセンタは前記付加価値サービスサーバへ状態情報を伝送し、前記状態情報を受信した前記付加価値サービスサーバは前記サービスに相応する課金情報を生成する段階をさらに含むことができる。
【0028】
また、本発明は、少なくとも一つの移動通信端末機を管理する着信交換機、関門交換機、短文メッセージセンタ、およびホーム位置登録器を含む移動通信網と結合する付加価値サービスサーバで仮想番号サービスを提供する方法において、関門交換機から、仮想番号を含む短文メッセージ信号を受信する段階と;前記受信した短文メッセージ信号を第1短文メッセージセンタへ伝送する段階と;前記短文メッセージセンタから、前記仮想番号に相応する実際番号の情報を含む短文メッセージ信号を受信する段階−ここで、前記仮想番号に相応する実際番号の情報を含む短文メッセージ信号は、前記付加価値サービスサーバが短文メッセージ信号を前記短文メッセージセンタへ伝送し、前記短文メッセージ信号を受信した前記短文メッセージセンタが前記短文メッセージのルーチン情報を前記ホーム位置登録器に要請し、前記ルーチン情報を要請されたホーム位置登録器は前記仮想番号サービスの番号に相応する実際番号の情報を含むルーチン応答信号を前記短文メッセージセンタへ伝送し、前記ルーチン応答信号を受信した前記短文メッセージセンタが発送したものである−と;前記短文メッセージ信号を変更する段階と;前記変更された短文メッセージ信号を前記短文メッセージセンタへ伝送する段階−ここで、前記変更された短文メッセージを受信した前記短文メッセージセンタは前記変更された短文メッセージに含まれた実際番号のルーチン情報を前記ホーム位置登録器に要請し、前記ルーチン情報を要請された前記ホーム位置登録器は前記実際番号の情報が含まれたルーチン応答信号を前記短文メッセージセンタへ伝送し、前記ルーチン応答を受信した前記短文メッセージセンタは前記変更された短文メッセージを前記着信交換機へ伝送する−とを含む、仮想番号サービス提供方法を提供する。
【0029】
ここで、前記第1ホーム位置登録器およびホーム位置登録器は、仮想番号に相応する実際番号データを予め持つように構成することができる。
【0030】
また、前記短文メッセージ信号を変更する段階は、文字メッセージに、仮想番号サービスによるものであることを表示するようにすることができる。
【0031】
また、前記第2短文メッセージセンタおよび短文メッセージセンタは前記付加価値サービスサーバへ状態情報を伝送し、前記状態情報を受信した前記付加価値サービスサーバは前記サービスに相応する課金情報を生成する段階をさらに含むことができる。
【0032】
本発明の他の側面によれば、少なくとも一つの移動通信端末機を管理する着信交換機、関門交換機、第1短文メッセージセンタ、第2短文メッセージセンタ、第1ホーム位置登録器、および第2ホーム位置登録器を含む移動通信網と結合して仮想番号サービスを提供する付加価値サービスサーバにおいて、関門交換機から、仮想番号を含む短文メッセージ信号を受信する手段と;前記受信した短文メッセージ信号を第1短文メッセージセンタへ伝送する手段と;前記第1短文メッセージセンタから、前記仮想番号に相応する実際番号の情報を含む短文メッセージ信号を受信する手段−ここで、前記仮想番号に相応する実際番号の情報を含む短文メッセージ信号は、前記付加価値サービスサーバが短文メッセージ信号を前記第1短文メッセージセンタへ伝送し、前記短文メッセージ信号を受信した前記第1短文メッセージセンタが前記短文メッセージのルーチン情報を前記第1ホーム位置登録器に要請し、前記ルーチン情報を要請された第1ホーム位置登録器は前記仮想番号サービスの番号に相応する実際番号の情報を含むルーチン応答信号を前記第1短文メッセージセンタへ伝送し、前記ルーチン応答信号を受信した前記第1短文メッセージセンタが発送したものである−と;前記短文メッセージ信号を変更する手段と、前記変更された短文メッセージ信号を前記第2短文メッセージセンタへ伝送する手段−ここで、前記変更された短文メッセージを受信した前記第2短文メッセージセンタは前記変更された短文メッセージに含まれた実際番号のルーチン情報を前記第2ホーム位置登録器に要請し、前記ルーチン情報を要請された前記第2ホーム位置登録器は前記実際番号の情報が含まれたルーチン応答信号を前記第2短文メッセージセンタへ伝送し、前記ルーチン応答を受信した前記第2短文メッセージセンタは前記変更された短文メッセージ信号を前記着信交換機へ伝送する−とを含む、付加価値サービスサーバを提供する。
【0033】
また、本発明は、少なくとも一つの移動通信端末機を管理する着信交換機、関門交換機、短文メッセージセンタ、およびホーム位置登録器を含む移動通信網と結合して仮想番号サービスを提供する付加価値サービスサーバにおいて、関門交換機から、仮想番号を含む短文メッセージ信号を受信する手段と;前記受信した短文メッセージ信号を前記第1短文メッセージセンタへ伝送する手段と;前記短文メッセージセンタから、前記仮想番号に相応する実際番号の情報を含む短文メッセージ信号を受信する手段−ここで、前記仮想番号に相応する実際番号の情報を含む短文メッセージ信号は、前記付加価値サービスサーバが短文メッセージ信号を前記短文メッセージセンタへ伝送し、前記短文メッセージ信号を受信した前記短文メッセージセンタが前記短文メッセージのルーチン情報を前記ホーム位置登録器に要請し、前記ルーチン情報を要請されたホーム位置登録器は前記仮想番号サービスの番号に相応する実際番号の情報を含むルーチン応答信号を前記短文メッセージセンタへ伝送し、前記ルーチン応答信号を受信した前記短文メッセージセンタが発送したものである−と;前記短文メッセージ信号を変更する手段と;前記変更された短文メッセージ信号を前記短文メッセージセンタへ伝送する手段−ここで、前記変更された短文メッセージを受信した前記短文メッセージセンタは前記変更された短文メッセージに含まれた実際番号のルーチン情報を前記ホーム位置登録器に要請し、前記ルーチン情報を要請された前記ホーム位置登録器は前記実際番号の情報が含まれたルーチン応答信号を前記短文メッセージセンタへ伝送し、前記ルーチン応答を受信した前記短文メッセージセンタは前記変更された短文メッセージ信号を前記着信交換機へ伝送する−とを含む、付加価値サービスサーバを提供する。
【0034】
本発明の別の好適な実施例によれば、少なくとも一つの移動端末機を管理する移動通信網、前記移動通信網と結合する移動通信ゲートウェイ、およびマルチメディアメッセージセンタと結合する長文メッセージセンタで仮想番号サービスを提供する方法において、移動通信網から、仮想番号を含むマルチメディアメッセージ信号を受信する段階と;前記受信されたマルチメディアメッセージ信号に含まれた仮想番号に対する情報を移動通信ゲートウェイに要請する段階と;マルチメディアメッセージセンタから、実際番号の情報を含むマルチメディアメッセージ信号を受信する段階−ここで、前記実際番号の情報を含むマルチメディアメッセージ信号は、前記長文メッセージセンタから、前記マルチメディアメッセージ信号に含まれた仮想番号に相応する実際番号にマッピングし、前記実際番号を含むマルチメディアメッセージ信号をマルチメディアメッセージセンタへ伝送し、前記マルチメディアメッセージ信号を受信した前記マルチメディアメッセージセンタが所定の作業を行った後、発送したものである−と;前記マルチメディアメッセージ信号を変更する段階と;前記変更されたマルチメディアメッセージ信号を前記移動通信網へ伝送する段階とを含む、仮想番号サービス提供方法を提供する。
【0035】
ここで、移動通信ゲートウェイは、仮想番号に相応する実際番号データをあらかじめ持っているように構成することができる。
【0036】
また、前記マルチメディアメッセージを変更する段階は、マルチメディアメッセージは仮想番号サービスによるものであることを表示することができる。
【0037】
また、前記移動通信網は少なくとも二つの異なる移動通信サービスプロバイダによって構成される。
【0038】
また、本発明は、少なくとも一つの移動端末機を管理する移動通信網、前記移動通信網と結合する長文メッセージセンタ、およびマルチメディアメッセージセンタと結合する移動通信ゲートウェイで仮想番号サービスを提供する方法において、長文メッセージセンタからマルチメディアメッセージ信号を受信する段階と;前記マルチメディアメッセージ信号に含まれた仮想番号に相応する実際番号にマッピングする段階と;前記マッピングされた実際番号を含むマルチメディアメッセージ信号をマルチメディアメッセージセンタへ伝送する段階−ここで、マルチメディアメッセージ信号を受信した前記マルチメディアメッセージセンタは実際番号を含むマルチメディアメッセージ信号を前記長文メッセージセンタへ伝送し、前記長文メッセージセンタは前記受信したマルチメディアメッセージ情報を変更して前記移動通信網へ伝送する−とを含む、仮想番号サービス提供方法を提供する。
【0039】
ここで、前記移動通信ゲートウェイは、仮想番号に相応する実際番号データを予め持つように構成することができる。
【0040】
また、前記マルチメディアメッセージ信号を変更する段階は、マルチメディアメッセージに、仮想番号サービスによるものであることを表示するように構成することができる。
【0041】
また、前記移動通信網は、少なくとも2つ以上の互いに異なる移動通信サービス提供者の通信網が結合したものであってもよい。
【0042】
本発明の他の側面によれば、少なくとも一つの移動端末機を管理する移動通信網、前記移動通信網と結合する移動通信ゲートウェイ、およびマルチメディアメッセージセンタと結合する仮想番号サービスを提供する長文メッセージセンタにおいて、移動通信網から、仮想番号を含むマルチメディアメッセージ信号を受信する手段と;前記受信されたマルチメディアメッセージ信号に含まれた仮想番号に対する情報を移動通信ゲートウェイに要請する手段と;マルチメディアメッセージセンタから、実際番号の情報を含むマルチメディアメッセージ信号を受信する手段−ここで、前記実際番号の情報を含むマルチメディアメッセージ信号は、前記長文メッセージセンタから、前記マルチメディアメッセージ信号に含まれた仮想番号に相応する実際番号にマッピングし、前記実際番号を含むマルチメディアメッセージ信号をマルチメディアメッセージセンタへ伝送し、前記マルチメディアメッセージ信号を受信した前記マルチメディアメッセージセンタが所定の作業を行った後、発送したものである−と;前記マルチメディアメッセージ信号を変更する手段と;前記変更されたマルチメディアメッセージ信号を前記移動通信網へ伝送する手段とを含む、長文メッセージセンタを提供する。
【0043】
また、本発明は、少なくとも一つの移動端末機を管理する移動通信網、前記移動通信網と結合する長文メッセージセンタ、およびマルチメディアメッセージセンタと結合して仮想番号サービスを提供する移動通信ゲートウェイにおいて、長文メッセージセンタからマルチメディアメッセージ信号を受信する手段と;前記マルチメディアメッセージ信号に含まれた仮想番号に相応する実際番号にマッピングする手段と;前記マッピングされた実際番号を含むマルチメディアメッセージ信号をマルチメディアメッセージセンタへ伝送する手段−ここで、マルチメディアメッセージ信号を受信した前記マルチメディアメッセージセンタは実際番号を含むマルチメディアメッセージ信号を前記長文メッセージセンタへ伝送し、前記長文メッセージセンタは前記受信したマルチメディアメッセージ情報を変更して前記移動通信網へ伝送する−とを含む、移動通信ゲートウェイを提供する。
【発明の効果】
【0044】
本発明によれば、移動通信網の資源に負荷を誘発せず、一般な端末に与えられる番号を使用することができる、メッセージ、例えば短文メッセージ、長文メッセージ、およびマルチメディアメッセージなどのための仮想移動通信番号提供方法および装置を提供することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0045】
以下、添付図面を参照して本発明の好適な実施例を詳細に説明する。
【実施例1】
【0046】
図1は本発明の好適な一実施例に係る短文メッセージのための仮想移動通信番号(以下、簡単に「仮想電話番号」ともいう)を提供するサービスを概略的に説明するための概念図である。
【0047】
まず、本発明の好適な一実施例に係る仮想電話番号を提供するサービスを概括的に説明すると、特定の番号が予め与えられている端末機に対して仮想電話番号をさらに付与し、このような仮想電話番号では短文メッセージのみを受信し、仮想電話番号に対して音声通話を試みる場合、交換機などを介して音声付加サービスに加入している場合には元々与えられた特定の番号(実際番号)に呼を連結させ、音声付加サービスに加入していない場合には適切な案内メッセージなどを伝送し得るようにするサービスである。
【0048】
図1を参照すると、このような仮想電話番号提供サービスに加入した端末機109は、加入の際に元々与えられていた既存の電圧番号である016−111−1111以外に、仮想電話番号010−111−1111の番号を追加的に与えられた端末機であり、仮想移動通信電話番号サービスによって与えられた仮想電話番号は、短文メッセージサービスのみを利用することが可能な番号である。
【0049】
サービス加入端末機109に元々与えられていた既存の番号に対して例えば音声通話を試みる端末機105は、サービス加入端末機109と既存の方式で音声通話を連結することができる。勿論、音声通話以外の短文メッセージ伝送またはその他のサービスを利用することもできる。
【0050】
一方、仮想移動電話番号提供サービスによってさらに与えられた仮想電話番号010−111−1111の番号では、短文メッセージ103サービスのみが可能である。前述したように、仮想電話番号010−111−1111に対して音声通話を試みる場合、音声付加サービスなどに加入している場合には元々与えられていた特定の番号(実際番号)に呼を連結させ、音声付加サービスに加入していない場合には適切な案内メッセージなどを伝送することもできる。
【0051】
図2は仮想電話番号に対して音声呼の連結を試みる場合を説明するための構成図であって、仮想電話番号では短文メッセージ伝送のみが可能で音声通話が不可能な場合、すなわち音声付加サービスに加入していない場合を示すものである。
【0052】
図2を参照すると、発信端末機201が、着信端末機に与えられた仮想電話番号を用いて音声通話を試みる。音声通話要請を受信した交換機203は、仮想電話番号によってホーム位置登録器(HLR:Home Location Register)205へルーチン(routing)情報を要請する。ルーチン情報要請を受信したホーム位置登録器205は、基本情報を確認した後、顧客管理システム(Wireless Information System Environment:WISE)207へ仮想電話番号に対する情報−例えば、仮想電話番号サービス加入有無、仮想電話番号に対応する実際電話番号、音声付加サービス加入有無などの情報−を要請し、これの提供を受ける。図2の場合、音声付加サービスに加入していない場合なので、顧客管理システム207は、発信端末機201が音声通話を要請した番号が仮想電話番号であり、音声付加サービスに加入していないという情報をホーム位置登録器205へ伝送し、ホーム位置登録器205はこのような情報をさらに交換機203へ伝送し、交換機203は音声通話不可という案内メッセージを発信端末機201へ発送する。
【0053】
図3は仮想電話番号に対して音声呼の連結を試みる場合を説明するための構成図であって、仮想電話番号では短文メッセージおよび音声通話の両方ともが可能な場合、すなわち音声付加サービスに加入している場合を示すものである。
【0054】
図3を参照すると、発信端末機301が、着信端末機に与えられた仮想電話番号を用いて音声通話を試みる。音声通話要請を受信した交換機303は、仮想電話番号によって第1ホーム位置登録器305へルーチン(routing)情報を要請する。ルーチン情報要請を受信した第1ホーム位置登録器305は、基本情報を確認した後、顧客管理システム(Wireless Information System Environment:WISE)307へ仮想電話番号に対する情報−例えば、仮想電話番号サービス加入有無、仮想電話番号に対応する実際電話番号、音声付加サービス加入有無などの情報−を要請し、これの提供を受ける。図3の場合、音声付加サービスに加入している場合なので、顧客管理システム309は、発信端末機201から音声通話を要請した番号が仮想電話番号であり、音声付加サービスに加入しているという情報と実際電話番号情報を第1ホーム位置登録器305へ伝送する。次に、第1ホーム位置登録器305は、仮想電話番号に相応する実際電話番号のルーチン情報を第2ホーム位置登録器に要請し、第2ホーム位置登録器は、実際電話番号のルーチン情報を提供することにより、一般な音声通話手続きに従って音声通話を処理する(段階311)。
【0055】
一方、図2および図3において、ホーム位置登録器205に仮想電話番号に対する情報を含むようにし、顧客管理システムの役割をホーム位置登録器が代理するように構成することもできる。
【0056】
図4は本発明の好適な一実施例によって仮想電話番号へ短文メッセージサービスを伝送する場合を説明するための構成図である。
【0057】
図4を参照すると、まず、発信端末機が、着信端末機に与えられた仮想電話番号を用いて短文メッセージを伝送する(段階401)。発信交換機403は、受信された短文メッセージを含む短文メッセージ信号を第1短文メッセージセンタ(SMSC:Short Message Service Center)405へ伝送する。
【0058】
第1短文メッセージセンタ405は、第1ホーム位置登録器413へ仮想電話番号に対応するルーチン(routing)情報を要請し、第1ホーム位置登録器413は、仮想電話番号に対応する実際電話番号を含むルーチン情報を第1短文メッセージセンタ405へ伝送する。ここで、第1ホーム位置登録器413は、仮想電話番号に対する情報−仮想電話番号サービス加入有無、仮想電話番号に対応する実際電話番号、音声付加サービス加入有無などの情報−を格納している。
【0059】
第1短文メッセージセンタ405は、受信したルーチン情報に含まれた実際電話番号と仮想電話番号を含む短文メッセージ信号を付加価値サービスサーバ(Value Added Service server:VAS)407へ伝送する。
【0060】
付加価値サービスサーバ407は、受信された短文メッセージ信号に仮想電話番号サービスによる短文メッセージというメッセージを追加して短文メッセージ信号を変更し、変更された短文メッセージ信号を第2短文メッセージセンタ409へ伝送する。短文メッセージ信号を受信した第2短文メッセージセンタ409は、第2ホーム位置登録器415に、短文メッセージが伝達される実際電話番号に対するルーチン情報を要請し、第2ホーム位置登録器415は、実際電話番号に対するルーチン情報を第2短文メッセージセンタ409へ伝送する。ここで、第2ホーム位置登録器415も、第1ホーム位置登録器413と同様に、仮想電話番号に対する情報を格納している。
【0061】
ルーチン情報を受信した第2短文メッセージセンタ409は、着信交換機411を介して一般な短文メッセージ伝送手続きに従って実際電話番号に対する着信端末機へ短文メッセージを伝達する。
【0062】
図5は、図3で説明したように、音声付加サービスに加入していない端末へ仮想電話番号を用いて音声通話を要請する場合に対する順序図である。
【0063】
図5を参照すると、発信端末機は、着信端末機に対して予め与えられた仮想電話番号を用いて音声呼を発送する(段階501)。発信端末機から音声呼要請を受信した交換機は、音声呼が要請された着信端末機の電話番号を確認し(段階503)、ホーム位置登録器へ音声呼のルーチン情報を要請する。
【0064】
ルーチン情報要請を受信したホーム位置登録器は、電話番号を確認して(段階505)、電話番号が短文メッセージのための仮想電話番号サービスによる仮想電話番号なのか否かを判断する(段階507)。電話番号が仮想電話番号でなければ、一般な音声呼として処理する(段階509)。
【0065】
電話番号が仮想電話番号サービスに加入されている仮想電話番号であれば、仮想電話番号が音声付加サービスに加入されているか否かを確認する(段階511)、この場合、音声付加サービス加入有無は、図3で説明したように、付加価値サービスサーバを利用することができる。
【0066】
音声付加サービスに加入されている場合、ホーム位置登録器は、交換機へルーチン情報を伝送して一般な音声呼信号処理に従って音声呼を処理する(段階513)。この場合、図3で説明したように、実際電話番号に対するルーチン情報などの提供を第2ホーム位置登録器などから受けることができる。
【0067】
もし音声付加サービスに加入されていない場合、ホーム位置登録器はこのような情報を交換機へ伝送し、交換機は通話連結不可という内容の案内メッセージを発信端末機側へ伝送する(段階515)。
【0068】
図6は本発明の好適な一実施例によって仮想電話番号を用いて短文メッセージを伝送する過程を示す順序図である。
【0069】
図6を参照すると、まず、発信端末機が、着信端末機に与えられている仮想電話番号によって短文メッセージを伝送する(段階601)。
交換機は、短文メッセージを受信して短文メッセージの仮想電話番号を確認し(段階603)、第1短文メッセージセンタへ、短文メッセージを含む短文メッセージ信号を伝送する。第1短文メッセージセンタは、ホーム位置登録器へ、受信した短文メッセージ信号に含まれた仮想電話番号のルーチン(routing)情報を要請し(段階605)、ルーチン情報の要請を受信したホーム位置登録器は、仮想電話番号サービス加入有無などを確認し、仮想電話番号に対する実際電話番号を抽出した後、これを含んで短文メッセージ信号を付加価値サービスサーバへ伝送する(段階607)。
【0070】
付加価値サービスサーバは、短文メッセージ信号に、仮想電話番号へ送ったメッセージであることを表示する内容を追加することにより、短文メッセージ信号を変更する(段階609)。次に、付加価値サービスサーバは、変更された短文メッセージ信号を第2短文メッセージセンタへ伝送し、第2短文メッセージセンタは、受信した短文メッセージ信号に含まれた実際電話番号に対するルーチン情報を第2ホーム位置登録器に要請し、受信されたルーチン情報に従って短文メッセージを交換機を介して実際電話番号に対応する着信端末機へ発送する(段階611)。
【0071】
図7は本発明の好適な一実施例によって仮想電話番号を用いて短文メッセージを伝送する場合の信号流れを示す図である。
【0072】
図7を参照すると、まず、発信交換機は、発信端末機から伝送された仮想電話番号を含む短文メッセージ信号を第1短文メッセージセンタへ伝送する(段階901)。
【0073】
短文メッセージ信号を受信した第1短文メッセージセンタは、仮想電話番号のルーチン(routing)情報を第1ホーム位置登録器に要請する(段階903)。要請に応じて、第1ホーム位置登録器は、仮想電話番号に相応する実際電話番号情報を含むルーチン応答メッセージを第1短文メッセージセンタへ発送する(段階905)。
【0074】
ルーチン応答メッセージを受信した第1短文メッセージセンタは、受信したルーチン応答メッセージに含まれた情報を含む短文メッセージ信号を付加価値サービスサーバへ伝送する(段階907)。ここで、短文メッセージ信号は、短文メッセージ、仮想電話番号、仮想電話番号に対応する実際電話番号を少なくとも含む。
【0075】
付加価値サービスサーバは、前述したような短文メッセージ信号を受信し、受信した短文メッセージ信号に含まれた短文メッセージの内容を、短文メッセージのための仮想移動通信番号サービスによるものであることを表示して変更し(段階909)、変更された短文メッセージを含む短文メッセージ信号を第2短文メッセージセンタへ伝送する(段階911)。
【0076】
短文メッセージ信号を受信した第2短文メッセージセンタは、短文メッセージ信号に含まれた実際番号に対するルーチン情報を第2ホーム位置登録器に要請し(段階913)、要請に応じて、第2ホーム位置登録器は、前記実際番号のルーチン情報を含むルーチン応答メッセージを前記第2短文メッセージセンタへ伝送する(段階917)。
【0077】
一方、第2短文メッセージセンタは、第2ホーム位置登録器へ実際番号に対するルーチン情報を要請しながら、付加価値サービスサーバへ状態情報を報告し(段階915)、状態情報を受信した付加価値サービスサーバは、状態情報に相応して課金などの付加的な作業を行うことができる(段階921)。
【0078】
一方、第2ホーム位置登録器からルーチン応答メッセージを受信した第2短文メッセージセンタは、ルーチン応答メッセージに含まれたルーチン情報に基づいて着信交換機を介して着信端末機へ短文メッセージを伝送する(段階919)。
【実施例2】
【0079】
図8は本発明の好適な他の一実施例に係る仮想電話番号へ短文メッセージサービスを伝送した場合であって、関門交換機を用いて他の移動通信網からメッセージが受信された場合を示す構成図である。
【0080】
図8を参照すると、まず、他の移動通信網に属した発信端末機が仮想電話番号を用いて着信端末機へ短文メッセージを伝送する(段階1401)。短文メッセージを含む短文メッセージ信号は関門交換機を介して付加価値サービスサーバ(Value Added Service server:VAS)1403へ伝送され、付加価値サービスサーバ1403は受信した短文メッセージ信号を第1短文メッセージセンタ1405へ伝送する。
【0081】
第1短文メッセージセンタ1405は、第1ホーム位置登録器1411に仮想電話番号による短文メッセージのルーチン(routing)情報を要請し、第1ホーム位置登録器1411は、仮想電話番号によって仮想電話番号サービス加入有無、仮想電話番号に対応する実際電話番号を含むルーチン応答情報を第1短文メッセージセンタ1405へ伝送する。第1短文メッセージセンタは、ルーチン応答情報を含む短文メッセージ信号を付加価値サービスサーバ1403へ伝送する。
【0082】
付加価値サービスサーバ1403は、受信された短文メッセージ信号に、仮想電話番号サービスによる短文メッセージという事実を表示し、第2短文メッセージセンタ1407へ、変更された短文メッセージ信号を伝送する。短文メッセージ信号を受信した第2短文メッセージセンタ1407は短文メッセージが伝達される仮想電話番号に対応する実際電話番号に対するルーチン情報を第2ホーム位置登録器1413に要請し、第2ホーム位置登録器1413からルーチン応答情報を受信して着信交換機1409を介して実際電話番号に対する着信端末へ短文メッセージを伝達する。
【0083】
図9は本発明の好適な他の一実施例に係る仮想電話番号を用いて短文メッセージを伝送する過程を示す順序図である。
【0084】
図9を参照すると、まず、他の移動通信網から、着信端末機に与えられている仮想電話番号へ短文メッセージを伝送し(段階1601)、伝送された短文メッセージは関門交換機を介して付加価値サービスサーバへ伝送される。
【0085】
関門交換機を介して短文メッセージを受信した付加価値サービスサーバは、短文メッセージの電話番号を確認し(段階1603)、第1短文メッセージセンタへ短文メッセージ信号を伝送する(段階1605)。
【0086】
第1短文メッセージセンタは、短文メッセージの電話番号のルーチン(routing)情報を第1ホーム位置登録器に要請し(段階1607)、要請に応じて、第1ホーム位置登録器は、短文メッセージの仮想電話番号を分析し、仮想電話番号に対する実際電話番号をさらに含んで付加価値サービスサーバへ伝送する(段階1609)。
【0087】
付加価値サービスサーバは、短文メッセージの内容に、仮想電話番号へ送ったメッセージであることを表示する内容を追加することにより、短文メッセージの内容を変更する(段階1611)。次に、付加価値サービスサーバは、変更されたメッセージと実際電話番号を含む短文メッセージ信号を第2短文メッセージセンタへ伝送し、第2短文メッセージセンタは、変更されたメッセージを、第2ホーム位置登録器にルーチン情報を要請して受信されるルーチン応答情報に応じて交換機を介して実際電話番号に対応する着信端末機へ発送する(段階1613)。
【0088】
図10は本発明の好適な他の一実施例によって仮想電話番号を用いて短文メッセージを伝送する場合の信号流れを示す図である。
【0089】
図10を参照すると、まず、関門交換機は、他の移動通信網を介して発信端末機から伝送された仮想電話番号を含む短文メッセージ信号を付加価値サービスサーバへ伝送する(段階1901)。付加価値サービスサーバは、受信した短文メッセージ信号を第1短文メッセージセンタへ伝送する(段階1903)。
【0090】
短文メッセージ信号を受信した第1短文メッセージセンタは、第1ホーム位置登録器へ仮想電話番号のルーチン(routing)情報を要請する(段階1905)。要請に応じて、第1ホーム位置登録器は、仮想電話番号に相応する実際電話番号情報を含むルーチン応答信号を第1短文メッセージセンタへ発送する(段階1907)。
【0091】
ルーチン応答信号を受信した第1短文メッセージセンタは、受信したルーチン応答信号に含まれた情報を含む短文メッセージ信号を付加価値サービスサーバへ伝送する(段階1909)。ここで、短文メッセージ信号は、短文メッセージ、仮想電話番号、仮想電話番号に対応する実際電話番号を少なくとも含む。
【0092】
付加価値サービスサーバは、前述したような短文メッセージ信号を受信し、受信した短文メッセージ信号に含まれた短文メッセージ内容を、短文メッセージのための仮想移動通信番号サービスによるものであることを表示して変更し(段階1911)、変更された短文メッセージを含む短文メッセージ信号を第2短文メッセージセンタへ伝送する(段階1913)。
【0093】
短文メッセージ信号を受信した第2短文メッセージセンタは、第2ホーム位置登録器へ、短文メッセージ信号に含まれた実際番号に対するルーチン情報を要請し(段階1915)、要請に応じて、第2ホーム位置登録器は、実際番号のルーチン情報を含むルーチン応答メッセージを第2短文メッセージセンタへ伝送する(段階1919)。
【0094】
一方、第2短文メッセージセンタは、第2ホーム位置登録器に実際番号に対するルーチン情報を要請しながら、付加価値サービスサーバへ状態情報を報告し(段階1917)、状態情報を受信した付加価値サービスサーバは、状態情報に相応して課金などの付加的な作業を行うことができる(段階1923)。
【0095】
一方、第2ホーム位置登録器からルーチン応答メッセージを受信した第2短文メッセージセンタは、ルーチン応答メッセージに含まれたルーチン情報に基づいて着信交換機を介して着信端末機へ短文メッセージを伝送する(段階1921)。
【実施例3】
【0096】
図11は本発明の好適な別の一実施例に係るマルチメディア文字メッセージを仮想電話番号へ発送する場合のシステム構成を示す図である。
【0097】
図11を参照すると、発信端末機が、着信端末機に予め与えられている仮想電話番号へマルチメディアメッセージを伝送する(段階2401)。マルチメディア文字メッセージを含むマルチメディアメッセージ信号は、移動通信網2403を介して長文メッセージセンタ(Long Message Service Center:LMSC)2405へ伝送される。長文メッセージセンタへ伝送されたマルチメディアメッセージ信号は、移動通信ゲートウェイ2409へ伝送され、移動通信ゲートウェイ2409は、受信されたマルチメディアメッセージ信号に含まれた仮想電話番号を抽出し、これに対応する実際電話番号をマッチングさせ、実際電話番号を含むマルチメディアメッセージ信号をマルチメディアメッセージサービスセンタ(Multimedia Message Service Center:MMSC)2411へ伝送する。マルチメディアメッセージサービスセンタ2411は、マルチメディアメッセージに対してサイズ調節(resize)やコード変換(transcode)などの所定の作業を行い、伝送するマルチメディアメッセージを生成し、生成されたマルチメディアメッセージを含むマルチメディアメッセージ信号を長文メッセージセンタ2405へ伝送する。
【0098】
長文メッセージセンタは、受信されたマルチメディアメッセージ信号に、仮想電話番号によるものであることを表示してメッセージを処理し(段階2415)、着信端末機へマルチメディアメッセージを伝送する。これと同時に、長文メッセージセンタ2405は、顧客管理システム2407が課金処理などの作業を行うようにすることができる。
【0099】
図12は本発明の好適な別の一実施例によってマルチメディアメッセージを仮想電話番号へ発送する場合を示す順序図である。
【0100】
図12を参照すると、まず、発信端末機が着信端末機に与えられている仮想電話番号にマルチメディアメッセージを発送する(段階2601)。発送されたマルチメディアメッセージを含むマルチメディアメッセージ信号は、発信端末機を含む移動通信網を介して(段階2603)、移動通信網と結合する長文メッセージセンタに受信される(段階2605)。
【0101】
マルチメディアメッセージ信号を受信した長文メッセージセンタは、移動通信ゲートウェイにマルチメディアメッセージ信号を伝送し、移動通信ゲートウェイアは、仮想電話番号を確認し、予め格納された仮想電話番号に対応する実際電話番号をマッチングして実際電話番号を抽出し、抽出された実際番号を含むマルチメディアメッセージ信号をマルチメディアメッセージサービスセンタへ伝送する(段階2607)。
【0102】
マルチメディアメッセージサービスセンタは、受信されたマルチメディアメッセージ信号に対して前述したようにサイズ調節やコード変換などの所定の作業を行い、作業済みのマルチメディアメッセージを含むマルチメディアメッセージ信号を長文メッセージセンタに伝送する(段階2609)。マルチメディアメッセージ信号を受信した長文メッセージサービスセンタは、マルチメディアメッセージに、仮想電話番号を介してのメッセージであることを示す情報を追加し(段階2611)、実際電話番号に対応する着信端末機側へマルチメディアメッセージを伝送する(段階2613)。
【0103】
図13は本発明の好適な別の一実施例によって仮想電話番号を用いてマルチメディアメッセージを発送する場合の信号流れを示す図である。
【0104】
図13を参照すると、まず、発信端末機が、着信端末機に予め与えられた仮想電話番号を用いて移動通信網を介してマルチメディアメッセージを伝送すると(段階2901)、マルチメディアメッセージを含むマルチメディアメッセージ信号は、移動通信網を介して長文メッセージセンタへ伝送される(段階2903)。
【0105】
マルチメディアメッセージ信号を受信した長文メッセージサービスセンタは、受信したマルチメディアメッセージ信号を移動通信ゲートウェイに伝送しながら、仮想番号に対応する情報を要請する(段階2905)。移動通信ゲートウェイは、受信されたマルチメディアメッセージ信号を分析し、マルチメディアメッセージ信号に含まれた仮想電話番号に相応する実際電話番号をマッピングさせ(段階2907)、マッピングされた実際電話番号を抽出して、これを含むマルチメディアメッセージ信号をマルチメディアメッセージサービスセンタへ伝送する(段階2909)。
【0106】
マルチメディアメッセージサービスセンタは、マルチメディアメッセージ信号に応じてサイズ調節やコード変換などの所定の作業を行い、変更されたマルチメディアメッセージ信号を長文メッセージサービスセンタへ伝送する(段階2911)。変更されたマルチメディアメッセージ信号を受信した長文メッセージサービスセンタは、変更されたマルチメディアメッセージに、仮想電話番号サービスによるメッセージであることを表示し、変換されたマルチメディアメッセージ信号を移動通信網に伝送し(段階2913)、その後着信端末機側へ伝送する。
【0107】
図14は本発明の好適な別の一実施例に係る関門交換機を介して他の移動通信網から受信されるマルチメディアメッセージを仮想電話番号へ発送する場合を示す信号流れ図である。
【0108】
図14を参照すると、まず、外部網を介して受信されるマルチメディアメッセージを含むマルチメディアメッセージ信号を関門交換機PGSによって受信する。関門交換機は、マルチメディアメッセージ信号をマルチメディアメッセージセンタへ伝送する(段階3001)。
【0109】
マルチメディアメッセージ信号を受信したマルチメディアメッセージセンタは、受信されたマルチメディアメッセージ信号に応じてサイズ調節やコード変換などの所定の作業を行い、変更されたマルチメディアメッセージ信号を形成して長文メッセージセンタへ伝送する(段階3003)。
【0110】
長文メッセージセンタは、マルチメディアメッセージ信号に含まれた仮想電話番号に対応する情報を移動通信ゲートウェイに要請し(段階3005)、このような要請に応じて、移動通信ゲートウェイは、予め格納された仮想電話番号に相応する実際電話番号をマッピングし(段階3007)、マッピングした実際電話番号を抽出し、これを含むマルチメディアメッセージ信号を長文メッセージセンタへ伝送する(段階3009)。
【0111】
実際電話番号を含むマルチメディアメッセージ信号を受信した長文メッセージセンタは、マルチメディアメッセージに、仮想電話番号によるものであることを示す表示を加えて変換し、変換されたマルチメディアメッセージを仮想電話番号に相応する実際電話番号の着信端末機へ伝送する(段階3011)。
以上、本発明の好適な実施例を参照して本発明の構成を説明したが、本発明は、これらの実施例に限定されないことは言うまでもなく、本発明の属する技術分野における通常の知識を有する者であれば、添付される請求の範囲および図面から把握される範囲内において、各種の変形例または修正例に想到し得ることは明らかである。
【0112】
例えば、第1および第2実施例は、短文メッセージだけでなく、長文メッセージの場合にもそのまま適用できるのは勿論である。
【0113】
また、第1および第2ホーム位置登録器と第1および第2短文メッセージセンタは、機能上の便利によって分離したものである。第1及び第2短文メッセージセンタは一つの短文メッセージセンタ、第1および第2ホーム位置登録器は一つのホーム位置登録器として実現してもよい。
【0114】
また、第2および第3実施例では、仮想電話番号に対して音声通話を試みる場合の処理に関する説明を省略したが、音声通話を試みた発信端末への処理は第1実施例で説明したことをそのまま適用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0115】
【図1】本発明の好適な一実施例に係る短文メッセージのための仮想移動通信番号(以下、簡単に「仮想電話番号」ともいう)を提供するサービスを概略的に説明するための概念図である。
【図2】仮想電話番号に対して音声呼の連結を試みる場合を説明するための構成図である。
【図3】仮想電話番号に対して音声呼の連結を試みる場合を説明するための構成図である。
【図4】本発明の好適な一実施例によって仮想電話番号へ短文メッセージサービスを伝送する場合を説明するための構成図である。
【図5】音声付加サービスに加入していない端末へ仮想電話番号を用いて音声通話を要請する場合を示す順序図である。
【図6】本発明の好適な一実施例によって仮想電話番号を用いて短文メッセージを伝送する過程を示す順序図である。
【図7】本発明の好適な一実施例によって仮想電話番号を用いて短文メッセージを伝送する場合の信号流れを示す図である。
【図8】は本発明の好適な他の一実施例に係る仮想電話番号へ短文メッセージサービスを伝送した場合であって、関門交換機を用いて他の移動通信網からメッセージが受信された場合を示す構成図である。
【図9】本発明の好適な他の実施例に係る仮想電話番号を用いて短文メッセージを伝送する過程を示す順序図である。
【図10】本発明の好適な他の実施例によって仮想電話番号を用いて短文メッセージを伝送する場合の信号流れを示す図である。
【図11】本発明の好適な別の実施例に係るマルチメディア文字メッセージを仮想電話番号へ発送する場合のシステム構成を示す図である。
【図12】本発明の好適な別の実施例によってマルチメディアメッセージを仮想電話番号へ発送する場合を示す順序図である。
【図13】本発明の好適な別の実施例によって仮想電話番号を用いてマルチメディアメッセージを発送する場合の信号流れを示す図である。
【図14】本発明の好適な別の実施例によって関門交換機を介して他の移動通信網から受信されるマルチメディアメッセージを仮想電話番号へ発送する場合を示す信号流れ図である。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
メッセージセンタおよびホーム位置登録器を含む移動通信網と結合する付加価値サービスサーバで仮想番号サービスを提供する方法において、
前記メッセージセンタから、仮想番号に相応する実際番号を含むメッセージ信号を受信する段階−ここで、前記メッセージ信号は、前記メッセージセンタが、発信端末から仮想番号を用いて発信されたメッセージ信号を受信し、ホーム位置登録器に前記仮想番号に対するルーチン(routing)情報を要請し、前記ホーム位置登録器から前記仮想番号に相応する予め格納された実際番号を含むルーチン情報応答信号に応じて伝送したものである−と、
前記メッセージ信号を変更する段階と、
前記変更されたメッセージ信号をメッセージセンタへ伝送する段階−ここで、前記変更されたメッセージ信号を受信したメッセージセンタはホーム位置登録器に前記実際番号のルーチン情報を要請し、前記ルーチン情報を要請された前記ホーム位置登録器は前記メッセージセンタへ実際番号のルーチン情報を応答し、前記ルーチン情報を受信したメッセージセンタは前記ルーチン情報によって着信端末側へメッセージ信号を伝送する−とを含む、仮想番号サービス提供方法。
【請求項2】
前記ホーム位置登録器は、仮想番号に相応する実際番号データを予め持っていることを特徴とする、請求項1に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項3】
前記メッセージ信号を変更する段階は、メッセージ信号に、仮想番号サービスによるものであることを表示することを特徴とする、請求項1に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項4】
前記メッセージセンタは前記付加価値サービスサーバへ状態情報を伝送し、前記状態情報を受信した前記付加価値サービスサーバは前記サービスに相応する課金情報を生成する段階をさらに含むことを特徴とする、請求項1に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項5】
メッセージセンタを含む移動通信網と結合するホーム位置登録器で仮想番号サービスを提供する方法において、
メッセージセンタから、発信端末がメッセージの伝送に使用した仮想番号に対するルーチン情報の要請を受信する段階と、
前記ルーチン情報要請信号に応答して、短文メッセージセンタへ、前記仮想番号に相応する予め格納された実際番号を含むルーチン情報応答信号を伝送する段階と、
前記メッセージセンタから前記実際番号に対するルーチン情報要請を受信する段階と、
前記メッセージセンタへ前記実際番号に対するルーチン情報応答信号を伝送する段階−ここで、前記ルーチン情報応答信号を受信した前記メッセージセンタは前記ルーチン情報応答信号によって前記着信端末へ前記メッセージ信号を伝送する−とを含む、仮想番号サービス提供方法。
【請求項6】
ホーム位置登録器および付加価値サービスサーバを含む移動通信網と結合するメッセージセンタで仮想番号サービスを提供する方法において、
仮想番号を用いて発信端末が伝送したメッセージ信号を受信する段階と、
前記仮想番号に対するルーチン情報の要請をホーム位置登録器へ伝送する段階と、
前記ホーム位置登録器から、前記仮想番号に相応する予め格納された実際番号を含むルーチン情報応答信号を受信する段階と、
前記付加価値サービスサーバへ、前記仮想番号に相応する実際番号を含むメッセージ信号を伝送する段階と、
前記付加価値サービスサーバから変更されたメッセージ信号を受信する段階−ここで、前記変更されたメッセージ信号は、前記付加価値サービスサーバによって前記メッセージセンタから受信したメッセージ信号を変更したものである−と、
前記実際番号に対するルーチン情報の要請を前記ホーム位置登録器へ伝送する段階と、
前記ホーム位置登録器から、前記実際番号に対するルーチン情報応答信号を受信する段階と、
前記ルーチン情報応答信号によって着信端末側へ前記変更されたメッセージ信号を伝送する段階とを含む、仮想番号サービス提供方法。
【請求項7】
少なくとも一つの移動通信端末機を管理する発信交換機、着信交換機、第1短文メッセージセンタ、第2短文メッセージセンタ、第1ホーム位置登録器、および第2ホーム位置登録器を含む移動通信網と結合する付加価値サービスサーバで仮想番号サービスを提供する方法において、
前記第1短文メッセージセンタから、前記仮想番号に相応する実際番号およびメッセージ信号を含む短文メッセージ信号を受信する段階−ここで、前記短文メッセージ信号は、前記発信交換機が前記第1短文メッセージセンタへ仮想番号を用いて短文メッセージ信号を伝送し、前記短文メッセージ信号を受信した前記第1短文メッセージセンタが前記第1ホーム位置登録器へ前記仮想番号のルーチン情報を要請し、前記第1ホーム位置登録器が前記ルーチン情報信号に応答して前記第1短文メッセージセンタへ前記仮想番号に相応する予め格納された実際番号を含むルーチン情報応答信号を伝送し、前記ルーチン情報応答信号を受信した前記第1短文メッセージセンタが伝送したものである−と、
前記短文メッセージ信号を変更する段階と、
前記変更された短文メッセージ信号を第2短文メッセージセンタへ伝送する段階−ここで、前記変更された短文メッセージ信号を受信した第2短文メッセージセンタは前記第2ホーム位置登録器に前記実際番号のルーチン情報を要請し、前記ルーチン情報を要請された第2ホーム位置登録器は前記第2短文メッセージセンタへ実際番号のルーチン情報を応答し、前記ルーチン情報を受信した第2短文メッセージセンタは前記ルーチン情報によって前記着信交換機へ前記短文メッセージ信号を伝送する−とを含む、仮想番号サービス提供方法。
【請求項8】
前記ホーム位置登録器は、仮想番号に相応する実際番号データを予め持っていることを特徴とする、請求項7に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項9】
前記短文メッセージ信号を変更する段階は、文字メッセージに、仮想番号サービスによるものであることを表示することを特徴とする、請求項7に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項10】
前記第2短文メッセージセンタは前記付加価値サービスサーバへ状態情報を伝送し、前記状態情報を受信した前記付加価値サービスサーバは前記サービスに相応する課金情報を生成する段階をさらに含むことを特徴とする、請求項7に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項11】
少なくとも一つの移動通信端末機を管理する発信交換機、着信交換機、短文メッセージセンタ、およびホーム位置登録器を含む移動通信網と結合する付加価値サービスサーバで仮想番号サービスを提供する方法において、
前記短文メッセージセンタから、前記仮想番号に相応する実際番号およびメッセージ信号を含む短文メッセージ信号を受信する段階−ここで、前記短文メッセージ信号は、前記発信交換機から前記短文メッセージセンタへ仮想番号を用いて短文メッセージ信号を伝送し、前記短文メッセージ信号を受信した短文メッセージセンタが前記ホーム位置登録器へ前記仮想番号のルーチン情報を要請し、前記ホーム位置登録器は前記ルーチン情報信号に応答して前記短文メッセージセンタへ前記仮想番号に相応する予め格納された実際番号を含むルーチン情報応答信号を伝送し、前記ルーチン情報応答信号を受信した前記短文メッセージセンタが伝送したものである−と、
前記短文メッセージ信号を変更する段階と、
前記変更された短文メッセージ信号を前記短文メッセージセンタへ伝送する段階−ここで、前記変更された短文メッセージ信号を受信した前記短文メッセージセンタは前記ホーム位置登録器に前記実際番号のルーチン情報を要請し、前記ルーチン情報を要請された前記ホーム位置登録器は前記短文メッセージセンタへ実際番号のルーチン情報を応答し、前記ルーチン情報を受信した前記短文メッセージセンタは前記着信交換機へ前記短文メッセージ信号を伝送する−とを含む、仮想番号サービス提供方法。
【請求項12】
前記ホーム位置登録器は、仮想番号に相応する実際番号データを予め持っていることを特徴とする、請求項11に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項13】
前記短文メッセージ信号を変更する段階は、文字メッセージに、仮想番号サービスによるものであることを表示することを特徴とする、請求項11に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項14】
前記短文メッセージセンタは前記付加価値サービスサーバへ状態情報を伝送し、前記状態情報を受信した前記付加価値サービスサーバは前記サービスに相応する課金情報を生成する段階をさらに含むことを特徴とする、請求項11に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項15】
ホーム位置登録器および顧客管理システムを含む移動通信網と結合する少なくとも一つの移動通信端末機を管理する交換機で仮想番号サービスを提供する方法において、
前記発信端末機から仮想番号の音声呼を受信する段階と、
前記仮想信号の音声呼のルーチン情報を前記ホーム位置登録器に要請する段階と、
前記ホーム位置登録器からルーチン情報信号を受信する段階−ここで、前記ルーチン情報信号は、前記ホーム位置登録器が顧客管理システムへ前記仮想番号に対する情報を要請し、前記要請信号を受信した前記顧客管理システムが前記仮想番号に基づいて仮想番号サービス加入有無および音声付加サービス加入有無を判断し、仮想番号サービスに加入されており且つ音声付加サービスに加入されていない場合、これに示される情報を含む−と、
前記ルーチン情報信号に、音声付加サービスに加入されていないことを示す情報が含まれた場合、発信端末機へ音声通話不可を示すメッセージを伝送する段階とを含む、仮想番号サービス提供方法。
【請求項16】
少なくとも一つの移動通信端末機を管理する発信交換機、着信交換機、第1短文メッセージセンタ、第2短文メッセージセンタ、第1ホーム位置登録器、および第2ホーム位置登録器を含む移動通信網と結合して仮想番号サービスを提供する付加価値サービスサーバにおいて、
前記第1短文メッセージセンタから、前記仮想番号に相応する実際番号およびメッセージ信号を含む短文メッセージ信号を受信する手段−ここで、前記短文メッセージ信号は、前記発信交換機から前記第1短文メッセージセンタへ仮想番号を用いて短文メッセージ信号を伝送し、前記短文メッセージ信号を受信した第1短文メッセージセンタが前記第1ホーム位置登録器に前記仮想番号のルーチン情報を要請し、前記第1ホーム位置登録器は前記ルーチン情報要請信号に応答して前記第1短文メッセージセンタへ前記仮想番号に相応する予め格納された実際番号を含むルーチン情報応答信号を伝送し、前記ルーチン情報応答信号を受信した前記第1短文メッセージセンタが伝送したものである−と、
前記短文メッセージ信号を変更する手段と、
前記変更された短文メッセージ信号を第2短文メッセージセンタへ伝送する手段−ここで、前記変更された短文メッセージ信号を受信した第2短文メッセージセンタは前記第2ホーム位置登録器に前記実際番号のルーチン情報を要請し、前記ルーチン情報を要請された第2ホーム位置登録器は前記第2短文メッセージセンタへ実際番号のルーチン情報を応答し、前記ルーチン情報を受信した第2短文メッセージセンタは前記着信交換機に前記短文メッセージ信号を伝送する−とを含む、付加価値サービスサーバ。
【請求項17】
少なくとも一つの移動通信端末機を管理する発信交換機、着信交換機、短文メッセージセンタ、およびホーム位置登録器を含む移動通信網と結合して仮想番号サービスを提供する付加価値サービスサーバにおいて、
前記短文メッセージセンタから、前記仮想番号に相応する実際番号およびメッセージ信号を含む短文メッセージ信号を受信する手段−ここで、前記短文メッセージ信号は、前記発信交換機から前記短文メッセージセンタへ仮想番号を用いて短文メッセージ信号を伝送し、前記短文メッセージ信号を受信した短文メッセージセンタが前記ホーム位置登録器へ前記仮想番号のルーチン情報を要請し、前記ホーム位置登録器は前記ルーチン情報信号に応答して前記短文メッセージセンタへ前記仮想番号に相応する予め格納された実際番号を含むルーチン情報応答信号を伝送し、前記ルーチン情報応答信号を受信した前記短文メッセージセンタが伝送したものである−と、
前記短文メッセージ信号を変更する手段と、
前記変更された短文メッセージ信号を前記短文メッセージセンタへ伝送する手段−ここで、前記変更された短文メッセージ信号を受信した前記短文メッセージセンタは前記ホーム位置登録器に前記実際番号のルーチン情報を要請し、前記ルーチン情報を要請された前記ホーム位置登録器は前記短文メッセージセンタへ実際番号のルーチン情報を応答し、前記ルーチン情報を受信した前記短文メッセージセンタは前記着信交換機へ前記短文メッセージ信号を伝送する−とを含む、付加価値サービスサーバ。
【請求項18】
ホーム位置登録器および顧客管理システムを含む移動通信網と結合して仮想番号サービスを提供する少なくとも一つの移動通信端末機を管理する交換機において、
前記発信端末機から仮想番号の音声呼を受信する手段と、
前記仮想番号の音声呼のルーチン情報を前記ホーム位置登録器に要請する手段と、
前記ホーム位置登録器からルーチン情報信号を受信する手段−ここで、前記ルーチン情報信号は、前記ホーム位置登録器が顧客管理システムに前記仮想番号に対する情報を要請し、前記要請信号を受信した前記顧客管理システムが前記仮想番号に基づいて仮想番号サービス加入有無および音声付加サービス加入有無を判断し、仮想番号サービスに加入されており且つ音声付加サービスに加入されていない場合、これに示される情報を含む−と、
前記ルーチン情報信号に、音声付加サービスに加入されていないことを示す情報が含まれた場合、発信端末機へ音声通話不可を示すメッセージを伝送する手段とを含む、交換機。
【請求項19】
少なくとも一つの移動通信端末機を管理する着信交換機、関門交換機、第1短文メッセージセンタ、第2短文メッセージセンタ、第1ホーム位置登録器、および第2ホーム位置登録器を含む移動通信網と結合する付加価値サービスサーバで仮想番号サービスを提供する方法において、
関門交換機から、仮想番号を含む短文メッセージ信号を受信する段階と、
前記短文メッセージ信号を第1短文メッセージセンタへ伝送する段階と、
前記第1短文メッセージセンタから、前記仮想番号に相応する実際番号の情報を含む短文メッセージ信号を受信する段階−ここで、前記仮想番号に相応する実際番号の情報を含む短文メッセージ信号は、前記付加価値サービスサーバが短文メッセージ信号を前記第1短文メッセージセンタへ伝送し、前記短文メッセージ信号を受信した前記第1短文メッセージセンタが前記短文メッセージのルーチン情報を前記第1ホーム位置登録器に要請し、前記ルーチン情報を要請された第1ホーム位置登録器は前記仮想番号サービスの番号に相応する実際番号の情報を含むルーチン応答信号を前記第1短文メッセージセンタへ伝送し、前記ルーチン応答信号を受信した前記第1短文メッセージセンタが発送したものである−と、
前記短文メッセージ信号を変更する段階と、
前記変更された短文メッセージ信号を前記第2短文メッセージセンタへ伝送する段階−ここで、前記変更された短文メッセージを受信した前記第2短文メッセージセンタは前記変更された短文メッセージに含まれた実際番号のルーチン情報を前記第2ホーム位置登録器に要請し、前記ルーチン情報を要請された前記第2ホーム位置登録器は前記実際番号の情報が含まれたルーチン応答信号を前記第2短文メッセージセンタへ伝送し、前記ルーチン応答を受信した前記第2短文メッセージセンタは前記変更された短文メッセージ信号を前記着信交換機へ伝送する−とを含む、仮想番号サービス提供方法。
【請求項20】
前記第1ホーム位置登録器は、仮想番号に相応する実際番号データを予め持っていることを特徴とする、請求項19に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項21】
前記短文メッセージ信号を変更する段階は、文字メッセージに、仮想番号サービスによるものであることを表示することを特徴とする、請求項19に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項22】
前記第2短文メッセージセンタは前記付加価値サービスサーバへ状態情報を伝送し、前記状態情報を受信した前記付加価値サービスサーバは前記サービスに相応する課金情報を生成する段階をさらに含むことを特徴とする、請求項19に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項23】
少なくとも一つの移動通信端末機を管理する着信交換機、関門交換機、短文メッセージセンタ、およびホーム位置登録器を含む移動通信網と結合する付加価値サービスサーバで仮想番号サービスを提供する方法において、
関門交換機から、仮想番号を含む短文メッセージ信号を受信する段階と、
前記受信した短文メッセージ信号を第1短文メッセージセンタへ伝送する段階と、
前記短文メッセージセンタから、前記仮想番号に相応する実際番号の情報を含む短文メッセージ信号を受信する段階−ここで、前記仮想番号に相応する実際番号の情報を含む短文メッセージ信号は、前記付加価値サービスサーバが短文メッセージ信号を前記短文メッセージセンタへ伝送し、前記短文メッセージ信号を受信した前記短文メッセージセンタが前記短文メッセージのルーチン情報を前記ホーム位置登録器に要請し、前記ルーチン情報を要請されたホーム位置登録器は前記仮想番号サービスの番号に相応する実際番号の情報を含むルーチン応答信号を前記短文メッセージセンタへ伝送し、前記ルーチン応答信号を受信した前記短文メッセージセンタが発送したものである−と、
前記短文メッセージ信号を変更する段階と、
前記変更された短文メッセージ信号を前記短文メッセージセンタへ伝送する段階−ここで、前記変更された短文メッセージを受信した前記短文メッセージセンタは前記変更された短文メッセージに含まれた実際番号のルーチン情報を前記ホーム位置登録器に要請し、前記ルーチン情報を要請された前記ホーム位置登録器は前記実際番号の情報が含まれたルーチン応答信号を前記短文メッセージセンタへ伝送し、前記ルーチン応答を受信した前記短文メッセージセンタは前記変更された短文メッセージを前記着信交換機へ伝送する−とを含む、仮想番号サービス提供方法。
【請求項24】
前記ホーム位置登録器は、仮想番号に相応する実際番号データを予め持っていることを特徴とする、請求項23に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項25】
前記短文メッセージ信号を変更する段階は、文字メッセージに、仮想番号サービスによるものであることを表示することを特徴とする、請求項23に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項26】
前記短文メッセージセンタは前記付加価値サービスサーバへ状態情報を伝送し、前記状態情報を受信した前記付加価値サービスサーバは前記サービスに相応する課金情報を生成する段階をさらに含むことを特徴とする、請求項23に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項27】
少なくとも一つの移動通信端末機を管理する着信交換機、関門交換機、第1短文メッセージセンタ、第2短文メッセージセンタ、第1ホーム位置登録器、および第2ホーム位置登録器を含む移動通信網と結合して仮想番号サービスを提供する付加価値サービスサーバにおいて、
関門交換機から、仮想番号を含む短文メッセージ信号を受信する手段と、
前記受信した短文メッセージ信号を第1短文メッセージセンタへ伝送する手段と、
前記第1短文メッセージセンタから、前記仮想番号に相応する実際番号の情報を含む短文メッセージ信号を受信する手段−ここで、前記仮想番号に相応する実際番号の情報を含む短文メッセージ信号は、前記付加価値サービスサーバが短文メッセージ信号を前記第1短文メッセージセンタへ伝送し、前記短文メッセージ信号を受信した前記第1短文メッセージセンタが前記短文メッセージのルーチン情報を前記第1ホーム位置登録器に要請し、前記ルーチン情報を要請された第1ホーム位置登録器は前記仮想番号サービスの番号に相応する実際番号の情報を含むルーチン応答信号を前記第1短文メッセージセンタへ伝送し、前記ルーチン応答信号を受信した前記第1短文メッセージセンタが発送したものである−と、
前記短文メッセージ信号を変更する手段と、
前記変更された短文メッセージ信号を前記第2短文メッセージセンタへ伝送する手段−ここで、前記変更された短文メッセージを受信した前記第2短文メッセージセンタは前記変更された短文メッセージに含まれた実際番号のルーチン情報を前記第2ホーム位置登録器に要請し、前記ルーチン情報を要請された前記第2ホーム位置登録器は前記実際番号の情報が含まれたルーチン応答信号を前記第2短文メッセージセンタへ伝送し、前記ルーチン応答を受信した前記第2短文メッセージセンタは前記変更された短文メッセージ信号を前記着信交換機へ伝送する−とを含む、付加価値サービスサーバ。
【請求項28】
少なくとも一つの移動通信端末機を管理する着信交換機、関門交換機、短文メッセージセンタ、およびホーム位置登録器を含む移動通信網と結合して仮想番号サービスを提供する付加価値サービスサーバにおいて、
関門交換機から、仮想番号を含む短文メッセージ信号を受信する手段と、
前記受信した短文メッセージ信号を前記第1短文メッセージセンタへ伝送する手段と、
前記短文メッセージセンタから、前記仮想番号に相応する実際番号の情報を含む短文メッセージ信号を受信する手段−ここで、前記仮想番号に相応する実際番号の情報を含む短文メッセージ信号は、前記付加価値サービスサーバが短文メッセージ信号を前記短文メッセージセンタへ伝送し、前記短文メッセージ信号を受信した前記短文メッセージセンタが前記短文メッセージのルーチン情報を前記ホーム位置登録器に要請し、前記ルーチン情報を要請されたホーム位置登録器は前記仮想番号サービスの番号に相応する実際番号の情報を含むルーチン応答信号を前記短文メッセージセンタへ伝送し、前記ルーチン応答信号を受信した前記短文メッセージセンタが発送したものである−と、
前記短文メッセージ信号を変更する手段と、
前記変更された短文メッセージ信号を前記短文メッセージセンタへ伝送する手段−ここで、前記変更された短文メッセージを受信した前記短文メッセージセンタは前記変更された短文メッセージに含まれた実際番号のルーチン情報を前記ホーム位置登録器に要請し、前記ルーチン情報を要請された前記ホーム位置登録器は前記実際番号の情報が含まれたルーチン応答信号を前記短文メッセージセンタへ伝送し、前記ルーチン応答を受信した前記短文メッセージセンタは前記変更された短文メッセージ信号を前記着信交換機へ伝送する−とを含む、付加価値サービスサーバ。
【請求項29】
少なくとも一つの移動端末機を管理する移動通信網、前記移動通信網と結合する移動通信ゲートウェイ、およびマルチメディアメッセージセンタと結合する長文メッセージセンタで仮想番号サービスを提供する方法において、
移動通信網から、仮想番号を含むマルチメディアメッセージ信号を受信する段階と、
前記受信されたマルチメディアメッセージ信号に含まれた仮想番号に対する情報を移動通信ゲートウェイに要請する段階と、
マルチメディアメッセージセンタから、実際番号の情報を含むマルチメディアメッセージ信号を受信する段階−ここで、前記実際番号の情報を含むマルチメディアメッセージ信号は、前記長文メッセージセンタから、前記マルチメディアメッセージ信号に含まれた仮想番号に相応する実際番号にマッピングし、前記実際番号を含むマルチメディアメッセージ信号をマルチメディアメッセージセンタへ伝送し、前記マルチメディアメッセージ信号を受信した前記マルチメディアメッセージセンタが所定の作業を行った後、発送したものである−と、
前記マルチメディアメッセージ信号を変更する段階と、
前記変更されたマルチメディアメッセージ信号を前記移動通信網へ伝送する段階とを含む、仮想番号サービス提供方法。
【請求項30】
前記移動通信ゲートウェイは、仮想番号に相応する実際番号データを予め持っていることを特徴とする、請求項29に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項31】
前記マルチメディアメッセージ信号を変更する段階は、マルチメディアメッセージに、仮想番号サービスによるものであることを表示することを特徴とする、請求項29に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項32】
前記移動通信網は、少なくとも2つ以上の互いに異なる移動通信サービス提供者の通信網が結合したものであることを特徴とする、請求項29に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項33】
少なくとも一つの移動端末機を管理する移動通信網、前記移動通信網と結合する長文メッセージセンタ、およびマルチメディアメッセージセンタと結合する移動通信ゲートウェイで仮想番号サービスを提供する方法において、
長文メッセージセンタからマルチメディアメッセージ信号を受信する段階と、
前記マルチメディアメッセージ信号に含まれた仮想番号に相応する実際番号にマッピングする段階と、
前記マッピングされた実際番号を含むマルチメディアメッセージ信号をマルチメディアメッセージセンタへ伝送する段階−ここで、マルチメディアメッセージ信号を受信した前記マルチメディアメッセージセンタは実際番号を含むマルチメディアメッセージ信号を前記長文メッセージセンタへ伝送し、前記長文メッセージセンタは前記受信したマルチメディアメッセージ情報を変更して前記移動通信網へ伝送する−とを含む、仮想番号サービス提供方法。
【請求項34】
前記移動通信ゲートウェイは、仮想番号に相応する実際番号データを予め持っていることを特徴とする、請求項33に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項35】
前記長文メッセージセンタでマルチメディアメッセージ信号を変更する段階は、マルチメディアメッセージに、仮想番号サービスによるものであることを表示することを特徴とする、請求項33に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項36】
前記移動通信網は、少なくとも2つ以上の互いに異なる移動通信サービス提供者の通信網が結合したものであることを特徴とする、請求項33に記載の仮想番号サービス提供方法。
【請求項37】
少なくとも一つの移動端末機を管理する移動通信網、前記移動通信網と結合する移動通信ゲートウェイ、およびマルチメディアメッセージセンタと結合する仮想番号サービスを提供する長文メッセージセンタにおいて、
移動通信網から、仮想番号を含むマルチメディアメッセージ信号を受信する手段と、
前記受信されたマルチメディアメッセージ信号に含まれた仮想番号に対する情報を移動通信ゲートウェイに要請する手段と、
マルチメディアメッセージセンタから、実際番号の情報を含むマルチメディアメッセージ信号を受信する手段−ここで、前記実際番号の情報を含むマルチメディアメッセージ信号は、前記長文メッセージセンタから、前記マルチメディアメッセージ信号に含まれた仮想番号に相応する実際番号にマッピングし、前記実際番号を含むマルチメディアメッセージ信号をマルチメディアメッセージセンタへ伝送し、前記マルチメディアメッセージ信号を受信した前記マルチメディアメッセージセンタが所定の作業を行った後、発送したものである−と、
前記マルチメディアメッセージ信号を変更する手段と、
前記変更されたマルチメディアメッセージ信号を前記移動通信網へ伝送する手段とを含む、長文メッセージセンタ。
【請求項38】
少なくとも一つの移動端末機を管理する移動通信網、前記移動通信網と結合する長文メッセージセンタ、およびマルチメディアメッセージセンタと結合して仮想番号サービスを提供する移動通信ゲートウェイにおいて、
長文メッセージセンタからマルチメディアメッセージ信号を受信する手段と、
前記マルチメディアメッセージ信号に含まれた仮想番号に相応する実際番号にマッピングする手段と、
前記マッピングされた実際番号を含むマルチメディアメッセージ信号をマルチメディアメッセージセンタへ伝送する手段−ここで、マルチメディアメッセージ信号を受信した前記マルチメディアメッセージセンタは実際番号を含むマルチメディアメッセージ信号を前記長文メッセージセンタへ伝送し、前記長文メッセージセンタは前記受信したマルチメディアメッセージ情報を変更して前記移動通信網へ伝送する−とを含む、移動通信ゲートウェイ。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate

【図9】
image rotate

【図10】
image rotate

【図11】
image rotate

【図12】
image rotate

【図13】
image rotate

【図14】
image rotate


【公表番号】特表2008−527784(P2008−527784A)
【公表日】平成20年7月24日(2008.7.24)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2007−549278(P2007−549278)
【出願日】平成18年1月5日(2006.1.5)
【国際出願番号】PCT/KR2006/000045
【国際公開番号】WO2006/075853
【国際公開日】平成18年7月20日(2006.7.20)
【出願人】(507107246)ケイティーフリーテル カンパニー、リミテッド (2)
【Fターム(参考)】