説明

スズキ株式会社により出願された特許

1 - 10 / 3,196



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】キャニスタによる燃料蒸発ガスの吸着性能を向上でき、キャニスタに接続される各種ホースの損傷を防止できること。
【解決手段】エンジンユニット20、フューエルタンク、燃料蒸発ガス排出抑制装置55を有するスクータ型自動二輪車であって、エンジンユニットはエンジン23と変速装置24を備え、エンジンは、クランクケース31からシリンダアッセンブリ32が延出されてなり、シリンダアッセンブリに接続された吸気装置41と排気装置が、シリンダアッセンブリを挟み車幅方向反対側で後方へ延設され、クランクケースの車幅方向一端側で吸気装置と同じ側から後方へ変速装置ケーシング33が延出され、燃料蒸発ガス排出抑制装置は、燃料蒸発ガスを吸着すると共に吸気装置へ放出するキャニスタ56を備え、このキャニスタは、シリンダアッセンブリ33における吸気装置41側の一側方で変速装置ケーシングの前方に形成される空間57内に配置される。 (もっと読む)


【課題】シートの弾力性を変更可能とし、様々な状況下において、または運転者等の好みに応じて乗り心地の良い鞍型車両を実現する。
【解決手段】シート11のシートボトム21においてクッションラバー25が取り付けられる部分に可調節通気孔30を形成し、クッションラバー25において、その上面と一方側面との間に大通路43を形成し、上面と他方側面との間に小通路を形成する。これにより、シート11の内部と外部との間で空気の流通が可能になる。図示のような取付方向でクッションラバー25をシートボトム21に取り付けた場合、可調節通気孔30と大通路43とが連通し、空気の流通量が多くなる。図示のように取り付られたクッションラバー25を取り外し、水平方向に180度回転させて再び取り付けると、可調節通気孔30と小通路とが連通し、空気の流通量が少なくなる。シート内外間の空気流通量を変えることでシートの弾力性が変わる。 (もっと読む)


【課題】軽量化でき薄型化できる自動車用シートバックを提供する。
【解決手段】シートバックフレーム4と、背面にサポート材7が貼着されたシートバックパッド5と、シートバックパッド5を覆う表皮6とを備え、表皮6の後ろ側表皮材6Cの中間部6C3が、シートバックパッド5の背面のサポート材7に対してシートバック後方側Rrに間隔を空けて位置し、後ろ側表皮材6Cの中間部6C3をサポート材7側に引き寄せる引き寄せ手段27が設けられ、引き寄せ手段27は、帯材15の一側部15Aを後ろ側表皮材6Cの中間部6C3の裏面に縫着するとともに、帯材15の他側部15Bに設けられた剛性部16をサポート材7に連結して構成されている。 (もっと読む)


1 - 10 / 3,196