説明

キヤノンマシナリー株式会社により出願された特許

21 - 30 / 179


【課題】加圧を始めてから液体が供給口から押出されるまでの時間遅れを防止して設定量の液体を正確に塗布でき、耐久性の向上を図ることができる流体供給装置及び液体供給方法を提供する。
【解決手段】液体Lの供給口51が設けられたシリンジ1を備え、シリンジ内に空気圧回路2を介してエアを供給することにより液体Lを供給口51から押出す液体供給装置である。空気圧回路2は、シリンジ1に設定圧のエアを供給する第1エア供給部5と、設定圧のエアよりも高圧のエアを供給する第2エア供給部6とを備える。シリンジ1に所定の設定圧のエアを負荷する通常供給状態と、シリンジ1に前記設定圧よりも高圧エアを負荷する高圧供給状態との切換を行う切換手段4を備え、初期段階において第2エア供給部6による高圧供給状態として、設定圧に達した際に、第1エア供給部5による通常供給状態に切換える。 (もっと読む)


【課題】チップにダメージを与えることなく、チップを安定して剥離でき、しかも、剥離作業における動作も単純で高精度の制御も必要がなく、装置として安価に提供できるチップ剥離装置及びチップ剥離方法を提供する。
【解決手段】シート12と反対側でチップ11を吸着するコレット13と、コレット13にて吸着されているチップ11をシート12を介して受ける針状体14と、チップ11を針状体14にて受けている状態のままシート12を反チップ側へ吸引する吸引手段15とを備える。剥離すべきチップ11をシート12を介して針状体14にて受けている状態で、チップ11をコレット13にて反シート側から吸着する。次に、吸引手段15を介してシート12をチップ11と反対側へ吸引して、シート12をチップ11から剥離する。 (もっと読む)


【課題】小型化を図ることができ、少ないエネルギーで真空封止を行うことができる半導体封止装置を提供する。
【解決手段】基板上に半導体素子50が搭載され、半導体素子50を封止部材53にて覆い、封止部材53の周囲に付着させた紫外線硬化接着剤51に紫外線照射を行うことによって半導体素子50を封止する半導体封止装置である。半導体素子50が搭載された基板52及び封止部材53を密閉状態として、紫外線透過窓11が設けられる真空チャンバ1と、真空チャンバ内を真空にする真空手段3と、真空チャンバ1の外側から、紫外線光線を紫外線透過窓11を介して封止部材53の周囲に付着した紫外線硬化接着剤51に照射する紫外線照射手段4とを備えた。 (もっと読む)


【課題】母材と一体化した酸化層を乾式処理によって形成し得る二酸化チタン光触媒の製造方法を提供する。
【解決手段】チタンまたはチタン合金からなる基材表面に、レーザを加工閾値近傍の照射強度で照射し、照射領域をオーバーラップさせながら基材表面に対して相対移動させることにより、基材表面に粗面構造を形成した後、酸化性雰囲気中で熱処理を施すことにより、ルチル型二酸化チタンを含有する酸化層を形成することを特徴とする二酸化チタン光触媒の製造方法。 (もっと読む)


【課題】シリンダの外部における液溜まりの発生を防止することができる流体供給装置を提供する。
【解決手段】粘性流体Lが封入されて、粘性流体Lの供給口が設けられたシリンダ1と、シリンダ内に設けられ、軸方向において、前進することにより粘性流体Lを供給口から押出すピストンロッド2と、シリンダ1における反供給口側の開口部8を密封するとともに、径方向からピストンロッド2を押付る密封機構4とを備えた液体供給装置である。密封機構4のピストンロッド2に対する押付力を、ピストンロッド2前進時とピストンロッド2後退時とで差をもたせた。 (もっと読む)


【課題】線接触を伴う摺動機構にも適用でき、長寿命で安定した高い摩擦低減効果を発揮することのできる摺動面構造を提供する。
【解決手段】潤滑流体の介在下で相手部材と相対摺動を行う摺動面1に、相手部材2の摺動方向に対して傾斜する向きに伸び、かつ、緩斜面9を有する凹溝7からなる帯状領域4と、帯状領域4の間に、帯状領域4の伸展方向と同一方向に伸びる摺動平面3とを備え、緩斜面9には帯状領域4の伸展方向に対して傾斜して配置される複数の微小溝5が設けられる。 (もっと読む)


【課題】薄い油膜を安定して得ることができてシール性の高い平面摺動機構を提供する。
【解決手段】相対する平面間で潤滑流体の膜を介して相対回転摺動を行って、内径側と外径側とをシールする平面摺動機構である。何れか一方の平面に、内径側又は外径側の一方に開口し、かつその開口部と径方向逆方向の端部が平面内に存在して、開口側からの潤滑流体を相対する平面間のリング状の摺動部位に導入する流体導入溝3と、流体導入溝3よりも浅く、流体導入溝3に連通するとともに、相対する前記他方の平面の摺動方向に対して平行または90°未満の傾斜角で傾斜する向きに周期性を有する複数の浅溝4とを備えた。 (もっと読む)


【課題】良品のワークがポケットに収納されている場合には安定したワークの外観観察を可能とするワーク検査装置およびワーク検査方法を提供する。
【解決手段】ワーク検査装置は、キャリアテープ10のポケット11に供給されたワークWを、上方の検査用カメラ20によって検査を行う。キャリアテープ10を有するキャリアテープユニットUを支持する支持台17と、この支持台17に水平方向の振動を付与してキャリアテープ10のポケット11に収容されるワークWを正規姿勢に修正する振動機構18とを備える。キャリアテープ10に水平方向の振動を振動機構18にて付与する。これによって、ポケット11の底面12aのコーナ部に引っ掛かっているワークWに対して、その引っ掛かりを解除する。 (もっと読む)


【課題】摺動条件を変更することなく流体潤滑状態にある2面間の摩擦を低減することができる摺動面構造及び軸受を提供する。
【解決手段】相対面する第1摺動面1aと第2摺動面とを有し、液体の動圧作用で第1摺動面1aと第2摺動面とが非接触で摺動する摺動面構造である。摺動面の少なくとも一方に、摺動面間の相対的な摺動によって液体を所定方向に案内する液体案内溝3を有する案内部4を設ける。案内部4によって案内された液体に接する摺動面部分の少なくとも一方に、液体に対するぬれ性が案内部4よりも小さい疎液性部分5が案内部4の下流側に設けられている。 (もっと読む)


【課題】半導体チップをウェーハシートから迅速確実に剥離し得るピックアップ装置を提供する。
【解決手段】ウェーハシートSに貼り付けられた半導体チップPを個々にウェーハシートから剥離するピックアップ装置であって、ピックアップステージ1に形成されウェーハシートSと共に半導体チップP個片を受け入れる平面寸法を有した凹陥部13と、ウェーハシートSと共に半導体チップP個片を該凹陥部に挿入するための挿入手段と、凹陥部13内の半導体チップPを吸着してピックアップするコレット3とを備えたことを特徴とするピックアップ装置。 (もっと読む)


21 - 30 / 179