説明

進和テック株式会社により出願された特許

1 - 10 / 36


【課題】 ガスタービン内部に吸入される空気を清浄化するための外気吸気用フィルタユニットに関し、近年の環境変化と共に発電機設備のガスタービンの吸気取り入れ口の空気も従来の粉じん粒子の除去に加え、空気中に含まれるアルカリ性ガスあるいは酸性ガス、これらのガス付着固形粒子や腐蝕性汚染ガスの除去が要求されるようになってきた。
【解決手段】 ガスタービン吸気装置の空気取入口のフィルタ取付枠に複数の種類のフィルタを組み合わせて構成したガスタービン吸気用フィルタユニットにおいて、すくなくとも1種類のフィルタを超極細繊維を用いた低い圧力損失でありながら高効率の粉じん捕集機能を発揮する機能性フィルタあるいは低い圧力損失でありながら高効率の粉じん捕集機能を有し且つ汚染ガスの吸着機能を発揮する機能性フィルタとし、他の種類のフィルタは捕集率の異なる粉じん捕集機能を有するフィルタとしたものである。 (もっと読む)


【課題】 従来、工場空調、ビル空調あるいはガスタービン発電所などの外気取り入れ口、循環系などにはそれぞれの用途に応じて複数のエアフィルタを設置せざるを得ず、そのための大きな設置スペースを取る上、設置するのに大掛かりな改造が必要となり、コスト的にも高くなってしまうといった問題があつた。
【解決手段】 本発明は、SOx、NOxなどの有害物質や放射性ヨウ素およびカビや細菌などの微生物を除じん機能と共に1つのエアフィルタろ材で除去可能にすると共に除じん、有害物質などの除去機能の寿命がほぼ同時に来るようにしたエアフィルタろ材を提供しょうとしたものである。 (もっと読む)


【課題】 保管庫内を良い環境にするために、保管庫内の中に脱臭具などを入れて管理したりしているが、脱臭具の寿命が短いこと、脱臭具の入れ替えに煩わしい手間が掛かること、特に脱臭具自身から小さな粉塵が漏れ出て、保管庫内に一緒に収納したマイクロフイルム、書籍、絵画に悪影響を与えることから満足する脱臭具が期待されていた。
【解決手段】 本発明は、水洗、樹脂コートなどによる低発塵あるいは無発塵の吸着材基材に化学反応剤の添着あるいはイオン交換基をグラフト重合などで得られた粒状または微粒子状の有害ガス吸着材を通気性シートからなる袋体内に封入させてなる有害ガス除去具で、保管庫内に一緒に収納してもマイクロフイルム、書籍、絵画などを汚すことなく且つ長寿命の有害ガス除去具を提供しょうとしたものである。 (もっと読む)


【課題】 地震、津波などにより原子力設備自身破壊し、原子力設備からヨウ素などを含んだ微量な放射性ガスを放出し、近接する周辺の住宅やオフイス、工場施設などを汚染した場合、それぞれの室内を清浄化するような装置は考えられていないのが現状である。
【解決手段】 室内に入り込んだヨウ素を含んだ放射性ガスや粒子を、空気吸い込み口と空気吹き出し口を形成した箱型の本体内にプレフィルタと吸着パネルと送風機及び中高性能あるいはHEPAフィルタとを内臓した放射性ガス清浄化装置により、ヨウ素などを含んだ微量な放射性ガスや粒子を浄化して清浄空気として室内に戻して、これを繰り返して室内空気を清浄空気に入れ替えるようにしたものである。 (もっと読む)


【課題】 温めた海水を比較的低い温度例えば50℃〜70℃に温めることで発生する水蒸気を疎水性多孔質膜を使用し、冷水で結露させることで淡水化する膜蒸留法が検討されてきたが、フッ素系などの疎水性多孔性膜を使用していることから水蒸気の蒸発速度が非常に遅いため、安価に且つ大量に淡水化するのが課題であった。
【解決手段】 本発明の解決手段は、PTFEを延伸加工したフイルムとポリウレタンポリマーを複合化して製作した層あるいは前記層にエアーブロー方式のESD法により製造したナノファイバー層を積層してなる疎水性多孔質膜の下にナノファイバー層を装着することで表面積が非常に大きいなナノファイバー層を利用して温海水を親水性のナノファイバーが吸い上げ、大量にその表面から蒸発(気化)して、安価で且つ大量の淡水を得るようにした海水からの淡水製造方法である。 (もっと読む)


【課題】自動再生式エアフィルタにおいてろ過面部の清浄更新の際に生じるろ材の捕集効率の低下を防止できるろ材再生方法を提供する。
【解決手段】ろ材のろ過面部の圧損抵抗が所定値以上に上昇、若しくは所定の再生タイマーセット時間に達したら、装置本体の通風部前面側に付設したろ材再生駆動部の再生口を上下・左右に移動しながら、ろ材のろ過面部の捕集ダストを除去清掃しろ材の寿命を延ばすようにしたもので、特にろ過面部全体の捕集ダストの除去清掃を数日〜数週間に1回の割合で、再生運転、運転停止、除去清掃、運転停止、再生運転を細切れで行うことを特徴とした。 (もっと読む)


【課題】ろ材パックあるいはエアフィルタを搬送用として、何回でも繰り返し再利用できるようにしたプラスチックダンボール通函を提供する。
【解決手段】ろ材パックあるいはエアフィルタを搬送する場合は組み立て状態とし、搬送後は、折り畳み状態で返送でき、何回でも繰り返し再利用できるように面ファスナー17を使用したプラスチックダンボール通函。 (もっと読む)


【課題】 従来の袋形エアフィルタはろ材取付用部材と袋状フィルタろ材からなり、袋状フィルタろ材をろ材取付用部材に接着材で固定した固定式と着脱自在に取り付けた着脱式のものがある。いずれも使用後の袋形エアフィルタを処分する際には分別廃棄するが、廃棄物の量を減らすことが出来ない上、コスト削減も限界があった。さらには、袋状フィルタろ材の交換に当たっても作業に手間がかかり、また取り外しの際に変形したりしてろ材取付用部材を再使用することができない問題があった。本発明はこれらの問題を解決しょうとしたものである。
【解決手段】 ろ材取付用部材と袋状フィルタろ材を取り付けるに当たっては、ゴムバンドやファスナーなどで取り付け、袋形エアフィルタのろ材交換にあたっては、袋状フィルタろ材のみを交換するだけでろ材取付用部材を再利用するようにした袋形エアフィルタを提供するものである。 (もっと読む)


【課題】フィルタろ材の基材のガラス繊維シートが直接気流に接することを防いで、気流により、ガラス繊維が剥がされることを防止するとともにろ材の寿命が長寿命となる袋状フィルタを提供する。
【解決手段】ガラス繊維製ろ材シートの気流に対して上流側および下流側両面に各々補強シート3,3’を貼り合わせ、この2枚のシートを重ね合わせて一側縁を除いて他の側縁部を覆い布で挟みさらに覆い布の上から糸で縫い合わせて袋状にした袋状フィルタろ材1を、外周囲枠11に接着剤または両面テープ12に貼り付け、固定保持した袋型エアフィルタ。 (もっと読む)


【課題】 微粒子に対して高い捕集効率を有する空調用フィルタを空調系統に設置する場合、目詰まり防止のため捕集効率の低いフィルタを前に配置したり、捕集効率の異なる2つのフィルタを密接に重ね合わせたフィルタを使用して前段ろ材を捕集効率の低いフィルタの機能をもたせたりしているが、結果的にコストアップにつながり十分なものではなく、最適な2重構造の空調用フィルタが望まれていた。そこで本発明はこれらの期待に沿った空調用フィルタを提供しょうとしたものである。
【解決手段】 本発明の解決手段は、捕集率の異なるプレフィルタ、中高性能フィルタ、準HEPAフィルタ、HEPAフィルタ、ULPAフィルタの機能を有するシートろ材の中から、大気じんの変化や周囲環境の変化に応じて決められる吸気環境の粉塵濃度に沿って、2つのシートろ材を組み合わせたことを特徴とする空調用フィルタ。 (もっと読む)


1 - 10 / 36