説明

船井電機株式会社により出願された特許

1 - 10 / 7,855



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】画像再生装置に再生される文字情報の表示形式を指定することが可能な携帯端末装置、及びこの携帯端末装置を含む画像再生システムを提供する。
【解決手段】携帯端末装置は、所定の文字情報とこの文字情報の表示形式との対応関係を規定する第1のデータを記録している。そして、携帯端末装置は、第1のデータに記録された対応関係を画像再生装置に通知し、画像再生装置は、通知された対応関係に従って所定の文字情報を対応付けられた表示形式で再生させる。 (もっと読む)


【課題】構造が複雑になるのを抑制しながら、バンド部を容易に増し締めすることが可能な結束バンドを提供する。
【解決手段】この結束バンド100(結束バンド)は、複数のバンド爪11aが設けられたバンド部11と、バンド部11の長手方向の一端に設けられた頭部31とを備え、頭部31は、バンド部11のバンド爪11aに係合してバンド部11を固定するロック爪322を有する頭部本体32と、頭部本体32に切断可能に接続され、頭部本体32に対して増し締め方向に引っ張られることにより頭部本体32から切断されてバンド部11を増し締め方向に送る増し締め部33とを含む (もっと読む)


【課題】 金型によって打ち抜かれた後であっても、樹脂フィルムテープ11の搬送方向において、LSIチップ13の実装面側が縮む方向に湾曲せず、良好な平面性を保つチップ・オン・フィルム1及びその製造方法を提供する。
【解決手段】 平面視で略長方形を有する樹脂フィルム2と、樹脂フィルム2の実装面に形成され、略長方形の長辺方向に配列された電極を有する所定の配線パターン12と、樹脂フィルム2の実装面に実装され、所定の配線パターン12に接続されたLSIチップ13を有し、略長方形の両短辺のそれぞれに、少なくとも1箇所の切り欠き部3が形成されている。 (もっと読む)


【課題】結束バンドの構造の複雑化および部品点数の増加を抑制しながら、バンド部を増し締めすることが可能な結束バンドを提供する。
【解決手段】この結束バンド1(結束バンド)は、複数のバンド爪111が設けられたバンド部11と、バンド部11の長手方向の一端に設けられ、バンド部11のバンド爪111に係合してバンド部11を固定するロック爪313を含む頭部31とを備え、頭部31には、ロック爪313に対して相対的に移動されることにより、バンド部11を増し締め方向に送るバンド送り部315が一体的に設けられている。 (もっと読む)


【課題】スタンド部材が表示装置本体に対して平面視で回転方向に傾いた状態で取り付けられることを抑制することが可能な表示装置を提供する。
【解決手段】このテレビジョン装置1(表示装置)は、表示部4を含む表示装置本体2と、表示装置本体2を支持するスタンド部材6と、表示装置本体2とスタンド部材6とを固定するネジ66とを備え、スタンド部材6および表示装置本体2の一方は、スタンド部材6と表示装置本体2とが当接する当接面に対して垂直方向に先細り形状であるリブ63を有し、スタンド部材6および表示装置本体2の他方は、リブ63に対応する先細り形状に形成され、リブ63に係合する溝部72を有しており、リブ63および溝部72は、表示装置本体2とスタンド部材6とがネジ66によって固定される際に、リブ63の側面部63aが溝部72の内側面72aに沿って徐々に誘導されて係合するように構成されている。 (もっと読む)


【課題】頭部材に加えられた水平方向の回転力により頭保持部材を水平方向に回転させることが可能なジョイント機構を提供する。
【解決手段】このジョイント機構1は、少なくとも一部に球状の表面を有する頭部12を含む球頭パーツ10と、球頭パーツ10を傾倒動作させることが可能なように球頭パーツ10の球状の表面を保持する球頭保持パーツ20とを備える。また、球頭パーツ10の頭部12には、突起部15が設けられている。また、球頭保持パーツ20には、球頭パーツ10の突起部15に対して球頭パーツ10に加えられる水平方向の回転力を伝達可能に係合する突起係合部22が設けられている。 (もっと読む)


【課題】組み立て時の手間を軽減しながら、一方の音道の音波を他方に対して遅延させて音を検知可能な範囲(指向性の範囲)を広げることが可能なマイクロホン装置を提供する。
【解決手段】このMEMSマイク10(マイクロホン装置)は、音波により振動するダイアフラム141を含み、ダイアフラム141の振動に基づいて音波を電気信号に変換する振動部14と、内部に振動部14を収容するとともに、ダイアフラム141の下面に音波を導く第1音道171と、ダイアフラム141の上面に音波を導く第2音道172とを含むマイクロホン筐体17とを備え、第1音道171には、音波の進行方向に略直交する音道の断面を小さくして第2音道172に対して音波を遅延させる音波遅延部121aが形成されている。 (もっと読む)


【課題】ジグザグパターンを採用する場合に、製品開発・製造における迅速化および低コスト化に貢献し且つ違和感の無い画像表示を実現する。
【解決手段】液晶セルと、ゲートドライバと、ソースドライバと、ゲートドライバおよびソースドライバによる出力を制御することにより画像表示を実現させる制御部とを備え、第1方向を向く画素列を構成する各画素が、所定画素数毎に、当該画素列を挟む両側のソースラインへ交互に接続する配線パターンを有する液晶表示装置であって、液晶セルにおけるソースラインの総数がソースドライバの出力ラインの総数よりも1本多く、液晶セルにおける最外側のソースラインは近隣のソースラインが接続するソースドライバの出力ラインに対して接続され、上記制御部は上記最も外側のソースラインおよび上記近隣のソースラインが接続する画素列を含む領域に黒表示を実行させる。 (もっと読む)


【課題】光ピックアップの光検出器取付部構造において、光学ベースの光検出器取付部分をリワークする際に、光学ベースの損傷や破損を起こりにくくする。光学ベースと光検出器とを接合固定している接着剤層の形状の安定化を図る。
【解決手段】板片31を有する光検出器30と、フレキシブル配線基板50と、光学ベース10と、光学ベース10の側面12に具備された接合面16とを有する。4箇所の接合面16で取り囲まれたスペースSに板片31が配備され、その板片31の隅部の傾斜端面32が接合面16に接着剤層80により接合固定されている。板片31の両側に板片状の壁部17が突設されている。接合面16が壁部17に形成されている。接合面16が、凹入状の溝壁面によって形成されている。 (もっと読む)


1 - 10 / 7,855