説明

テイ・エス テック株式会社により出願された特許

41 - 50 / 625



【課題】荷重測定センサの取付構造として、正確な荷重測定を実現できる位置に荷重測定センサを保持し続けることが可能な構造を提供する。
【解決手段】荷重受け面37aを備え、荷重受け面37aと直交する方向の荷重を検出するセンサ本体31と、センサ本体32の側方から延出した延出軸部31とを備えた荷重測定センサ(センサ30)を、延出軸部31が水平方向に沿うように、取り付けブラケット15,16に取り付ける取付構造において、取り付けブラケット15,16に形成された挿入孔52に延出軸部31が挿入された状態において、センサ30が取り付けブラケット15,16に対して延出軸部31を中心に相対回転をした際、延出軸部31から突出した凸部31c,31dが、取り付けブラケット15,16に形成された凹部52a,52bに当接する。 (もっと読む)










41 - 50 / 625