フェノメノーム ディスカバリーズ インクにより出願された特許

1 - 10 / 16


【課題】卵巣癌(OC)の存在を示す健康状態を予測する方法、具体的には、ビタミンEアイソフォーム及び関連代謝産物の測定を通した、OCの診断に関する。開業医が、スクリーニングした患者が卵巣癌に陽性である可能性又はそのリスクを有する可能性を判定することを可能にする。
【解決手段】未確定の健康状態を有する患者からの血液試料中の、代謝産物と呼ばれる特異的小有機分子の強度を測定し、これらの強度を、健康な個体の集団で観察される強度及び/又は確認された卵巣癌陽性の個体の集団で前に観察された強度と比較する。 (もっと読む)


【課題】前立腺癌を示す健康状態を予測するための方法を提供する。
【解決手段】未決定健康状態を有する患者からの血液試料中の代謝産物と呼ばれる特定の小さい生化学物質の強度を測定し、これらの強度を健常個体の集団で観察される強度、及び/又は、確定された前立腺癌陽性個体の集団で観察された強度と比較する。本方法は、医師が、スクリーニングされた患者が前立腺癌に陽性である確率を決定することを可能にさせる。 (もっと読む)


【課題】患者の認知症又は認知症のリスクを鑑別診断するための方法、及び本方法で役立つ代謝産物マーカー及び化合物を提供する。
【解決手段】患者から試料を得る工程と、1又は複数の代謝産物マーカーの定量化データを得るために試料を分析する工程と、1又は複数の代謝産物マーカーの定量化データを1又は複数の標準試料から得られる対応するデータと比較する工程と、認知症又は認知症のリスクを鑑別診断するために比較を用いる工程とを含む。患者の認知症又は認知症のリスクを評価する際に役立つこともできる。 (もっと読む)


膵臓癌のバイオマーカー並びにこれらの化合物を使用して膵臓癌を検出するための方法が記載される。本方法を使用して、患者の健康状態若しくは健康状態の変化を診断するか、又は膵臓癌を発症するリスク若しくはその存在を診断することができる。本方法は、患者由来の試料を分析して、1種又は2種以上の代謝産物マーカーの定量化データを得ることと、かかる定量化データを、1種又は2種以上の参照試料について得られた対応するデータと比較して、試料中の代謝産物マーカー(単数又は複数)のレベルの異常を同定することと、異常が観察される場合には診断を行うこととを含む。本方法を実施するための標準物質及びキットも記載される。 (もっと読む)


式(I)の化合物:[式中、Rが、炭素鎖中に少なくとも1個の二重結合を含有するヒドロキシ置換C24−C40直鎖脂肪族基を表し、前記鎖中の少なくとも1個の炭素が、ヒドロキシ基で置換されている]。そのような化合物は、対象において、炎症、炎症性障害及びがんを検出するために有用であり、これらの状態の治療及び/又は予防を包含する治療的用途においても使用され得る。したがって、医薬組成物、組合せ及び補給剤、並びに記載した化合物を使用する治療方法についても記載されている。
(もっと読む)


本明細書には、式Iの1−アルキル,2−アシルグリセロール誘導体の合成経路及び治療のための使用が記載されており、これは、哺乳動物の生物学的系に投与されると、その系のエーテル脂質合成能とは、独立に、特異的なsn−2置換エタノールアミンプラスマローゲンの細胞濃度の上昇をもたらす。この方法で、特異的なsn−2置換種のレベルを高めると、膜コレステロールレベルを低下させ、アミロイド分泌を低下させることができる。これらの化合物は、神経変性(アルツハイマー病、パーキンソン病及び加齢性黄斑変性を包含する)、認識障害、認知症、癌(例えば、前立腺癌、肺癌、乳癌、卵巣癌及び腎臓癌)、骨粗鬆症、双極性障害及び血管疾患(アテローム硬化症、高コレステロール血症など)などの、膜コレステロールの増加、アミロイドの増加及びプラスマローゲンレベルの低下が関係する老化による疾患を治療又は予防するために使用することができる。
【化1】
(もっと読む)


自閉症スペクトラム障害(ASD)の診断、リスク評価、及びモニタリングを行うための方法が開示されている。より具体的には、本発明は、ASDの臨床症状を有する個人と、ASDの症状を示さない対象との間で存在量が異なることが見い出されたヒト血漿中の小分子(代謝産物)の測定に関する。さらに、本発明は、ASDに関連した生化学的異常の寛解を目的とした推定的治療戦略のモニタリングに関する。
(もっと読む)


本発明は、プラスマロゲンの欠乏症が媒介する加齢に伴う疾患の診断及びリスク評価のための方法に関する。本発明は、プラスマロゲン生合成機能障害と、加齢関連障害の生化学的及び臨床的な所見との関係について記載する。具体的には、本発明は、成人発症性プラスマロゲン生合成障害(AO−PBD)に罹患している対象における大腸癌、前立腺癌、肺癌、乳癌、卵巣癌、腎臓癌、認知障害及び認知症の罹患率の増加について記載する。 (もっと読む)


本発明は、アルツハイマー型老年認知症(SDAT)の診断、リスク評価、予防、及び治療に関する。より具体的には、本発明はヒト血清中のエタノールアミンリン脂質の測定に関する。これらの分子のサブセットは、病理学的に確認されたβ−アミロイドの沈着のある対象とβ−アミロイドの沈着のない対象との間、及びSDATの診断と一致する認知症の臨床的兆候を有する対象と非認知症の対照との間で有意に変化する。さらに、本発明はSDATの種々の段階の診断、SDAT症状の早期検出及び予防、SDATの治療、非SDAT認知症の鑑別診断、及びその化学的又は生物学的処置がSDATの治療的介入のために設計され得る分子標的の同定に関する。本発明はまた、認知症に罹患した対象のための適切な治療的介入を指向し選択するために分子診断分析を用いる方法に関する。本発明はまた、SDATの臨床的兆候を有する者と正常な非認知症患者との間で存在量が有意に異なることが見出されている小分子又は代謝産物に関する。
(もっと読む)


本発明は、卵巣癌(OC)の存在を示す健康状態を予測する方法を記載する。本方法は、未確定の健康状態を有する患者からの血液試料中の、代謝産物と呼ばれる特異的小有機分子の強度を測定し、これらの強度を、健康な個体の集団で観察される強度及び/又は確認された卵巣癌陽性の個体の集団で前に観察された強度と比較する。具体的には、本発明は、ビタミンEアイソフォーム及び関連代謝産物の測定を通した、OCの診断に関する。本方法は、開業医が、スクリーニングした患者が卵巣癌に陽性である可能性又はそのリスクを有する可能性を判定することを可能にする。 (もっと読む)


1 - 10 / 16