説明

国際特許分類[A61K8/21]の内容

国際特許分類[A61K8/21]に分類される特許

1 - 10 / 148


【課題】象牙細管の深部にまでHApが析出して象牙細管を封鎖することができる象牙質石灰化剤を提供する。
【解決手段】酸性リン酸カルシウム粒子(A)、及びリン酸のアルカリ金属塩(B)、及び水(C)を含有する象牙質石灰化剤であって、該象牙質石灰化剤の全量100重量部に対して酸性リン酸カルシウム粒子(A)を15〜80重量部、及び水(C)を15〜84重量部含み、かつ酸性リン酸カルシウム粒子(A)100重量部に対するリン酸のアルカリ金属塩(B)の配合量が0.1〜80重量部である象牙質石灰化剤である。 (もっと読む)


【課題】塩の影響による塗布時の皮膚又は毛髪からの垂れ落ちがなく、滑らかな延び広がりを示し、延展性に優れた効果を発揮する化粧料用組成物の提供。
【解決手段】フルオロケイ酸(ナトリウム/マグネシウム)、非イオン性多糖増粘剤、好ましくは、グァーガム、ローカストビーンガムおよびスクレロチウムガムの群から選ばれる少なくとも1種、および水を含有してなる化粧料用組成物とする。所望により、酸性多糖増粘剤を含有させることもできる。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、フッ素イオンの滞留性、口腔内分散性に優れ、少量の水での洗口でもフッ素イオンを滞留させることができるなどフッ素イオンの滞留持続性に優れ、かつ液分離安定性にも優れるフッ素化合物を含む歯磨剤組成物を提供することである。
【解決手段】本発明は、成分(A)フッ素化合物、成分(B)カチオン化セルロース、成分(C)キサンタンガムおよび成分(D)ポリアクリル酸ナトリウムを含有し、成分(C)/成分(D)の質量比が0.5〜2である、歯磨剤組成物を提供する。 (もっと読む)


【課題】CPP−ACP複合体またはフッ化物組成物の再石灰化活性を増強させて、齲蝕のような病態をよりよく処置すること。
【解決手段】本発明は、安定化ACPおよびフッ化物イオン源を含む組成物を提供することを含む、歯の表面または表面下を石灰化するための組成物および方法に関する。本発明により、例えば、歯の表面および表面下を石灰化する方法であって、安定化ACPまたは安定化ACFP、およびフッ化物イオン源を含む組成物を提供することを含む、方法が提供される。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、塗布膜のツヤや付着性に優れると共に、べたつきが少なく伸び広がりの軽い油性化粧料を提供するものである。
【解決手段】 本発明は、次の成分(a)〜(c);(a)一次粒子の厚みが0.001〜0.1μm、比表面積当たりのシラノール基(SiOH)が20〜70μmol/mである鱗片状シリカを構成要素として形成された、平均粒子径が1〜50μmであり、易崩壊性である造粒シリカ粒子、(b)固形油及び/又は油ゲル化剤、(c)高粘度油剤を配合することを特徴とする油性化粧料に関するものである。 (もっと読む)


【課題】美的、嗅覚の及び味覚の利益を提供すると同時に、従来の歯磨き剤と同様のまたはより良好な治療上の利益を有する口腔用ケアムースの提供。
【解決手段】(a)界面活性剤及び湿潤剤を含む歯磨き剤組成物と;(b)沸点約−10℃未満を有する圧縮液体推進剤と;を含む後発泡口腔用ケアムースにおいて、(a)の前記組成物は粘度約30,000センチポアズ未満を有し、前記ムースは、約5秒未満で少なくとも約100体積%膨張するゲルとして吐出される、前記後発泡口腔用ケアムース。 (もっと読む)


【課題】リンペプチド/リンタンパク質によって安定化された無定形リン酸カルシウムおよび/または無定形リン酸フッ化カルシウムの超増量複合体を提供すること。
【解決手段】本発明は、リンペプチドまたはリンタンパク質(PP)によって安定化された無定形リン酸カルシウムまたは無定形リン酸フッ化カルシウムの複合体であって、PP1モル当たりのカルシウムが約30モルよりも高いカルシウムイオン含量を有する複合体を提供する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、知覚過敏を顕著に抑制することができ、かつ、根面う蝕を含む象牙質う蝕を顕著に予防することができる技術を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、(A):乳清および/またはラクトフェリン、(B):フッ素化合物および(C):硝酸、塩酸、リン酸および硫酸から選ばれる酸のカリウム塩およびナトリウム塩よりなる群から選ばれる少なくとも1種の塩を含有する、口腔用組成物およびその用途を提供する。 (もっと読む)


【課題】歯のエナメル質又は象牙質へのフッ素イオンの取り込み量を増大させて、歯の耐酸性を向上させ、う蝕抑制効果に優れた口腔用組成物を提供する。
【解決手段】 次の成分(A)、(B)、(C)、(D)及び(E):
(A)フッ素イオン供給化合物をフッ素原子換算で0.002〜5質量%、
(B)20℃における水に対する溶解度が30質量%以下である糖アルコール、
(C)水 10〜25質量%、
(D)グリセリン、及び
(E)粘結剤 0.1〜1.2質量%
を含有し、成分(C)と成分(D)の質量比(C:D)が3:1〜1:3であり、かつ、成分(C)と成分(B)の質量比(C:B)が3:2〜1:3.5である口腔用組成物。 (もっと読む)


【課題】トレハロース等の二糖類とフッ素イオン供給化合物とを併用しながら、歯のエナメル質又は象牙質へのフッ素イオンの取り込み量を増大させることによって、歯の耐酸性を向上させ、う蝕予防効果を充分に期待できる口腔用組成物を提供する。
【解決手段】次の成分(A)、(B)及び(C):
(A)20℃における水に対する溶解度が50質量%以下である二糖類 25〜50質量%、
(B)水 10〜40質量%、及び
(C)フッ素イオン供給化合物 フッ素原子換算で0.002〜5質量%
を含有し、成分(A)と成分(B)の質量比(A/B)が1〜4である口腔用組成物。 (もっと読む)


1 - 10 / 148