インクジェット記録ヘッド用クリーニング装置、およびインクジェット記録装置

【課題】 複数色のノズル列間の混色を抑え、予備吐出位置を記録媒体側に近づけスループットを向上させる。
【解決手段】 複数色のインクを吐出するため複数のノズル列を持った記録ヘッドの前記ノズル列を覆うためのキャップと記録ヘッドのノズル形成面をノズル列方向にワイピングするためのワイパーブレードを備えたインクジェット記録装置の記録ヘッド用クリーニング装置において、記録ヘッドのキャッピング位置がワイピング位置より記録媒体に近い構成とする。
特にはキャップの記録媒体側端面とワイパーブレードの記録媒体側端面を略同一面に配置した構成とする。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、インクジェット記録ヘッドをクリーニングするインクジェット記録ヘッド用クリーニング装置、およびそれを備えたインクジェット記録装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
シリアルスキャン方式のカラーインクジェット記録装置に用いられるインクジェット記録ヘッドは、記録媒体の搬送方向に整列した複数色のノズル列を持っているため各ノズル列が混色しないようにノズル列方向にワイピングする必要があった。特に他のインクと混合したときにその着色剤成分と反応して沈殿物を生成しうる反応性成分を含む反応インクを使用する場合は確実に混色を防止する必要がある。
【0003】
近年装置の小型化やインクの記録紙に対する着弾精度の向上、またはキャリッジの移動距離の短縮による記録時間短縮のため各色に対応した各ノズル列間の距離を可能な限り縮めている。また、多色化、高速印字化のためノズル数が増えると吐出制御用の電極配線が増えるためノズル列周囲に電極配線領域が必要となりノズル形成面がキャッピング範囲に対し必要以上に大きくなってしまう。
【0004】
従来例としては、例えば特許文献1と特許文献2をあげることが出来る。
【特許文献1】特開2000−14677号公報
【特許文献2】特開2000−198211号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
このため記録ヘッド用クリーニング装置においても、キャップに対しワイパーブレードが大きくなるためキャップの両脇がデッドスペースとなり記録ヘッド用クリーニング装置を小型化する障害となっていた。
【0006】
また、記録媒体に印字する前に行なう予備吐出をキャップ内にする場合、記録ヘッドをキャップ上まで移動させる分印字時間が長くなっていた。
【0007】
本発明は、複数色のノズル列間の混色を抑え、スループットを向上させる記録ヘッド用クリーニング装置とこの記録ヘッド用クリーニング装置を備えたインクジェット記録装置とを提供する事を目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記目的を解決するための本発明の構成は、複数色のインクを吐出するため複数のノズル列を持った記録ヘッドの前記ノズル列を覆うためのキャップと記録ヘッドのノズル形成面をノズル列方向にワイピングするためのワイパーブレードを備えたインクジェット記録装置の記録ヘッド用クリーニング装置において、記録ヘッドのキャッピング位置をワイピング位置より記録媒体に近い位置に構成したこと特徴とする記録ヘッド用クリーニング装置である。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、複数色のノズル列間の混色を抑え、スループットを向上させる記録ヘッド用クリーニング装置とこの記録ヘッド用クリーニング装置を備えたインクジェット記録装置とを提供する事ができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
発明の実施形態を図1に基づいて説明する。
【0011】
(インクジェット記録装置)
(構成の説明)
図1は本発明を採用したインクジェット装置の一実施例の概略斜視図であり記録ヘッド用クリーニング装置と画像形成部を示す。
【0012】
図1において、2は記録手段である記録ヘッドであり、前記記録ヘッド2は記録媒体である記録紙5に対向した面に主走査方向(矢印A方向)と略直交した方向に複数のノズル列を持ち、各ノズル列ごとに異なるインクを吐出する。
【0013】
記録ヘッド2はキャリア3上に載置されており、キャリア3は、不図示のフレームに両端部が固定され互いに平行に配置されたガイドシャフト4に沿って摺動可能に支持されている。なお、このキャリア3は不図示のベルト駆動装置とモータとにより往復駆動される。
【0014】
記録紙5はローラなどの搬送手段により矢印B方向に搬送され、キャリア3の往復駆動と連動し記録ヘッド2から吐出されたインク滴を受け画像を形成する。
【0015】
キャリア3の移動範囲の一端付近に設けられたホームポジションには、記録ヘッド2と対向可能な位置に記録ヘッド用クリーニング装置1が配設されている。記録ヘッド用クリーニング装置1には、キャップ6が設けられ不図示の駆動機構により上下に移動可能となっている。また不図示の部分で吸引用の負圧発生手段と連通している。キャップ6は反応しあうインクを分けるためキャップが2個設けられている。また、ブレードホルダー8にはワイパーブレード7が取り付けられており不図示の駆動機構により矢印C方向に往復運動するように構成されている。ワイパーブレード7は反応インクが混色しないように中央にスリットを設けている。また、キャリア2との位置決め用のキャリアロック9は不図示の駆動機構により上下に移動可能となっている。
【0016】
記録ヘッド用クリーニング装置1は待機中、記録動作前後もしくは一行毎の記録の合間に作動し、記録ヘッド2の目詰まりを防止するなど性能を保持するために、キャッピング、吸引、ワイピングなどの動作を行う。
【0017】
(動作の説明)
図2〜図4は記録ヘッド用クリーニング装置1を上面から見た平面図であり、向かって左側が画像形成部側(記録紙5側)である。
【0018】
図2において、キャップ6は記録ヘッド用クリーニング装置1内において画像形成部側端面近傍に配設されている。記録紙5に印字する際、予備吐出をキャップ内に行なっているがキャリア3は最小限の移動で予備吐出位置であるキャップ6に到達するので印字時間を短縮する事ができる。
【0019】
またワイパーブレード7の端面もキャップ6の画像形成部側端面と略同一面に配設されている。この配置によれば記録ヘッド用クリーニング装置1内のキャップ6の画像形成部側に無駄な空間が無くなる。また、キャップ6の画像形成部と反対側には空間10が形成される。この空間10内にブレードホルダー8を往復運動させる駆動機構を配設する事ができるためデッドスペースが無くなり記録ヘッド用クリーニング装置1を小型化することが出来る。
【0020】
図3はキャッピングまたは吸引時の状態を示す。尚図3、4においてキャリア3は分かりやすいように一点差線により示している。所定時間印字命令がない場合キャリア3は図3に示すキャップ6の略中央上方まで移動し、キャリアロック9が上昇する。キャリア3に設けられた係合穴(不図示)にキャリアロック9が係合し記録ヘッド2のノズル列とキャップ6の位置決めが行なわれる。次にキャップ6を上に移動させることによりキャッピングが完了する。
【0021】
次に記録ヘッド2のクリーニング動作について述べる。
【0022】
この状態で負圧発生手段を動作させる事によりインク吸引が行われる。インク吸引後キャップ6とキャリアロック9は下降しキャリア3は移動可能となる。
【0023】
図4はインク吸引により記録ヘッド2のノズル形成面に付着したインクを拭取るためワイピング位置にキャリア3が移動した状態を示す。図4の位置にキャリア3が移動した後キャリアロック9が上昇し図3において記載した係合穴と違う位置に設けられたもう一つの係合穴(不図示)に係合しワイピングのための位置決めをした後、ブレードホルダー8を向かって下方に移動させる事によりワイパーブレード7が記録ヘッド2のノズル形成面を拭取る。ワイパーブレード7には略中央にスリットが設けられているため反応インクは混色しない。
【0024】
以上説明したように本発明におけるインクジェット記録ヘッドをクリーニングするインクジェット記録ヘッド用クリーニング装置、およびそれを備えたインクジェット記録装置によれば装置の小型化が可能となり、印字時間の短縮が行なえ、各色のノズル間の混色を抑える事が出来る。
【図面の簡単な説明】
【0025】
【図1】本発明を採用したインクジェット装置の一実施例の概略斜視図。
【図2】記録ヘッド用クリーニング装置1を上面から見た平面図。
【図3】キャッピングまたは吸引時の状態を示す図。
【図4】インク吸引により記録ヘッド2のノズル形成面に付着したインクを拭取るためワイピング位置にキャリア3が移動した状態を示す図。
【符号の説明】
【0026】
1 記録ヘッド用クリーニング装置
2 記録ヘッド
3 キャリア
4 ガイドシャフト
5 記録紙
6 キャップ
7 ワイパーブレード
8 ブレードホルダー

【特許請求の範囲】
【請求項1】
複数色のインクを吐出するため複数のノズル列を持った記録ヘッドの前記ノズル列を覆うためのキャップと記録ヘッドのノズル形成面をノズル列方向にワイピングするためのワイパーブレードを備えたインクジェット記録装置の記録ヘッド用クリーニング装置において、
記録ヘッドのキャッピング位置をワイピング位置より記録媒体に近い位置に構成したこと特徴とする記録ヘッド用クリーニング装置。
【請求項2】
前記キャップの記録媒体側端面と前記ワイパーブレードの記録媒体側端面を略同一面に配置したことを特徴とする請求項1に記載の記録ヘッド用クリーニング装置。
【請求項3】
複数色のインクを吐出するため複数のノズル列を持った記録ヘッドを用いて記録媒体に記録を行うインクジェット記録装置において、
請求項1又は請求項2に記載の記録ヘッド用クリーニング装置を有することを特徴とするインクジェット記録装置。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate


【公開番号】特開2007−160616(P2007−160616A)
【公開日】平成19年6月28日(2007.6.28)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2005−357828(P2005−357828)
【出願日】平成17年12月12日(2005.12.12)
【出願人】(000001007)キヤノン株式会社 (59,756)
【Fターム(参考)】