説明

株式会社ニデックにより出願された特許

1 - 10 / 745



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】 本発明によれば、診断に有用な情報を提供する。
【解決手段】 光源から発せられた光を眼底上で二次元的に走査する光スキャナと、光源から発せられた測定光と参照光との干渉状態を検出する検出器と、を有し、被検者眼眼底の断層像を得るための光コヒーレンストモグラフィーデバイスと、光コヒーレンストモグラフィーデバイスによって取得された断層像を処理して視機能に関連する網膜層の有無を判定し、判定結果に基づいて解析情報を作成する解析手段と、を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 未使用時に眼内レンズの保管状態を安定して維持し、簡単な操作で眼内レンズの規制を解除する眼内レンズ挿入システムを提供する。
【解決手段】 眼内レンズ挿入システムは、軟性の眼内レンズを折り畳むためのインジェクターと、インジェクターを固定保持するホルダを備える。インジェクターは眼内レンズを折り畳む内壁を有し,眼球の切開創から折り畳まれた前記眼内レンズを挿入する挿入部と、挿入部が先端に設けられた筒部本体であって,押出軸上に置かれた眼内レンズを押し出すための押出手段が軸方向に進退移動可能に設けられた筒部本体と,筒部本体に設けられ,眼内レンズを保管する保管位置から押出手段による眼内レンズの押出を行うための押出位置に眼内レンズを移動させるためのレンズ移動部とを備え、ホルダにはレンズ移動部の押出方向への移動を規制する規制部材が設けられている。 (もっと読む)


【課題】 精度の高いIOL度数の決定をすることができる。
【解決手段】 被検眼前眼部からの反射を検出して前眼部断面画像を得る前眼部撮像デバイスと、前眼部撮像デバイスによって取得された前眼部断面画像に基づいて水晶体前面からチン小帯と水晶体の接点までのオフセット距離を求め、眼の前房深度に前記オフセット距離を加えることにより予測術後前房深度を算出し、予測術後前房深度を用いて眼内レンズの度数計算を行う度数計算ユニットと、を備える。 (もっと読む)


【課題】 長期間安定して動作できるコネクタを有する体内埋植装置を提供する。
【解決手段】 体内埋植装置は、メス端子を備えたメスコネクタハウジングとオス端子を備えたオスコネクタハウジングとの分割及び接続により体内装置に接続されるケーブルを所定位置で分割及び接続するためのコネクタ部とを有する。コネクタ部は、メスコネクタハウジング内に設けられる絶縁性及び弾性を有する弾性部材であって,メス端子を通過させるための複数の貫通孔が形成された弾性部材を備え、弾性部材はメスコネクタハウジングとオスコネクタハウジングとの接続により加えられる圧縮応力で弾性変形しメス端子を周囲から押圧する。 (もっと読む)


【課題】 インジェクターを用いて眼内レンズを小さく折り畳むことができ、眼内で安定して保持できる眼内レンズを提供する。
【解決手段】 折り曲げ可能な眼内レンズの支持部は、眼内レンズの折り曲げ時に支持部全体を内側に向けて撓ませる際の基点となる括れ部を有する基端部と、人眼の水晶体嚢に沿う湾曲形状を有し眼内レンズの折り曲げ時に光学部上に載せられる先端部と、基端部と先端部とを繋げる移行部を備える。また、移行部は基端部に繋げられる部分の幅に対して先端部に繋げられる部分の幅が狭く形成されると共に、基端部から先端部に向けて厚さが薄く形成され、移行部によって先端部の厚さは基端部の厚さよりも薄く形成されている。 (もっと読む)


【課題】 定量的な評価に適した眼底断層像を取得できる。
【解決手段】 光源から出射された光を測定光と参照光に分割し、測定光を被検眼眼底に導き,参照光を参照光学系に導いた後、眼底で反射した測定光と参照光とが合成された光のスペクトルを受光素子に受光させる干渉光学系と、測定光の光路中に配置され,眼底上で前記測定光を走査する光スキャナと、受光素子から出力されるスペクトル信号をフーリエ解析して眼底断層像を得る眼底断層像撮影装置において、光スキャナを制御して、撮影条件の異なる複数のスキャンを順次行うと共に、各スキャンによって取得される複数の眼底断層像が光路長一致位置の近傍で取得されるように各スキャンに応じて、測定光と参照光の光路差を調整する制御手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】 昼と夜で変化する被検者眼の視力値の差を検査できる装置を提供する。
【解決手段】 多数の画素を持つ表示パネルと該表示パネルを背後から照明するバックライトとを有するディスプレイを備え、前記表示パネルの各画素の透過率を変更して前記ディスプレイの画面の白地背景の中に黒色の視力値検査視標を表示する視標呈示装置において、白地背景が明るい第1輝度で視力値検査視標を表示する昼間検査モードと,白地背景が前記第1輝度よりも低い第2輝度で視力値検査視標を表示する夜間検査モードと,を切換えるモード切換手段と、昼間検査モードでは前記第1輝度となるように前記バックライトの光量及び各画素の透過率を制御し、夜間検査モードでは前記第2輝度となるように昼間検査モード時に対して少なくとも各画素の透過率をさらに低下する制御を行う制御手段と、を備える。 (もっと読む)


1 - 10 / 745