帝國製薬株式会社により出願された特許

1 - 10 / 44


【課題】従来技術における低温火傷の防止や化粧効果の向上を含めて眼精疲労の回復が図れるような実用的な目用温湿化粧水シートを提供する。
【解決手段】目用温湿化粧水シートは、空気の存在によって発熱反応をする発熱部材3を不織布で形成した表面シート1と裏面シートとの間に挟み、裏面シートに含水親水性ゲル剤からなる粘着シートを取り付けた目用温湿化粧水シートであって、前記粘着シートの含水親水性ゲル剤中に少なくともヒアルロン酸ナトリウム若しくは酢酸トコフェロールを含んでいる構成としたことによって、眼精疲労の回復だけでなく、保湿性が良く肌荒れ改善について顕著な効果を期待できる。 (もっと読む)


【課題】 ロキソプロフェンナトリウムと有機酸との反応により生じる分解生成物の生成を抑制し、高い主薬の安定性を備えた、ロキソプロフェンナトリウム含有外用貼付剤を提供すること。
【解決手段】 ロキソプロフェンナトリウムと、有機酸、およびアルミニウムグリシネートを含有することを特徴とする外用貼付剤であり、特に有機酸が乳酸であり、アルミニウムグリシネートの配合量が、0.001〜5重量%であるロキソプロフェンの安定性を図った外用貼付剤である。 (もっと読む)


【課題】フェニルプロピオン酸系に属する非ステロイド系消炎鎮痛剤であるイブプロフェン、ケトプロフェン、スプロフェン、ロキソプロフェンナトリウム、フェノプロフェン及びフルルビプロフェン又はジクロフェナクナトリウム又はピロキシカムを少なくとも一種以上含有する貼付剤において含有した薬物の保存安定性が優れた貼付剤の提供。
【解決手段】フェニルプロピオン酸系に属する非ステロイド系消炎鎮痛剤であるイブプロフェン、ケトプロフェン、スプロフェン、ロキソプロフェンナトリウム、フェノプロフェン及びフルルビプロフェン又はジクロフェナクナトリウム又はピロキシカムから選ばれる少なくとも一種以上をポリエチレングリコールに溶解させた後、粘着基剤中に均一に分散させる。 (もっと読む)


【課題】貼付剤の粘着力を低下させることなく、無意識かつ容易に剥離フィルムを剥がすことができる剥離フィルムを被覆した貼付剤を提供することを課題とする。
【解決手段】支持体と該支持体の一面の略全面に展着された粘着性を有する含水性の膏体と、前記膏体に貼着される膏体面より大きな剥離フィルムを備えたことを特徴とする外用貼付剤であり、膏体に貼着される膏体面より大きな剥離フィルムが、膏体面において突出する膏体に対する非貼着部を備えたものである外用貼付剤。 (もっと読む)


【課題】膏体保持性及び保水性に優れ、膏体中の薬剤の昇華を抑制して薬効持続性を向上させ、薄くて良好な伸縮性により拘束感やゴワツキを感じず、透湿性を制御してベタツキも感じ難い着用感の良好な水性膏体用貼付支持体の提供。
【解決手段】不織布層Aおよび不織布層B間に貫通孔を有するフィルム層が積層された三層からなる積層体であって、そのフィルム層がオレフィン系エラストマーを含有する樹脂で構成され、貫通孔が1個当りの面積が0.02〜0.18mmの貫通孔であり、開孔率が1〜10%である積層体からなる水性膏体用貼付支持体。 (もっと読む)


【課題】適度な通気性を備え、膏体からの水分蒸発を調整し、膏体の粘着力を長期間維持することができ、長時間貼付可能水性貼付剤並びにそれに使用される支持体の提供。
【解決手段】膏体を保持するための内繊維層と通気性を有する外繊維層の間に、貫通孔を設けたフィルム層を配し、三層からなる支持体及びその内繊維層側に膏体を配してなる水性貼付剤。 (もっと読む)


【課題】活性成分であるケトプロフェンを含有する貼付剤において、ケトプロフェンの優れた経皮吸収性と安全性を備え、かつ、高い保存安定性を有する貼付剤を提供すること。
【解決手段】ケトプロフェン、アミン類、およびポリエチレングリコールを含有してなることを特徴とする水性貼付剤であり、膏体中、ケトプロフェンの配合量が0.1〜5重量%、アミン類の配合量が0.5〜10重量%、およびポリエチレングリコールの配合量が5〜30重量%であり、特に、アミン類としてジイソプロパノールアミンを用いる水性貼付剤である。 (もっと読む)


【課題】薬物導入用の電極層を薬物貯留層に簡易な手法で強力に接着でき、薬物の導入時においても安定的に薬物貯留層を保持できる、イオントフォレーシス用の電極装置を提供する。
【解決手段】基材6上に、主電極層3と副電極層1を互いに絶縁した状態で固定する。主電極層3は薬物導入用であり、副電極層1は基材6上に薬物貯留層5を保持するために設けられている。薬物貯留層5は、主電極層3および副電極層1と接触して、基材6上に配置される。薬物貯留層5は、ハロゲン化合物を含有したゲルであり、副電極層1は、水素よりもイオン化傾向が小さい金属で構成されていて、薬物貯留層5と副電極層1に通電することで当該両層が固定される。このようにして、薬物貯留層5を、主電極層3に接触した状態で基材6上にしっかりと保持できる。 (もっと読む)


【課題】フェルビナクの可溶化剤を最終製剤中に実質的に含有しなくとも、フェルビナクの高い放出性を示すフェルビナク含有経皮吸収製剤であり、リドカインとフェルビナクを配合した貼付剤において、リドカインの放出性を損なうことなく、フェルビナクの放出性を示すことが可能である貼付剤を提供すること。
【解決手段】有効成分としてフェルビナク、及び吸収促進剤としてリドカイン又はその薬学的に許容される塩を含有してなることを特徴とするフェルビナク含有経皮吸収貼付剤であり、特にフェルビナクの含有量が薬物含有膏体全重量に対して0.1〜10重量%であり、リドカイン又はその薬学的に許容される塩の含有量が薬物含有膏体全重量に対して0.01〜20重量%であるフェルビナク含有経皮吸収貼付剤である。 (もっと読む)


【課題】 梱包箱内に多数の製品を収納(充填)する作業が容易に行えると共に、梱包箱から充填された製品を取り出す場合においては、必要な数量の製品を容易に、しかも即座に取り出すことが可能となる、梱包箱仕切り構造体の提供。
【解決手段】 天面を開口部とする梱包箱内に、1個又は複数個積載して載置され、その内部に梱包される複数の製品を収納する梱包箱仕切り構造体であって、
前記仕切り構造体は、一枚の略矩形の段ボールシートからなり、該シートの両対向片を底部が平面となるU字型に折り曲げることにより立ち上がり側面部を形成し、且つ折り曲げられた立ち上がり側面部は、梱包箱の内壁及び/又は梱包箱内に設けた間仕切り面に当接するよう形成されており、当該立ち上がり側面部の両端部において相向かい合う方向へ折り曲げることにより突出された取手部を設けたことを特徴とする前記梱包箱仕切り構造体である。 (もっと読む)


1 - 10 / 44