バイエル ファーマ アクチエンゲゼルシャフトにより出願された特許

1 - 10 / 357


【課題】本発明は、医薬活性剤を含む経皮用パッチのためのポリマーフィルムに関する。
【解決手段】前記ポリマーフィルムは、医薬活性剤のための少なくとも1つの分解促進剤を有する1又は複数の層を含んで成る。本発明のポリマーフィルムは、ゲスタゲン、エストロゲン又はアンドロゲンの群からの医薬活性剤を含むパッチと組合し、それらのパッチ、例えばホルモン置換療法及び受精能調節のためのパッチの環境に優しい廃棄のために使用され得る。 (もっと読む)


【課題】新規な経口避妊薬の提供
【解決手段】吉草酸エストラジオール又はエストラジオールとジエノゲストとの前記組合わせにおいて、3mgの吉草酸エストラジオール又は3mg以下のエストラジオールの2つの毎日の用量単位から成る第1段階;2組の毎日の用量単位を包含する第2段階、ここで前記第1組が2mgの吉草酸エストラジオール又は2mg以下のエストラジオールと2mgのジエノゲストとの組合わせの5つの毎日の用量単位を含んで成り、そして前記第2組が2mgの吉草酸エストラジオール又は2mg以下のエストラジオールと3mgのジエノゲストとの組合わせから成る17の毎日の用量単位を含んで成り;1mgの吉草酸エストラジオール又は1mg以下のエストラジオールの2つの毎日の用量単位からなる第3段階;及び医薬的に無害なプラシーボの2つの毎日の用量単位の追加の段階を含んで成る。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ホルモン避妊薬の一定の延長された使用に関連する出血問題を管理するために有用なホルモン避妊薬のための柔軟な延長された使用療法、及びそれぞれのホルモン避妊薬を含む医薬パッケージに関する。
【解決手段】1日当たり5〜30μgの量でのエチニルエストラジオール又は1日当たり5〜30μgのエチニルエストラジオールに等価の量でのもう1つの合成又は天然エストロゲンの活性調製物、及び女性への避妊量でのプロゲスチンの、女性により所望されるできるだけ長い間の第1の最少期間の単相連続投与を含んで成り、前記期間の後、女性は、1〜6日の前記活性調製物の投与において中断を開始し、そして前記中断に続いて、前記第1の最少期間の少なくとも持続期間の少なくとも1回の追加の投与周期を伴う、女性ホルモン避妊のための組成物。 (もっと読む)


【課題】避妊薬の信頼性を保証しつつ、出血回数を減少させるという前提に従って、経口避妊方法及び、投与形態をさらに発展させること。
【解決手段】複数の順序のある服用期間内でのホルモンによる避妊方法であって、各服用期間内では一定期間継続する服用フェーズと、数日間持続する休薬フェーズを含む服用サイクルを少なくとも1含み、ここで服用フェーズの日ごとの投与は、少なくとも1の避妊作用性ホルモン成分を含む日用投与単位として行われ、かつ、休薬フェーズにおける投与は、ホルモン成分を含まないプラセボとして行われるか、又は全く投与されないままであり、そして少なくとも最後の服用期間の服用フェーズの持続時間は、少なくとも22日間であり、ここで後続の服用期間に先行する服用期間内の各服用フェーズの持続時間が、上記の後続の服用フェーズよりも短かいことを特徴とする、前記ホルモンによる避妊方法。 (もっと読む)


【課題】リポキシンA4類似体類の提供。
【解決手段】式の化合物は、ヒトにおける炎症及び自己免疫疾患の処理において有用である単一の立体異体としての化合物、立体異性体の混合物、又は立体異性体のラセミ混合物。また、肺又は呼吸気管炎症の処理においても有用である。
(もっと読む)


本発明は、押し出し式の少なくとも1つの注入液体容器(10)を有する注入器(8)が挿入されるキャリアハウジング(4)と、注入器(8)を作動させるのに注入方向(R)に沿って駆動される作動装置(12)とを備える注入装置(2)であって、前記作動装置は、穿孔キャリッジ(14)と、注入器(8)用レセプタクル(18)と、穿孔キャリッジ(14)に対して変位される注入キャリッジ(16)とを備え、前記注入キャリッジは注入器(8)のプランジャ(50)に作用する作動プランジャ(48)を有し、穿孔キャリッジ(14)および注入キャリッジ(16)は、加力手段によって作動されて少なくとも穿孔ストロークと注入ストロークとを実行し、注入器(8)の穿孔深さ(tE)が設定される注入装置(2)に関する。このために、レセプタクル(18)は、注入方向(R)に調整可能に穿孔キャリッジ(14)に取り付けられる。
(もっと読む)


本発明は、薄い水溶性フィルム(ウェーハ)の形態をしたドラッグデリバリー組成物であって、エストロゲンおよび/またはプロゲスチンおよび/または5‐メチル‐(6S)‐テトラヒドロフォレートのアルカリ土類金属塩でない少なくとも一の活性成分、および少なくとも一の保護剤を含む粒子を含む、組成物を記載する。保護剤は、口内での活性成分の制限された放出の目的で、活性成分の効果的な味覚マスキングを提供する。活性成分は、従って、頬側経路ではなく、むしろ腸内経路(口腔による)を経由して吸収される。本発明により提供されるウェーハ中に含まれる粒子は、40μm未満の粒子サイズを有し、それにより、溶解の間、口内において許容できる結果となる。そのようなウェーハは、特に小児科使用のために適当である。 (もっと読む)


本発明は、5−メチル−(6S)−テトラヒドロ葉酸のアルカリ土類金属塩の結晶体、および少なくとも1つの保護剤を含んでなる小さな安定化粒子に関する。かかる粒子は、5−メチル−(6S)−テトラヒドロ葉酸のアルカリ土類金属塩に安定性を与えるので、ウエハーなどの単位剤形に都合よく組み込まれる。 (もっと読む)


【課題】VEGFR-2及びVEGFR-3阻害アントラニルアミドピリジンアミド、執拗な脈管形成により引き起こされる疾病の処理のための薬剤としてのその生成及び使用、及び前記化合物の生成のための中間体が開示される。
【解決手段】前記化合物は、例えば腫瘍又は転移性増殖、乾癬、カポジ肉腫、再狭窄、例えばステント誘発性再狭窄、子宮内膜症、クローン病、ホジキン病、白血病;関節炎、例えばリウマチ様関節炎、血管腫、血管線維腫、眼疾患、腎疾患、線維症性疾患、動脈硬化、などの治療に使用され得る。 (もっと読む)


確実で簡素な様式で薬剤回分量Taの投与を監視するために、本発明は、薬剤回分量Taの供与器のためのディスプレイ・デバイスであって、上記薬剤回分量は規則的に反復される基準投与時刻にて投与することが必要であり、且つ、当該ディスプレイ・デバイスは、ディスプレイ1と、該ディスプレイのための電子式起動手段とを備えて成る、ディスプレイ・デバイスにおいて、上記ディスプレイは、第1の基準投与時刻と現在時刻との間の第1の時的間隔を表示する第1視覚化手段30、40を備えて成り、且つ、上記第1の基準投与時刻は、該第1の基準投与時刻まで何らの薬剤回分量も服用されなかった点において区別されることを特徴とするディスプレイ・デバイスを提供する。
(もっと読む)


1 - 10 / 357