説明

国立大学法人静岡大学により出願された特許

111 - 120 / 416


【課題】実際の光環境を簡易に評価できる方法は未だ無い。
【解決手段】評価対象の複数の光源を含む光環境を、比視感度とメラトニン分泌抑制感度とで撮影して、それぞれの感度の撮影画像を取得し、それぞれの感度の撮影画像において、各光源の光源領域を抽出し、各光源の光源領域内の画素の画素値を積算することで、各光源に関する比視感度のもとでの明るさ量とメラトニン分泌抑制感度のもとでのメラトニン分泌抑制成分量とを算出し、各光源の光特性を前記明るさ量と前記メラトニン分泌抑制成分量とに基づいて推定し、その推定に基づいて光環境を評価する。 (もっと読む)


【課題】従来用いられてきた固体高分子電解質膜と比較して寸法変化が大幅に抑制され、且つ、従来品に匹敵するイオン伝導性を有する燃料電池用電解質膜を提供する。
【解決手段】スルホン酸基を有するフッ素系高分子電解質、並びに、少なくとも、芳香環と、当該芳香環と縮合しているか又は縮合していない環状イミドとを含み、これら芳香環及び環状イミドの間は直接又はただ一つの原子を介して結合されてなる構造を有する芳香族系繰返し単位、及び、シロキサン構造を含む構造を有するシロキサン系繰返し単位が連結してなる共重合ポリマーを含有することを特徴とする、燃料電池用電解質膜。 (もっと読む)


【課題】処理装置の構成を簡単にでき、発酵阻害物の生成を抑えて水溶性糖類の収率を向上させることによりペーパースラッジの資源としての利用率を向上させることができるペーパースラッジ由来の水溶性糖類製造装置提供する。
【解決手段】水溶性糖類製造装置は、処理温度が160℃〜240℃かつ処理圧力が5MPa〜10MPaの環境下に二酸化炭素を触媒として加えてペーパースラッジを加水分解処理する反応器20を備えている。反応器20は、生成物の液体成分と固体成分とを分離する固液分離装置21を備えている。また、水溶性糖類製造装置は、液体の生成物から二酸化炭素を回収して再利用するための気液分離装置43と、生成物に酵素を添加して酵素糖化するための酵素糖化装置50とを備えている。ペーパースラッジは、加水分解処理によって発酵阻害物の生成を抑えつつグリコシド結合にダメージが与えられ、さらに酵素糖化によりグリコールに分解される。 (もっと読む)


【課題】簡易な構造でリーク電流を低減しつつ、光検出効率を向上させること。
【解決手段】このフォトダイオード1は、シリコン基板2と、基板2上に形成された埋め込み絶縁層3と、埋め込み絶縁層3上の領域Aに形成された半導体層5と、半導体層5上に形成されたゲート絶縁層6と、ゲート絶縁層6上に形成されたゲート電極層7と、埋め込み絶縁層3上において領域Aを挟んで半導体層5に隣接して形成されたp型半導体層8及びn型半導体層9とを備え、ゲート電極層7には、入射光に応じた表面プラズモンによって近接場光を発生させる周期的な凹凸構造が、表面に沿って形成されている。 (もっと読む)


【課題】高分岐のN型糖鎖を簡便に検出および分別する方法を提供する。
【解決手段】3本鎖以上の複合型N型糖鎖の検出および分別方法において、ドクヤマドリレクチンを検出手段とする。この検出手段に、さらに、分岐度で親和性の異なるレクチンからなる検出手段や、シアル酸(±)糖鎖との親和性を有するレクチンからなる検出手段を組み合わせると、3本鎖以上の複合型N型糖鎖のさらに詳細な同定や分別が可能になる。 (もっと読む)


【課題】高い分解能を有するAFMを実現し得るプローブ及びカンチレバーと、それらプローブ及びカンチレバーを簡易且つ確実に製造することが可能な製造方法とを提供することを目的とする。
【解決手段】プローブ11を製造する場合、まず、シリコン基板30の腐食面で形成される溝31を形成し、溝31に窒化シリコン膜32を堆積する。続いて、窒化シリコン膜32上にフォトレジスト33を塗布し、溝31の底部にフォトレジスト33が残留するように露光及び現像する。続いて、フォトレジスト33で被覆された部分以外の窒化シリコン膜32を除去し、露出した溝31の上面に熱酸化処理を施して熱酸化膜34を形成する。続いて、フォトレジスト33で覆われている底部の窒化シリコン膜32を除去して溝31に金35を堆積し、その金35を熱酸化膜34で被覆する。そして最後に、シリコン基板30を除去する。 (もっと読む)


【課題】 装置を大型化せず、コンテナ内部に効率よく確実にプラズマを発生させることができ、滅菌対象物を確実に滅菌することができるプラズマ発生装置を提供する。
【解決手段】 電磁波を放出する板状の放射板8を有する電磁波発生装置2と、前記放射板8が配設され、密閉空間を形成するチャンバ3と、当該チャンバ3に備わるガス導入口4と、前記チャンバ内に備わる載置台10と、当該載置台10に載置され、滅菌対象物13を収容するための箱体状のコンテナ20とを備え、当該コンテナ20には通気口23が備わり、前記電磁波により、前記ガス導入口4から前記通気口23を介して前記コンテナ20内に導入されたガスをプラズマ化して前記滅菌対象物13を前記プラズマにより滅菌するプラズマ発生装置1であって、前記コンテナ20は前記放射板8に密着し、少なくとも当該密着部分が樹脂製である。 (もっと読む)


【課題】 十分な表面潤滑性および長時間において基材からのポリビニルピロリドン等の湿潤時潤滑性高分子の塗膜が剥離しない医療用具を製造する技術を提供すること。また、さらに、生体内に長時間担持しても安全性にも問題ない表面潤滑性に優れた医療用材を製造する技術を提供すること。
【解決手段】 医療用具の基材の表面を活性化処理する工程、該活性化処理した表面にポリビニルピロリドンを含有する塗膜を設ける工程、および該塗膜に活性エネルギー線を照射する工程を経て、前記活性化処理面に前記ポリビニルピロリドン等の湿潤時潤滑性高分子の塗膜を固定化した医療用具を製造する。 (もっと読む)


【課題】 光ファイバープローブを用いた気泡計測において、気泡弦長、気泡径、界面速度、気泡体積率等を正確に求めるために、プローブ先端と気泡との接触状態も併せて検出することができる。
【解決手段】 ファイバー軸に垂直な方向に対して少なくとも一部が傾斜している第1端面2,3を有する光ファイバーからなり、第1端面が液体中に配置されている光ファイバープローブ1と、光ファイバーの第1端面とは反対側の第2端面6から光を供給する光供給手段8と、光供給手段により供給された光が第1端面で反射して第2端面に戻ってくる、反射光量を計測する反射光量計測手段12と、反射光量の計測結果に基づいて液体中の気泡を計測する信号処理手段と、を有する気泡計測装置であって、信号処理手段は、第1端面が気泡に接触する前に発生する反射光量のプレシグナルに基づいて、第1端面と気泡との接触状態を判定する手段をさらに有する。 (もっと読む)


【課題】血液型A型糖鎖及びフォルスマン抗原糖鎖に対して高い特異性を示す新規レクチンを提供する。
【解決手段】本発明のレクチンは、(1)SDS電気泳動法による分子量が、10,000〜60,000であり、(2)ゲル濾過法による分子量が60,000〜100,000であり、(3)フォルスマン抗原糖鎖及びA型糖鎖に結合する特徴を有するカヤタケ属担子菌に由来するレクチンである。 (もっと読む)


111 - 120 / 416