説明

フリュー株式会社により出願された特許

51 - 60 / 210


【課題】撮影回数よりも多い数の撮影画像を編集対象画像の選択肢とする。
【解決手段】編集対象画像選択画面241の組み合わせ有タブ242が選択された場合、図19Aに示すように、すべての合成静止画像が自動的に編集対象画像に選択される。したがって、利用者は、被写体静止画像から分割された複数の領域の中から所定の枚数だけ編集対象画像を選択することになる。なお、すべての合成静止画像を自動的に編集対象画像に選択するのではなく、所定の枚数だけ利用者に選択させるようにしてもよい。組み合わせ無タブ243が選択された場合、図19Bに示すように、合成静止画像は編集対象画像とされない。したがって、利用者は、被写体静止画像から分割された複数の領域の中から所定の枚数だけ編集対象画像を選択することになる。本発明は、例えば、ゲームセンタ、ショッピングセンタ等に設置される写真シール作成装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】利用者による余計な操作を必要とせず、より簡単に、より見栄えのよい仕上がりの写真シールを提供する。
【解決手段】印刷制御部231は、カメラによって撮影された画像のシール紙への印刷を制御し、熱量設定部233は、画像について生成される撮影情報と転写熱量とを予め対応づけた対応情報に基づいて、撮影情報に対応づけられている転写熱量を、シール紙にオーバーコート層を印刷するための転写熱量として設定する。そして、印刷制御部231は、熱量設定部233により設定された転写熱量での、シール紙へのオーバーコート層の印刷を制御する。本発明は、例えば、写真シール作成装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】見映えを維持しつつ、別の縦横比を有する画像に変換する。
【解決手段】縦横比変換部17は、編集画像を特徴付ける形象を含まない部分であり、かつ、縦方向または横方向に両端まで伸びた部分である非特徴部分を追加することによって、携帯電話機の画面サイズの縦横比を有する編集画像に変換する。送信画像作成部15は、撮影画像から上記縦横比に適合する部分を抽出し、当該抽出部分と、縦横比変換部17が変換した編集画像とを合成することにより、送信画像を作成する。 (もっと読む)


【課題】より楽しみながら利用者が撮影を行うことができるようにする。
【解決手段】写真シール作成装置1においては、一連の写真シール作成ゲームのうちの撮影作業時に、被写体である利用者が動いた範囲がカメラにより取り込まれた動画像から抽出され、抽出された範囲内に柄や文字が見えるような前景画像が取り込み中の動画像に合成されて、その合成された動画像がライブビュー表示されるようになされている。例えば、ぞうきんで窓を拭くような真似をすることで柄や文字などを浮かび上がらせることのできる機能が実現される。本発明は、ゲームセンタ等に設置される写真シール作成装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】戦闘場面の臨場感をより高めることができるビデオゲーム装置を提供する。
【解決手段】ユーザの操作により動作するプレイヤキャラクタと、当該ユーザの操作によらず動作する敵キャラクタとが戦う戦闘場面を表示するゲーム装置10である。ゲーム装置10は、プレイヤキャラクタと敵キャラクタとが存在する3次元空間における、プレイヤキャラクタと敵キャラクタとの相対的な位置関係に基づき、敵キャラクタの一部を表示するメイン画像を生成するメイン画像生成部46と、敵キャラクタの全体像を表示し、且つ、その全体像においてメイン画像に表示された敵キャラクタの一部が識別可能となるように表示するサブ画像を生成するサブ画像生成部47とを備える。 (もっと読む)


【課題】写真シールのシール紙を利用者の希望により近いレイアウトで提供することができるようにする。
【解決手段】画面を操作することにより、利用者はシールレイアウトを「自由レイアウト」または「自動レイアウト」とすることができる。「自由レイアウト」は、シールレイアウトにおいて、例えば、予め設定された一部の領域に、利用者が選択した画像を挿入することができるようにしたレイアウトとされ、「自動レイアウト」は、シールレイアウトにおける全ての領域に配置される画像が自動的に選択されるレイアウトとされる。画面に示されるGUIの部品521−1を、タッチペン63−1でタップすることにより、「自由レイアウト」を選択することができる。 (もっと読む)


【課題】合成用画像の選択に係る利用者の満足度をより高めることができるようにする。
【解決手段】合成用画像パレット381は、小さい矩形に分割されており、この例では、20の矩形に分割され、この20の矩形のそれぞれが、選択すべき合成用画像の候補とされる。利用者がタッチペン18により、合成用画像パレット381内の矩形のいずれかを選択することにより、合成用画像を選択し、選択された合成用画像は、選択合成用画像表示領域382に順次表示されていく。合成用画像パレット381に表示された合成用画像の中で既に選択されて選択合成用画像表示領域382に表示された合成用画像には選択済であることを表すマークが表示される。 (もっと読む)


【課題】写真シール作成装置で撮影して得られた撮影画像に基づいて生成した画像を携帯端末に送信する場合において、携帯端末に送信するための画像を、より効率的に、かつより高い自由度で生成することができるようにする。
【解決手段】利用者の携帯端末に画像を送信する機能である携帯送信の機能が選択され、携帯送信用の画像の作成を行うことが選択された場合、撮影によって得られた撮影画像をシール紙に印刷する処理と並行して、携帯送信用の画像の作成が編集空間において行われる。携帯送信用の画像としてブログ画像を作成することが選択された場合、撮影画像のうちの好みの1枚を用いて、または複数枚を用いて、好みのレイアウトの画像を作成することが可能とされる。本発明は、写真シール作成装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】立体的な仕上がりの画像を得る。
【解決手段】境界領域設定部236は、撮影画像において、被写体の領域である被写体領域と、被写体領域以外の領域との境界を含む境界領域を設定し、合成画像ぼかし処理部231は、撮影画像に対してぼかし処理を施し、ぼかし撮影画像を得、色調整部232は、ぼかし撮影画像の色を調整し、色調整ぼかし撮影画像を得、抽出部237は、色調整ぼかし撮影画像から、境界領域に対応する部分の画像を抽出し、合成部238は、抽出された抽出画像と、撮影画像とを合成する。本発明は、例えば、写真シール作成装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】出来上がった写真シールに対するユーザの満足度を高めるべく、有意義な事前接客を行うことができるようにする。
【解決手段】携帯送信設定処理部221は、例えば、写真シール作成ゲームにおいて落書き編集等の編集処理が施された画像を、利用者の携帯電話機に送信するための設定などを受け付ける。被写体撮影設定処理部222は、カメラ51による被写体の撮影の際の光学的な設定、または、ソフトウェアによる画像処理などに係る設定などを受け付ける。合成用画像設定処理部223は、撮影された被写体の画像に合成する合成用画像の設定などを受け付ける。コンテンツ表示制御部224は、例えば、事前接客空間31で行うべき処理が終了した後、撮影空間32をまだ別の利用者が使用している場合に、ミニゲーム、景品の広告、写真シール作成ゲームの流れや遊び方等を案内するコンテンツの表示を制御する。 (もっと読む)


51 - 60 / 210