説明

ブリティッシュ・テレコミュニケーションズ・パブリック・リミテッド・カンパニーにより出願された特許

51 - 60 / 104


管内にケーブルを敷設する装置とともに使用するデバイスであって、該装置は前記ケーブルを前記管内へと機械的に推進する手段を含み、前記デバイスは、前記管内へとエアフローを方向付けるのに適しており、エアフローが内部へと方向付けられるボアであって、長さおよび長手方向軸を有するボアと、前記ボアからのボアの長手方向軸に沿ったエアフローを低減するシールド手段と、を備え、前記シールド手段は前記ボアの長さを延長し、前記ボアは前記シールド手段から形成されている、デバイス。
(もっと読む)


【課題】 電気通信配線フレームを提供する。
【解決手段】 この電気通信配線フレームは、一次汎用性スートで終わっている引込ケーブルに二次汎用性スートを介して接続されたスイッチを備えている。一次および二次汎用性スートは、装置内の接合された吹込みファイバ管をルーティングするための手段を有している。連続した吹込みファイバユニットが、接合された吹込みファイバ管を通って延びている。吹込みファイバ管汎用性モジュール(14)は、コネクタを備えてもよいパッチ接続パネル(11)を有している。このパネルの上方には、1組の曲り制御羽根またはマンドレル(24)が、パネルにおけるコネクタ部位の各々に1つずつ設けられている。パッチ接続管は、孔(99)を下方に通ってモジュールの背面のところで出てもよい。
(もっと読む)


小世界適応ネットワーク(SWAN)のタイプのネットワークに基づいたネットワーク化されたコミュニティーにおける自動公開及び取り出し。各コンピュータはUIDテンプレートに従った一意のIDを検出するために前記ネットワークのコンピュータの環境においてデータ項目を自動的に走査するプログラムをインストールする。UIDを含むと検出されたデータ項目ごとに、前記データ項目のネットワークのアドレスと関連する前記UIDを備えるデータレコードが作成される。ルールセットにより許可される場合、前記作成されたデータレコードは、ノードの識別情報として前記(ハッシュ化された)UIDを有する前記ノードを作成することによって、又は同じUID識別情報を有する既存のノードの共通IDリストに該データ項目の前記ネットワークアドレスを追加することによって、前記ネットワークに公開される。UIDに関する検索要求は、ノードを発見し、該ノードのリストの中のすべてのネットワークアドレスを取得し、要求者が対応するデータ項目ごとに取り出し要求を送信できるようにする。
(もっと読む)


ダイナミックシステムの特性を監視するための監視システムからのデータを分析するための方法及びシステムであって、前記監視システムは少なくとも1つの既知の正常な状態をダイナミックシステムに関する特性データに与え、前記分析システムは、監視システムから特性データを受信するための手段(100)と、ダイナミックシステムが既知の正常な状態にあるときにオペレータから確認情報を受信するための手段(101)と、受信された特性データと確認情報に応じて既知の正常な状態を示すデータを含む正常性モデルを引き出すための正常性モデリング手段(105)と、正常性モデルから将来の特性データを予測するための予測生成手段(105)と、予測された特性データと受信された特性データの許容できる差異を示す差異関数を提供するための差異関数提供手段(105)と、差異関数と併せて予測された特性データを受信された特性データと比較し、差異が差異関数を超える場合に異常性信号を生成するための比較手段(105)とを備える。
(もっと読む)


ビデオ監視システム(10)は、カメラ(25)と、パーソナルコンピュータ(PC)(27)と、ビデオモニタ(29)とを備える。PC(27)のハードディスクドライブ上にビデオ処理ソフトウェアが提供される。このソフトウェアは、カメラから受け取られる、取り込みビデオの個々のフレームを表すビデオデータに対して多くの処理操作を行うように構成されている。特に、このソフトウェアは、現フレーム内の1つまたは複数の前景ブロブを識別し、該ブロブまたは各ブロブを、1つまたは複数の前のフレームで識別されたオブジェクトとマッチさせ、次のフレームが受け取られる際に、該オブジェクトまたは各オブジェクトの動きを追跡するように構成されている。遮蔽イベント時にオブジェクトの識別情報を維持するために、画像位置に関して相互に近いブロブの外観モデルが生成される。一旦遮蔽が発生すると、遮蔽されたオブジェクトの奥行き順序を表す深度係数と組み合わせ、それぞれの外観モデルを使って、結果として生じるグループブロブが、マージされたオブジェクトの1つまたは他を表すものと分類される領域にセグメント化される。
(もっと読む)


本発明は光ケーブルに関し、特にそれに沿って光を導く(chanelling)ための軸方向に伸張するガラスストランドと、前記ガラスストランドの回りに置かれる外被層とを有する光ファイバに関し、前記外被層は流体ドラグの影響を受けて導管に沿った前記光ケーブルの前進を容易にするためのざらざらの外面を有し、軸方向に対する断面の前記ガラスストランドは100ミクロン未満の幅を有する。ケーブル内のガラスストランド (複数の場合がある)の幅の縮小により、ケーブルはより堅くなくなり、それは吹き付け技法を使用してケーブルを設置するときに特に有利となる。
(もっと読む)


1つのサービスに対するサーチが、前のサービスを提供するノードで開始されるような段階的なサーチによってネットワークのノードの間で分散されているサービスを利用するプロセスを提供するように、ネットワークを構成するための方法及び、構成可能なネットワーク。
(もっと読む)


【課題】映像フレーム内におけるスプリアス領域の識別
【解決手段】
デジタル映像監視システムにおいて、映像シーケンスにおいて動いているオブジェクトを表す前景領域を識別するために幾つかの処理段階が採用される。現在のフレーム内の候補オブジェクトと1つ以上の以前のフレームにおいて既に識別されているオブジェクトとの間の対応性を識別するためにオブジェクト追跡段階5も提供される。この方法により、前記前景オブジェクト又は各前景オブジェクトによってとられる経路を計算すること及びこの経路情報を軌跡データベースに格納することが可能である。追跡性能を向上させるために、オブジェクト追跡段階5は、特定のオブジェクトを追跡すべきかどうかを決定する状態遷移オブジェクト管理方式を採用する。前記オブジェクト管理方式の一部として、動き上の特徴に基づいて識別されるスプリアスオブジェクトが前記システムから削除される。この削除は、例えばノイズ又はランダムな動きを表している可能性がある不要なアーティファクトの追跡に貴重な処理資源が浪費されないようにする。 (もっと読む)


ノードを通るフローの過度要求の基準を決定し、前記過度要求の基準を、実質的に同様の経路状態を経験する準拠するフローの期待される過度要求に依存し、許容できる過度要求を示す基準と比較し、前記過度要求が前記許容できる過度要求に従うものでない場合に、考えられる処分に対して前記フローを指定することによって、データネットワーク内のフローを監視する方法及び装置。このような方法及び装置はデータネットワークの監視を可能にし、エンドツーエンド経路の特徴付け及び/又は前記データパケットの下流経路に関する情報を搬送するデータパケット内の1つ以上のフィールドが前記データネットワークを監視するために使用される。
(もっと読む)


方法は、それぞれの要求が確率パラメータ(P)を含むフィードバック(3)に対する複数の要求を、マルチキャストを受信する受信機に送信することを含む。各端末は対応する確率(4)でこれに応答する(または応答しない)。次に、各要求(5)に対する応答数(r)をカウントし、次に前記カウント及びパラメータから受信機(6)の数の推定値を求め、前記推定値(7)にフィルタをかける。この方法は、前記カウント及びパラメータから受信機の数(9、10、11)の上限を予測し、回答数が所定の閾値を超えるリスクが所定値未満に抑えられるように、これから新しい確率パラメータ(12)を決定することによって、以後のフィードバック要求に含まれる新しい確率パラメータを繰り返し計算することを、さらに含む。
(もっと読む)


51 - 60 / 104