説明

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモにより出願された特許

101 - 110 / 5,876


【課題】不必要なハンドオーバ制御を削減しつつ、ハンドオーバの遅れを発生させないことを可能とする。
【解決手段】本発明に係る移動局UEは、測定部13によって測定されたサービングセル及び周辺セルにおける無線品質、及び、パラメータ取得部12によって取得されたパラメータに基づいて、測定結果を通知すべきか否かについて判定するように構成されている判定部14と、判定部14によって測定結果を送信すべきであると判定された場合、かかる測定結果を無線基地局eNBに対して通知するように構成されている通知部15とを具備し、移動局UEがサービングセルと通信を開始してから第1所定期間以上経過した場合にのみ、判定部14は、測定結果を通知すべきか否かについて判定するように構成されている。 (もっと読む)


【課題】移動局間のフェアネスを確保しつつ、レイヤ2バッファに滞留するデータを制御する基地局及び通信制御方法を提供する。
【解決手段】基地局100は、レイヤ2バッファ103に蓄えられているデータのうち、レイヤ2バッファ103から破棄するデータを制御するバッファ制御部105と、レイヤ2バッファ103に蓄えることが可能なデータの移動局毎の上限値を保持する上限値保持部107とを備える。バッファ制御部105は、上限値保持部107によって保持されている上限値に基づいて、移動局毎に上限値を超えたデータをレイヤ2バッファ103から破棄する。 (もっと読む)


【課題】周波数帯域割当値の不要な変更を行わず、また、無線リソースを有効に活用することができる周波数帯域割当装置を得ること。
【解決手段】移動局に周波数帯域を割当てる周波数帯域割当装置であって、前記移動局から受信した信号の受信品質を測定する回線品質測定部26と、周波数割当要求を受信した場合に、前記要求の送信元である送信元移動局の受信品質に基づいて前記送信元移動局への割当周波数帯域を決定する無線リソース管理部27と、を備え、前記割当周波数帯域を前記送信元移動局へ通知する。 (もっと読む)


【課題】文書の集合からより効率的に定型文の判別を行うことができる定型文判別装置及び定型文判別方法を提供すること。
【解決手段】定型文判別装置1は、タグ付けされた文書の集合である文書集合100をタグに基づいて分類する文書分類部101と、文書分類部101によって分類された分類文書集合に含まれる各文書を特徴づける単語である特徴語を抽出する特徴語抽出部103と、特徴語抽出部103によって抽出された特徴語に基づいて、分類文書集合に含まれる各文書が定型文を含むか否かを判別する定型文判別部104と、を備える。さらに、定型文判別装置1は、検索クエリを入力するクエリ入力部108と、定型文判別部104によって定型文を含まないと判別された文書のうち、クエリ入力部108によって入力された検索クエリと関連する文書のタグを抽出し、当該タグを出力する推薦タグ出力部109と、を備える。 (もっと読む)


【課題】連絡先更新時に、特定のユーザに対して、登録されている連絡先を自動で更新する。また、特定のユーザに該当する人を適切に判断し、特定のユーザの携帯電話に登録されている自身の連絡先情報を自動で更新する。
【解決手段】複数ユーザ間のデータお預かりサービス用のストレージサーバ装置60a、60b、70a同士を連携させ電話帳情報を同期することによって実現する。連絡先を自動更新する対象となる特定ユーザは、家族割引、特定電話番号割引の契約情報に基づき判断する。またその判断は、連鎖的であり、ユーザの所属する家族割引、特定電話番号割引のグループから派生し、グループ内の別ユーザの所属する家族割引、特定電話番号割引と連鎖的に電話帳情報を更新する対象を拡げていく。更新の連鎖は、連絡先を変更したユーザの情報が該当のストレージサーバに存在しないユーザに到達した時点で終了する。 (もっと読む)


【課題】情報の受け手の興味に合っているか否か以外の基準も用いて情報を選別して提供する。
【解決手段】いずれか一のユーザの興味に関する語句を用いた検索によって得られた複数の検索結果を取得する。取得された複数の検索結果のうち、一のユーザの興味に関する語句と合致する度合い及びそのユーザ以外のユーザの興味に関する語句と合致する度合いが相対的に高い検索結果を特定する。特定された検索結果をユーザの通信端末に対して送信する。 (もっと読む)


【課題】フィーチャーフォンについて、スマートフォンと同様に、ユーザが意識することなく他のユーザの連絡先を自動的に更新させる。
【解決手段】スマートフォン電話帳情報保持部に保持されている電話帳情報の内容とスマートフォンと同一名義のフィーチャーフォンのフィーチャーフォン用電話帳情報の内容とを同一にするための同期処理を行い、その同期処理後のフィーチャーフォン用電話帳情報とフィーチャーフォンに保持されている電話帳情報の内容とを同一にするための同期処理を行う。こうすることにより、フィーチャーフォンについて、スマートフォンと同様に、ユーザが意識することなく他のユーザの連絡先を自動的に更新させユーザの通話サービスの利便性の向上を図ることができる。 (もっと読む)


【課題】カバーするエリアを複数に分割したエリアを単位として、基地局装置が制御情報を送信する場合に、端末装置における受信品質を改善すること。
【解決手段】複数の基地局装置を制御する無線制御装置は、基地局装置により、カバーするエリアを複数に分割したエリアを単位として制御情報が配信され、無線制御装置は、複数の基地局装置を同期させる手段と、各基地局装置がカバーする分割したエリアのうち、他の基地局装置がカバーする分割したエリアと重複する分割したエリアについて、該重複する分割したエリアをカバーする基地局装置に対して、該配信するタイミングが同じとなるように制御する手段とを有する。 (もっと読む)


【課題】多くのUEとパケットデータネットワークとの間でベアラが確立されている状態で、コアネットワーク装置において故障が発生した場合であっても、ネットワークの輻輳を回避する。
【解決手段】本発明に係る移動通信方法は、UEとパケットデータネットワークとの間のベアラが確立されている状態で、MMEが、S-GW/P-GW又はMMEにおける故障等の所定事由により該ベアラを切断する場合、UEに対して、規制時間を含む「PDN Disconnection Request/Detach Request」を送信する工程と、UEが、かかる規制時間の間は、かかるパケットデータネットワーク宛ての発信を規制する工程とを有する。 (もっと読む)


【課題】セル間干渉を効果的に除去して端ユーザのスループットを向上する。
【解決手段】セル間干渉除去方法は、中継局が、第1タイムスロットで、自局に隣接する基地局のカバー範囲内の移動端末から送信された信号を受信し、受信された信号に対して、ネットワーク符号化に基づく処理を行い、第2タイムスロットで、処理後の信号を、自局に隣接する基地局に転送する、ことを含む。該方法によれば、基地局は、中継局から転送された移動端末からの信号と、自局が直接に移動端末から受信した信号とを利用して、統合復号化を行って、自局の所要データを得ることができる。 (もっと読む)


101 - 110 / 5,876