説明

ボード・オブ・リージエンツ,ザ・ユニバーシテイ・オブ・テキサス・システムにより出願された特許

91 - 100 / 115


【課題】 非常に高感度かつ信頼できる定量性のある癌の診断試験方法およびそのためのキットを提供する。
【解決手段】 試験対象における初期段階のガンを検査する方法であって、下記工程を含む方法:a)生物学的標本を試験対象から得て(標本はガン細胞を含有する可能性のある混合細胞集団を含む);b)生物学的標本から細胞フラクションを調製し(ガン細胞が生物学的標本中に存在する場合に、細胞フラクションをガン細胞について豊富化する);ついでc)豊富化されたフラクションをガン細胞の存在について分析する(標本中のガン細胞の存在が試験対象中の初期段階のガンの存在を示す)。 (もっと読む)


ステントデリバリーシステムは、ステントを体腔に配置するのに用いられる。ステントを配置する間、直接的な視覚観察を容易にするため、内視鏡がステントデリバリーシステムに配置される。ステントデリバリーシステムは、内視鏡が配置される第一の導管を含む。内部に第一の導管が配置された第二の導管は、使用時に体腔内にステントを開放可能に配置する機能を有する。ステントデリバリーシステムは、使用時に第二の導管に対して第一の導管が動くのを阻止するロックを備える。第一の導管とステントに対して、第二の導管の末端部を引き込むことにより、体腔でステントが展開する。ステントデリバリーシステムの基端部の見えるところに設けた指標は、使用時のステントの展開像体を判断するのに役立つ。
(もっと読む)


本発明は、低分子およびペプチドと結合できる結合タンパク質を単離するための迅速なアプローチを提供することにより、先行技術の欠点を克服する。本技法では、抗体配列等の候補結合タンパク質のライブラリーをグラム陰性菌のペリプラズム内で発現させ、標識リガンドと混合する。リガンドに対する親和性を有する組換えポリペプチドを発現するクローンにおいて、結合タンパク質に結合する標識リガンドの濃度が増加し、これにより残りのライブラリーからの細胞の単離が可能となる。標的リガンドを蛍光標識する場合、蛍光活性化細胞分類法(FACS)により細胞を単離できる。本アプローチは先行技術の方法よりも迅速であり、ファージディスプレイで用いられるリガンド融合タンパク質の外表面発現に関連する問題を回避するものである。本発明者らはまた、開発したスクリーニング法を用いて最初に調製した改良抗体を提供した。 (もっと読む)


くも膜下腔に到達するために使用される様々な器具について記載される。いくつかの実施例においては、3個の主要部分、すなわち先端部、中間部、基端部を有するイントロデューサシースが開示される。先端部および中間部は第1屈曲部を形成し、中間部および基端部は第2屈曲部を形成する。これにより、器具全体の形状は、ほぼL字状、S字状、C字状、または三次元的なZ字状をなすことになる。イントロデューサシースを患者の皮膚に対して連結するための装置についても開示されており、イントロデューサシースの使用方法、賦形方法、および寸法についても開示されている。
(もっと読む)


本発明は、脊椎動物のくも膜下腔を進行するための方法及び装置に関し、装置を挿入位置から脊髄くも膜下腔へ経皮的に挿入する工程が含まれる。脊髄及び脳並びにそれらの周辺部の領域を含む、くも膜下腔又は頭蓋内腔における所望の位置に到達するために、脊髄くも膜下腔を進行する工程が開示される。所望の位置に到達すると、生理学的に変化させるために、その所望の位置を冷却又は加熱する方法及び装置が提案される。
(もっと読む)


癌を予防および治療するために化学療法剤または放射線療法剤と併用してCD26を含む組成物を投与する工程を含む治療法を提供する。また、CD26を含む組成物を投与する工程を含む、免疫応答を増強する方法も提供する。 (もっと読む)


本発明は、治療用物質または診断用物質に結合する血管新生阻害剤を含む組成物に関する。具体的態様において、この組成物は治療用または診断用物質に結合する血管新生阻害物質をコードする融合遺伝子または融合遺伝子産物である。特定の態様において、この組成物は癌などの血管新生関連性疾患を治療する方法として用いられる。 (もっと読む)


本発明は潜在的な脳転移を有する被験体の処置を提供する。この処置は免疫調節性ポリペプチドおよびバキュロウイルス-昆虫細胞調製物を含む組成物を被験体に投与することに依存する。この組成物は、血液脳関門を通過することができる抗腫瘍免疫応答を生成する独特な能力を有する。 (もっと読む)


本発明は有機ヒ素剤を提供する。これらの化合物の多くは、固形由来および血液系由来の両方の数多くのヒト腫瘍細胞株に対して、ならびに白血病の患者からの悪性血液細胞に対して、強力なインビトロ細胞傷害活性を有する。 (もっと読む)


本発明は、優先的に癌において解糖を阻害する組成物を対象としている。具体的には、これらの抗癌組成物は、3-ハロ-2-オキソプロピオナートおよびエステル誘導体などその誘導体を含む。しかしながら、特定の態様において、抗癌組成物は3-ブロモ-2-オキソプロピオン酸ナトリウムなどの3-ハロ-2-オキソプロピオン酸ナトリウム、および炭酸などの安定剤である。特定の態様において、本発明の組成物は、正常細胞が代替エネルギー源のための経路において利用する代謝中間体をさらに含み、それによって正常細胞への保護を提供する。他の態様において、3-ハロ-2-オキソプロピオナートまたはそのエステル誘導体は、放射線および/または薬物など付加的な癌療法と組み合わせて使用される。

(もっと読む)


91 - 100 / 115