説明

ボード・オブ・リージエンツ,ザ・ユニバーシテイ・オブ・テキサス・システムにより出願された特許

51 - 60 / 115


本発明は、対象の心臓細胞におけるmiR−499およびmiR−208の両方の発現または機能を阻害することによって、心臓障害を治療または予防する必要がある対象において心臓障害を治療または予防する方法を提供する。特に、効率的で長期にわたる抑制を達成する、2つのmiRNAの阻害剤を投与するための特定のプロトコールが開示される。さらに、本発明は、対象の骨格筋細胞における、miR−208およびmiR−499の両方の発現または活性を増大させることによって、筋骨格系障害を治療または予防する必要がある対象において筋骨格系障害を治療または予防するための方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、1又は2以上のタンパク質若しくはペプチドを含む1若しくは2以上のサブミクロン又はミクロンサイズの非結晶性粒子を含有する、薬学的に許容される溶媒を用いた高濃度の低粘度懸濁液も提供する。任意選択により、少なくとも20mg/mlの濃度と、振盪又は撹拌により懸濁可能な2〜100センチポアズの溶液粘度とを有する高濃度の低粘度懸濁液を形成するための、前記薬学的に許容される溶媒中の1又は2以上の添加物であって、送達時に前記1若しくは2以上のサブミクロン又はミクロンサイズのペプチドが溶解しておりペプチド凝集体を形成しないために、21〜27ゲージの針により注射可能な添加物。 (もっと読む)


【解決手段】 ナノ成形パターンを作成する方法を述べる。この手法は、基板を直接パターニングしおよび/またはインプリント・リソグラフィ・モールドを作成するために使用され、インプリント・リソグラフィ・モールドは、後で他の基板にナノ成形パターンを高歩留まりのプロセスで直接複製するために使用され得る。
(もっと読む)


【課題】
【解決手段】
癌の処置用の組成物および方法、より好ましくは、血清中のL−アルギニンを欠乏させる酵素を用いて、アルギニノコハク酸シンテターゼを発現しない、または他の理由でアルギニノコハク酸シンテターゼが不足している癌の処置が記載されている。一実施形態では、本発明は、少なくとも1つのアミノ酸置換および金属補因子を含む、ヒトアルギナーゼIタンパク質などのアルギナーゼタンパク質であって、前記タンパク質が、天然ヒトアルギナーゼIと比較すると高い触媒活性を有する、アルギナーゼタンパク質を企図する。 (もっと読む)


【課題】一般に血液悪性腫瘍および癌の治療に使用することができ、三酸化砒素よりも活性が同等かそれ以上に大きく、毒性が低い砒素誘導体である癌治療剤を提供する。
【解決手段】S-ジメチルアルシノ-グルタチオン、S-ジメチルアルシノ-チオコハク酸、およびS-ジメチルアルシノ-チオ安息香酸を含む、新規有機砒素誘導体は固体起源および血液起源の両方の様々なヒト腫瘍細胞株、ならびに白血病患者由来の悪性血液細胞に対する、インビトロ細胞毒性活性を有した癌治療剤及びその使用方法。 (もっと読む)


【課題】 基板とこの基板から所定距離だけ離れた位置にテンプレートを整列させること。
【解決手段】 第1パターン備える基板と、第2パターンを備えるテンプレートの間に成形性に優れる物質を配置するステップと、前記基板と前記テンプレートが同時に前記成形性に優れる物質に接触するように前記基板と前記テンプレートの間の距離を確立するステップとを備える方法を適用することによって、前記基板とこの基板から所定の距離だけ離れた位置に点プレートを整列することが可能になるとともに、前記基板と前記テンプレートが所望の空間関係にあるとき、重ね合った前記第1パターンと第2パターンに応答して、モアレ・パターンが検知可能になる。 (もっと読む)


【課題】 液体上に光束をあてて、その液体を偏光すること。
【解決手段】 前記光束を生成する光源と前記液体と前記光源の間に配置された、前記光束に対して不透明なオーバーレイ・マークを有するテンプレートとを具備するシステムにを適用して、前記光束が前記液体にあたるように、また前記オーバーレイ・マークと重なって前記液体を重合するように、前記オーバーレイ・マークのピッチによって前記光束の偏光が確立することが可能になる。 (もっと読む)


【課題】 基板とこの基板から離れたテンプレートを整列させること。
【解決手段】 前記テンプレートと前記基板の間に液を配置するステップと、前記テンプレートと前記基板を重ねるステップと、前記テンプレート・アラインメント・マークと前記基板のアラインメント・マーク間で、前記液の一部基板とこの基板から離れたテンプレートを整列と前記テンプレートとが接触するように空間関係を得るために前記テンプレートのサイズを変更するステップを備える、テンプレート・アラインメント・マークおよび基板を有するテンプレートと基板のアラインメント・マークを有する前記基板を整列させる方法によって、基板とこの基板から離れたテンプレートを整列させることが可能になる。 (もっと読む)


【課題】癌の診断および治療に役立つ腫瘍抑制因子遺伝子を提供する。
【解決手段】第10染色体の特定の領域(10q23.3)が腫瘍抑制遺伝子を含むことを同定され、該遺伝子の対応コード領域は新規な47kDタンパク質を表している。この生成物のドメインはプロテインチロシンホスファターゼの保存された触媒ドメインと正確に一致しており、リン酸化事象での機能的役割の可能性が示唆された。配列分析は、10q23.3領域を定めるのに用いた腫瘍細胞株で該遺伝子の多数のエクソンが欠失していることが示され、該遺伝子が腫瘍抑制遺伝子として分類される。さらに、神経膠腫細胞および前立腺癌細胞の両者で該遺伝子中の多数の欠失の存在が示された。この腫瘍抑制因子(TS10q23.3と称する)に関連する癌の診断および治療方法もまた開示される。 (もっと読む)


本発明は、調節放出型医薬製剤の組成物及び製法、並びに調節放出型多粒子剤をポリマーマトリックス又は蝋状マトリックスへ埋め込むための調製方法を含む。調節放出型多粒子剤は、公知の又は所望する薬物放出プロファイルを有する有効量の治療用化合物を含む。調節放出型多粒子剤は、ポリマーコーティングを含むことができ、又は粒子若しくはコア材料に組み込むことができる。ポリマーマトリックスは、高温で軟化又は融解し、熱加工の間にポリマーマトリックス内の調節放出型多粒子剤の分布を可能にする熱可塑性ポリマー又は脂肪親和性担体又はその混合物を含む。製剤化合物及び加工条件は、本来の調節放出型多粒子剤の制御放出特性及び/又は薬物保護特性を保持する方法で選定される。
(もっと読む)


51 - 60 / 115