説明

ニコメッド ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツングにより出願された特許

31 - 40 / 90


本発明は、臨床治験製品を提供する方法と、臨床治験関連のRFIDユニットを使用する臨床治験製品のパッケージングとに関する。
(もっと読む)


一定の式(I)で示され、その式中、Ra及びRbが明細書中に示される意味を有する化合物は、抗増殖活性及びアポトーシス誘導活性を有する新規の効果的な化合物である。 (もっと読む)


一定の式(I)で示され、その式中、Ra及びRbが明細書中に示される意味を有する化合物は、抗増殖活性及びアポトーシス誘導活性を有する新規の効果的な化合物である。 (もっと読む)


本発明は、PDE4インヒビターとBH4もしくはBH4誘導体とを組み合わせて、呼吸器疾患の予防及び/又は治療のために用いる使用を記載している。 (もっと読む)


本発明は、ヒト細胞もしくは動物細胞において、試験物質がPKCθ依存性のシグナル伝達経路にもたらす調節作用を調査するための、又はPKCθ調節物質を見出すための方法であって、(a)細胞と、試験物質もしくはPKCθ調節物質とを接触させる工程;(b)適宜、PKCθのキナーゼ活性を誘導する工程;(c)該細胞を、PKCθの少なくともセリン残基もしくはトレオニン残基のリン酸化をもたらす条件下でインキュベートする工程;(d)適宜、細胞を溶解する工程;及び(e)PKCθの少なくとも1つのセリン残基もしくはトレオニン残基のリン酸化比率を測定する工程を含む方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、ロフルミラスト、ロフルミラスト−N−オキシド又は両者の製剤学的に認容性の塩を、肺高血圧の処置のために用いる使用に関する。更に本発明は、ロフルミラスト、ロフルミラスト−N−オキシド又は両者の製剤学的に認容性の塩と組み合わせて、PDE5インヒビターもしくはそれらの製剤学的に認容性の塩を、肺高血圧症の処置のために用いる使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、第1のアタッチメント片と第2のアタッチメント片とを有する噴霧チャネル(3)を有しておりかつ、キャリヤガス圧力パルスを噴霧チャネルに送るために、弁(16)を解して第1のアタッチメント片に接続された圧縮キャリヤガス源とを有する、噴霧可能な材料(12)の計量供給及び乾式噴霧のための装置(1)に関する。この装置は、第1のアタッチメント片と第2のアタッチメント片との間の、噴霧チャネルの上方において、貯蔵容器(10)が噴霧チャネルに向かってのみ開放しており、噴霧可能な材料を受容するために使用され、環境に対して封止されているように噴霧チャネルに接続されており、弁が閉じられている時には、圧力補償(22)が噴霧チャネル及び貯蔵容器において生じることを特徴とする。本発明は、粉末薬剤の吸入投与のためのこの装置の使用と、このような装置による噴霧可能な材料の計量供給及び乾式噴霧のための方法とにも関する。
(もっと読む)


本発明は、第1のアタッチメント片と第2のアタッチメント片とを有する噴霧チャネル(3)を有しておりかつ、キャリヤガス圧力パルスを噴霧チャネルに送るために、弁(16)を解して第1のアタッチメント片に接続された圧縮キャリヤガス源とを有する、噴霧可能な材料(12)の計量供給及び乾式噴霧のための装置(1)に関する。この装置は、第1のアタッチメント片と第2のアタッチメント片との間でかつ噴霧チャネルの上方において、噴霧可能な材料(12)を含む、噴霧チャネルに向かってのみ開放した貯蔵容器(10)が、環境に対して気密であるように噴霧チャネルに接続されており、弁が閉じられている時には、噴霧チャネル及び貯蔵容器において圧力補償(22)が生じる。本発明は、このような装置によるこのような噴霧可能な材料の計量供給及び乾燥噴霧のための方法にも関する。
(もっと読む)


従って本発明は、ヒストンデアセチラーゼの効果的なインヒビターである式(I)の化合物に関する。
(もっと読む)


密封されかつ同時に点滴カテーテル(6)の可動性及び正確な位置決めを可能にするアクセスルートを提供するために、点滴カテーテル(6)と、気管内チューブに取り付けるためのコネクタ片1とを含む装置が提案されている。コネクタ片(1)は、チューブに取り付けるための遠位端部(1a)と、換気及び/又は吸引装置に取り付けるための近位端部(1b)とを有しており、カテーテル(6)の挿入のために働きかつ弁(2)が配置された分枝部(5)を有する。弁(2)は、少なくとも一部の領域において、弾性変形可能な材料から形成されており、カテーテル(6)の挿入によって開放されることができる。弁はさらに、近位側貫通孔(21)を有しており、この近位側貫通孔の内壁は、カテーテル(6)と内壁との間における流体の軸方向流れに対するシールを提供する手段を有しており、弁は、貫通孔から遠位方向に、くちばし区分(22)を有しており、このくちばし区分は、くちばし先端部(23)において、通常は閉鎖されているスリット(24)を有する。
(もっと読む)


31 - 40 / 90