説明

日本ゲームカード株式会社により出願された特許

81 - 90 / 144


【課題】遊技用装置の新規の設置又は交換があったとしても集積回路のすり替えを適切に検出する。
【解決手段】管理システム1は、第1の装置と、第1の装置と通信する遊技用装置と、第1の装置と通信する第2の装置と、を備える。遊技用装置は集積回路を備え、集積回路は自身の識別情報を記憶する。第1の装置は、集積回路の識別情報を照合用情報として記憶し、第2の装置は、新たに製造された遊技用装置の集積回路の識別情報を照合用情報として記憶する。集積回路は、識別情報を第1の装置に送信し、第1の装置は、集積回路から送信された識別情報と同じ集積回路を示す照合用情報が第1の記憶手段に記録されていない場合に、識別情報を第2の装置に送信し、第2の装置は、記憶している照合用情報と第1の装置から送信された識別情報とを照合し、照合結果を第1の装置に通知する。 (もっと読む)


【課題】実際に遊技をしている遊技者とは異なる遊技者のデータを集計してしまう不都合を防止する。
【解決手段】CUがP台と接続されて通信が開始された際にCUから送信されてきた遊技者特定情報としてのC-IDとカードリーダライタにより読取られたC-IDとにより同一の遊技者が特定されるか否かを判定し、同一であると判定されたときに、P台側において記憶されている持点を現時点での持点として記憶する。 (もっと読む)


【課題】或る制御手段と他の制御手段との間での相互認証を行なう上で必要となる認証用情報の漏洩を極力防止してセキュリティの向上を図る。
【解決手段】メイン制御部とCU通信制御部との間でチャレンジレスポンス方式の認証を行なう。メイン制御部がCU通信制御部をチャレンジレスポンス方式で認証するばかりでなく、CU通信制御部がメイン制御部をチャレンジレスポンス方式で認証する。 (もっと読む)


【課題】故障した遊技用装置の取替え作業中に立去った遊技者の損失補填を可能にすることである。
【解決手段】CUがP台と接続されて通信が開始された際にCUから送信されてきた遊技者特定情報としてのC-IDとカードリーダライタにより読取られたC-IDとにより同一の遊技者が特定されるか否かを判定し、同一でないと判定されたときに、P台側において記憶されている持点を外部出力する。 (もっと読む)


【課題】実際に遊技をしている遊技者とは異なる遊技者のデータとして遊技履歴データを集計してしまう不都合を防止する。
【解決手段】遊技者特定情報としてのC-IDを読取りP台へ送信してP台で記憶しておき、遊技者が一旦離席した後戻ってきて遊技を開始する際に、C-IDを読取りP台へ送信してP台で記憶されているC-IDと送信されてきたC-IDとが一致するか否か判定し、一致する場合には、離席前の遊技履歴データを引継いで新たな遊技履歴データを加算更新する。 (もっと読む)


【課題】遊技機側と遊技用装置側とにおける遊技履歴の齟齬を防止する。
【解決手段】ホール用管理コンピュータ1から、遊技履歴データの少なくとも一部を消去する情報であるクリア指令をCUが受信した場合に、CU側においてそのクリア指令に従って当P台遊技履歴データ記憶部の遊技履歴データをクリアして履歴表示のクリアを行なうとともに、遊技履歴データの少なくとも一部を消去する情報であるクリア指令をP台へ送信する。 (もっと読む)


【課題】表示ユニットを設けた遊技機の利点を活かした各種情報の表示を可能にしつつも、表示ユニットを設けていない遊技機の場合の各種の情報を表示できないという不都合を防止する。
【解決手段】遊技者の操作に応じてカードユニット側で実行される制御に応じた状況(カードの問合せ中や玉の移動中)をカードユニット側において表示するとともに、パチンコ機側においても表示させるべく、カード挿入処理中や加算要求玉数=5000などの動作指示をパチンコ機へ送信する。 (もっと読む)


【課題】異常報知制御機能を有する制御手段自体に異常が存在する場合においても、良好に異常報知制御を行なう。
【解決手段】メイン制御部323に異常が存在する場合にそれをCU通信制御部80が検知して、その旨をメイン制御部323とは逆のパチンコ機2へ通知し、パチンコ機2で異常報知制御を行なう。 (もっと読む)


【課題】遊技者に不信感を与えないように貯蓄価値を管理すること。
【解決手段】遊技用装置により、遊技に伴い加算または減算して更新される獲得価値が記憶され、記憶する獲得価値にもとづく第1の管理装置で管理の獲得価値の更新時に第1の管理装置で管理の獲得価値と遊技用装置に記憶の獲得価値とに不整合が発生し得る第1の管理装置との通信異常があったかが判定され、判定結果にもとづき通信異常があった旨の情報が第1の管理装置に通知される。遊技用システムにより、営業終了時に第1の管理装置で管理の獲得価値が第2の管理装置で管理の貯蓄価値に移行させられ、通信異常があった旨の通知にもとづき該通信異常がすでに移行された獲得価値に関して発生したかが判定され(S11〜14)判定結果にもとづき第2の管理装置で管理されている貯蓄価値が補正される(S16)。 (もっと読む)


【課題】或る制御手段と他の制御手段との間での相互認証を行なう上で必要となる認証用情報の漏洩を極力防止してセキュリティの向上を図る。
【解決手段】メイン制御部とCU通信制御部との間でチャレンジレスポンス方式の認証を行なう。メイン制御部がCU通信制御部をチャレンジレスポンス方式で認証するばかりでなく、CU通信制御部がメイン制御部をチャレンジレスポンス方式で認証する。 (もっと読む)


81 - 90 / 144