説明

日本ゲームカード株式会社により出願された特許

61 - 70 / 144


【課題】集積回路の識別情報が未登録であっても、所定の処理を行わせることができる遊技用システムを提供する。
【解決手段】遊技用システムは、遊技用装置と管理装置を備える。遊技用装置は、予め記憶されている識別情報を管理装置に送信する。管理装置は、識別情報を取得し、取得した識別情報と同じ識別情報が記憶されているか否かを判別して判別結果を遊技用装置に送信する。遊技用装置は、判別結果を取得する。遊技用装置は、取得した判別結果が同じ識別情報が記憶されている旨を示す場合であって、かつ、所定の処理を行うことを許可する許可情報が遊技用装置に設定されている場合に、所定の処理を行う。取得した判別結果が同じ識別情報が記憶されていない旨を示す場合であって、かつ、所定の処理を行うことを許可する許可情報が設定されている場合に、所定の条件のもとで所定の処理を行う。 (もっと読む)


【課題】実際に遊技をしている遊技者とは異なる遊技者のデータを集計してしまう不都合を防止する。
【解決手段】遊技中にCU3が故障すればカードを強制排出し、新たなCU3に取替えてP台2と接続したときに、P台2に記憶されているC−IDと持点記憶情報とが上位サーバ801へ送信され、遊技者が強制排出されたカードをPOS810に挿入することにより、上位サーバ801経由で持点記憶情報がカードに記憶される。 (もっと読む)


【課題】不正に対するセキュリティを向上させた管理システム及び管理装置を提供する。
【解決手段】管理システム1は、自身の識別情報を記憶した集積回路を搭載した、遊技場に設置される遊技用装置と、集積回路の識別情報を照合用情報として記憶する、遊技場外に設置される第1の管理装置と、集積回路に設定されることによって集積回路が所定の処理を行うことを許可する許可情報を記憶する、遊技場に設置される第2の管理装置とを備える。管理システム1は、第1の管理装置が記憶する照合用情報と集積回路が記憶する識別情報とを照合する照合手段を備え、遊技用装置は、許可情報を第2の管理装置から取得する取得手段と、照合手段が照合用情報と識別情報とが同じ集積回路を識別すると判別した場合に取得手段で取得した許可情報を集積回路に設定する設定手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】遊技用装置自体への不正行為に基づいて遊技機識別情報の登録確認処理の結果の信憑性が低下する不都合を極力防止する。
【解決手段】遊技機チップ情報および通信制御IC情報が上位サーバに登録されているか否かのチップID認証と、CU通信制御部認証とを行ない、両認証処理の結果に基づいて前記遊技機による遊技を許容する。 (もっと読む)


【課題】或る1種類の暗号通信のセキュリティが破られたとしても、暗号通信すべてのセキュリティが保てなくなる不都合を防止する。
【解決手段】SE1モードによる暗号通信と、SE1モードによる暗号通信の後に、SE1モードによる暗号通信による暗号通信よりもセキュリティレベルの高いSE2モードによる暗号通信を行なう。 (もっと読む)


【課題】暗号通信に使用される鍵が漏洩したとしても、簡単かつ安全な処理によって新たな鍵を配信できる遊技用システム等を提供する。
【解決手段】第1の制御部は、第1の管理装置から送信された第2の鍵と第2の鍵情報とを第1の鍵で復号し、復号した第2の鍵と第2の鍵情報とのうちの第2の鍵情報と、予め記憶している第1の鍵情報とを照合し、両者が異なる場合には、第2の鍵を前記第1の鍵として記憶するとともに、暗号化された状態の前記第2の鍵を前記第2の制御部に供給する。第2の制御部は、第2の鍵を前記第1の制御部から受け取り、受け取った第2の鍵を第1の鍵で復号化し、復号化した第2の鍵を前記第1の鍵として記憶し、第1の制御部と第2の制御部とは、新たに記憶した第1の鍵を用いて暗号通信を行う。 (もっと読む)


【課題】或る種類の方式による相互認証のセキュリティが破られたとしてもそのことのみによって相互認証の監視をかいくぐる不正行為を許してしまう不都合を防止する。
【解決手段】認証方式の異なる複数種類の相互認証処理(シリアルID認証と機器認証)をメイン制御部とCU通信制御部との間で行ない、各相互認証処理の単独での認証結果が不適正な場合に該単独での認証結果を認証相手の制御部に通知せず、複数種類の相互認証処理すべてを実行した結果の異常を総括して、認証相手の制御部に通知する。 (もっと読む)


【課題】管理装置と遊技用装置が通信できない場合であっても適切な処理が行われる遊技用システムを提供する。
【解決手段】遊技用システムは、第1の制御部と第2の制御部とを備える第1の遊技用装置と第2の遊技用装置と管理装置を備える。第2の制御部は、集積回路の識別情報を取得し、第1の制御部に供給する。第1の制御部は、供給された識別情報を管理装置に供給する。管理装置は、予め記憶している識別情報と供給された識別情報とを照合し、照合結果を第1の制御部に供給する。第1の制御部は、照合結果を記憶し、照合結果が供給された場合に所定の処理を行う。識別情報を管理装置に供給出来ない場合で照合結果を記憶している場合には、供給された識別情報と記憶している識別情報とを照合して所定の処理を行い、照合結果を記憶していない場合には、所定の条件のもとで、所定の処理を行う。 (もっと読む)


【課題】暗号通信を行なう両者間において互いの共通因子が食い違った場合にそれ以降暗号通信を停止させなければならない不都合を極力防止する。
【解決手段】暗号文(動作指示と動作応答)の送受信に応じてカウンタを加算更新し(R,N,0→R,N,1→R,N,2→R,N+1,0→・・・)、動作応答未到達でメイン制御部側とCU通信制御部側とのカウンタ更新の齟齬が生じた場合に、CU通信制御部側において、カウンタ値を修復させてメイン制御部側のカウンタ値に合わせるためのカウンタ更新(R,N+4,0→R,N+3,0→R,N+2,0)を行ないながら復号を試みる。復号が成功したカウンタ値が修復されたカウンタ値となる。 (もっと読む)


【課題】集積回路の出荷段階のすり替えを検出することができる照合システムを提供する。
【解決手段】照合システムは、集積回路に情報を書き込む書込装置と、識別情報を予め記憶する管理装置を備える。集積回路は、集積回路メーカーによって製造され、集積回路メーカーから遊技用装置メーカーに出荷される。書込装置は、遊技用装置メーカーで使用され、管理装置と通信可能であり、予め記憶する情報を集積回路に書き込む。また、集積回路が記憶する識別情報を読み取り、管理装置に送信する。書込装置は、書込装置と管理装置とが通信できないときに、管理装置に送信する識別情報を記憶し、書込装置と管理装置とが通信可能になったときに、記憶した識別情報を管理装置に送信する。管理装置は、送信した前記識別情報と、管理装置が記憶する識別情報とを照合する。 (もっと読む)


61 - 70 / 144