説明

ザ リージェンツ オブ ザ ユニバーシティ オブ カリフォルニアにより出願された特許

51 - 60 / 364


【課題】生物系の実施反応経路を同定するための方法を提供する。
【解決手段】(a)その生物系を表す反応ネットワークを通しての1セットの体系的反応経路を提供する段階と、(b)その生物系の1セットの現象論的反応経路を提供する段階、および(c)そのセットの体系的反応経路をそのセットの現象論的反応経路と比較する段階からなり、さらに、それらのセットに共通した経路がその生物系の実施反応経路である段階を含む。また、生物系反応ネットワークを改善する方法と、細胞全体の機能への遺伝子多型の効果を測定する方法、および遺伝子多型媒介性病態を診断する方法からなる。 (もっと読む)


【課題】選択性が高い光誘導性のエッチングを達成するために、電解質に対する半導体構造の局部的電気化学的ポテンシャルを戦略的に改変することを含む、III−窒化物半導体構造を製造するための方法を提供すること。
【解決手段】上記方法は、電気的抵抗層または半導体構造の中の電子のフローを妨げる層の適切な配置によって、および/またはPECエッチングの間に、半導体構造の特定の層と接触するカソードを配置することによって、半導体構造または半導体デバイスの電気的ポテンシャルを局部的に制御し、水平方向および/または垂直方向の光電気化学(PEC)的エッチング速度を局部的に制御する。 (もっと読む)


本発明は、特異的なビフィドバクテリウム属の種および亜種の増殖を優先的に刺激するガラクトオリゴ糖組成物を提供する。

(もっと読む)


本発明は、α7 nAChRおよび/またはGABA受容体の新規アロステリックモジュレーターである式(I)の化合物によって代表される複素環に関する。本発明は、哺乳動物におけるα7 nAChRに対するアセチルコリン作用の増強およびGABA受容体のネガティブアロステリックモジュレーションに応答する障害の、有効量の式(I)の化合物を投与することによる治療も開示する。本発明は、本発明の化合物を含む医薬製剤も対象とする。そのような製剤は、治療有効量の式Iの化合物と、1種または複数の薬学的に許容される担体または賦形剤とを含有する。

(もっと読む)


単一タンパク質コアと、タンパク質コアに共有結合によって固定された薄いポリマーシェルとを有するタンパク質ナノカプセル。本発明の態様は、単一タンパク質コアと、タンパク質コアに共有結合によって固定された薄いポリマーシェルとを有するタンパク質ナノカプセルを含む。いくつかの実施形態において、単一タンパク質コアは、複数の重合性基を有するタンパク質である。いくつかの実施形態において、単一タンパク質コアは、タンパク質触媒である。いくつかの実施形態において、ナノカプセルは、タンパク質コアの触媒活性を保持する。
(もっと読む)


【課題】種々の疾患に関連する染色体の異常性を同定するハイブリダイゼーション法の提供。
【解決手段】染色体20上のコピー数変化の領域からのDNA配列に関する。この配列は、種々の疾患に関連する染色体の異常性を同定するハイブリダイゼーション法において使用することができる。 (もっと読む)


非極性または半極性の(Ga、Al、In、B)N基板上の(Ga、Al、In、B)N薄膜の成長形態を改良する方法であって、(Ga、Al、In、B)N薄膜は、非極性または半極性の(Ga、Al、In、B)N基板あるいはテンプレート上に直接成長させられ、成長の際に使用されるキャリアガスの一部は、不活性ガスから構成される。非極性または半極性の窒化物LEDおよびダイオードレーザは、本発明によって成長させられる平滑(Ga、Al、In、B)N薄膜上に成長させられてもよい。
(もっと読む)


少なくとも1つのPea3結合部位またはその機能性部分が欠失した、改変されたE1a制御配列を提供する。また、特定のアイソフォームを選択的に発現する、改変されたE1a配列も提供する。更に、E1b-19kクローン挿入部位も提供する。これらの改変された配列を単独で、または別のものと併用して、タンパク質の腫瘍選択的発現を行うことができる。
(もっと読む)


本発明は、免疫防御系の経口/粘膜二元様式活性化のためのペプチド/核酸組成物を提供する。 (もっと読む)


本出願は、雄性個体のDEFB-126表現型および遺伝子型の状態を評価することによって雄性個体の生殖能の状態を判定するための診断方法を提供する。本発明は、DEFB-126核酸のタンパク質コード配列におけるジヌクレオチド欠失多型に関する。この変異体のアミノ酸配列は、野生型DEFB-126ポリペプチドと比較して、DEFB-126のカルボキシル末端の糖質含有ドメインが有意に変化している。この変異体は、異常なタンパク質機能および構造を生じさせて、精子機能および生殖能の低下を招く。本発明は、個体が生殖能低下を有するかどうかを判定するために、DEFB-126をコードする遺伝子に関して該個体の遺伝子型を解析するための方法を提供する。そのような判定により、自身の遺伝子型が生殖能低下のリスクを伴うかどうかについて個別の知識が提供され、かつ該個体が適切な生殖能治療選択肢を受けることを可能にする。本発明はさらに、DEFB-126欠失多型の有無に基づいて不妊症の高いリスクまたは確率を診断するのに有用であるキットを提供する。本出願はまた、不十分なレベルのDEFB-126を発現している個体からの精子において(たとえば受胎を達成するように)精子機能性を回復させる治療法および組成物も提供する。

(もっと読む)


51 - 60 / 364