日本メナード化粧品株式会社により出願された特許

1 - 10 / 223



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187

【課題】優れた紫外線防御効果を有し、かつ安全性と使用性に優れた油中水型乳化化粧料を提供する。
【解決手段】成分(A)〜(D)を含有することを特徴とする。
(A)パラメトキシケイ皮酸2−エチルヘキシル
(B)25℃における動粘度が5.0mm/s以下のジメチルシリコーンオイル
(C)フェニル変性シリコーン
さらに、成分(B)25℃における動粘度が5.0mm/s以下のジメチルシリコーンオイルの配合量は特に限定されないが、好ましくは1.0〜40.0質量%配合するのがよい。また、25℃における動粘度が2.0mm/s以下のジメチルシリコーンオイルがより好ましい。(C)フェニル変性シリコーンの配合量は特に限定されないが、好ましくは0.5〜40.0質量%配合するのがよく、また、25℃における動粘度が50.0mm/s以下のフェニル変性シリコーンが好ましい。 (もっと読む)


【課題】幹細胞からメラノサイトへの分化誘導促進活性を有するメラノサイト分化誘導促進剤を提供する。
【解決手段】オオムギの抽出物を有効成分として含有するメラノサイト分化誘導促進剤、および該分化誘導促進剤の存在下で幹細胞を培養する工程を含む、メラノサイト分化誘導促進方法。さらに、該メラノサイト分化誘導促進剤を含有する色素異常症、白髪又は難聴の改善又は治療用組成物。 (もっと読む)


【課題】幹細胞からメラノサイトへの分化誘導抑制活性を有するメラノサイト分化誘導抑制剤を提供することを目的とする。
【解決手段】アイヌワカメの抽出物を有効成分として含有するメラノサイト分化誘導抑制剤。 (もっと読む)


【課題】多数の人物について継続的に蓄積されたメラニン量及び内的要因のデータを使用して、個人のメラニン量の変動を予測し美容アドバイスを行うことが可能なメラニン量予測方法及びメラニン量予測システムを提供する。
【解決手段】メラニン量予測システムは、人物毎の経時的なメラニン量及び内的要因情報を蓄積したデータベース6を使用し、メラニン量の変動を多変量解析して変動の特徴によりグループ分類するメラニン量変動分類処理部53と、内的要因の変動を多変量解析して各グループに区分すると共に予測基準を生成する内的要因解析処理部54と、を備える。その予測基準に基づいて新規人物のメラニン量変動を予測するメラニン量変動予測処理部55を備え、美白のための美容アドバイスを作成することが可能である。 (もっと読む)


【課題】ニキビの原因となるアクネ菌もしくはマラセチア毛包炎の原因となるマラセチアによって誘導される炎症を制御する皮膚外用剤を提供する。
【解決手段】尿素は、アクネ菌もしくはマラセチアに対するヒト表皮角化細胞の自然免疫反応に対して、強い阻害効果を示した。また、尿素を含有した化粧水及びクリームは、ニキビ及びマラセチア毛包炎における炎症に対して優れた改善効果を示し、安全性、安定性にも優れていた。これらのことから、本発明の尿素含有皮膚外用剤は、ニキビ及びマラセチア毛包炎における炎症の改善に有効である。 (もっと読む)


【課題】顕著な発毛効果を有し、安全性が高く、かつ経済性の高い新規な発毛剤を提供する。
【解決手段】本発明は、温度範囲20〜150℃、圧力範囲1〜80MPaの状態にある二酸化炭素により抽出された、赤霊芝抽出物及び黒霊芝抽出物を含有することを特徴とするnogginの産生促進剤及び発毛促進剤である。本発明の二酸化炭素により抽出された赤霊芝抽出物及び黒霊芝抽出物を合わせて用いることにより、相乗的に毛母細胞におけるnogginの産生を促進し、発毛効果を高めることができる。 (もっと読む)


【課題】組織の色素脱失を予防又は改善する方法を提供することを課題とする。
【解決手段】
組織の色素脱失の予防又は改善効果を示す物質をより精度よくかつ迅速、正確にスクリーニングする技術を用いて、WNTシグナル経路を活性化する物質である、WNT1、WNT3A、WNT7A、WNT7B、WNT10B、NORRINが、組織の色素脱失に対して顕著な予防又は改善効果を示すことを見出し、組織の色素脱失を予防又は改善する方法の確立に至った。 (もっと読む)


【課題】組織の色素沈着を予防又は改善する方法を提供することを課題とする。
【解決手段】
Wntシグナル経路を抑制する物質である、Wnt1の発現阻害物質、Wnt3aの発現阻害物質、Wnt7aの発現阻害物質、Wnt7bの発現阻害物質、Wnt10bの発現阻害物質、Norrinの発現阻害物質が、組織の色素沈着に対して顕著な予防又は改善効果を示すことを見出し、組織の色素沈着を予防又は改善する方法の確立に至った。 (もっと読む)


【課題】高濃度のビタミンC又はその誘導体によるスティンギングの誘発がなく、ニキビの改善に高い効果を有するニキビ改善剤を提供する。
【解決手段】本発明は、ビタミンC又はその誘導体と、サンシチニンジン抽出物とを含有することを特徴とし、ビタミンC又はその誘導体と、グルタチオンレダクターゼ活性増強作用を有するサンシチニンジン抽出物とを併せて用いることにより、スティンギングを誘発することなく、相乗的にニキビの改善効果が増強される。 (もっと読む)


1 - 10 / 223