Fターム[2B029CA16]の内容

温室 (4,670) | フィルム、シートの定着 (190) | 押込部材によるもの(弾性線材は除く) (21) | 押込部材が弾性を有するもの (13)

Fターム[2B029CA16]に分類される特許

1 - 13 / 13


【課題】フレームにビニールフィルムを挿入固定させる簡単な構造を通じて断熱層が形成されるようにするとともに、ビニールフィルムの損傷時に簡単に取り替えられるようにした、断熱層の形成が容易な構造を有するビニールハウスを提供すること。
【解決手段】骨格を成す複数のフレームと、前記フレームの間に固定手段を使用して設置されるビニールフィルムで構成されるビニールハウスにおいて、前記フレームは四角管体形状で構成され、前記フレームには設置箇所によって一つ以上の挿入溝が長さ方向で形成され、前記ビニールフィルムは二重で構成され、前記固定手段はビニールフィルムの両側にそれぞれ長さ方向で内入固定され挿入溝を通じて締まりばめ式でフレームの内部に挿入固定される固定具で構成され、ビニールフィルムの内部には挿入溝と対応する幅を有する断熱層が形成される。 (もっと読む)


【課題】施工が容易であり、フィルム屋根構造体として用いる場合にも十分な強度を有するフィルム構造体を得るためのフィルム留具を得る。
【解決手段】断面がそれぞれ略同一の柱状体のフィルム装着部材及び挿入部材を含む、フィルム端部を固定するためのフィルム留具であって、フィルム装着部材が、フィルム及び挿入部材を挿入し、フィルムを装着するためのフィルム装着溝部と、少なくとも一部がフィルム装着溝部に面する第一壁面と、少なくとも一部がフィルム装着溝部に面し、フィルム装着溝部を挟んで第一壁面と対向する第二壁面とを含み、第一壁面が、フィルム及び挿入部材の挿入方向に向かって第一壁面と第二壁面との間の幅が最狭幅から最広幅へと段差的に広くなるような段差部を有し、挿入部材が、段差部の最狭幅より大きな断面寸法を有する、フィルム留具である。 (もっと読む)


【課題】安価で軽量、且つ、強風が吹いた場合でも開口部を確実に塞いでおくことのできるビニルハウスの屋根部開閉構造を提供する。
【解決手段】巻取パイプ230により、天窓用シート201を巻取ってビニルハウス100の屋根部120に形成された天窓部130を開放する一方、天窓用シート201を巻戻して天窓部130を被覆して閉鎖可能とし、しかも、天窓用シート201を、屋根部120傾斜面の中途部に設けられたパイプ支持体240の上端面から屋根部120傾斜面側に落下させるまで巻戻した後、巻き戻し方向と同方向に巻取パイプ230を回転させることにより、天窓用シート201を巻取りながらパイプ支持体240に形成された断面略コ字状のパイプ収容部241に移動させて係止し、天窓用シート201の緊張状態を維持しつつ天窓部130を閉鎖可能としたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 シートの多重張りが可能であり、併せてシートのバタツキ等を防止するバンド取り付けようの止め具の保持にも利用できるビニールハウスのシートの定着装置を提供する。
【解決手段】 水平な底フレーム1Aと底フレーム1Aの両側から斜め内側に傾斜して起立する一対の側フレーム1B,2Cからなる開口部巾狭の長尺支持フレーム1と、長尺支持フレーム1内に嵌合されて当該長尺フレーム1とでシートSを挟持する押えフレーム2と、押えフレーム2上に配置されてこの押えフレーム2を上記長尺支持フレーム1の内壁に押圧する押圧部材3とからなるシートの定着装置において、上記押えフレーム2を底板4と、底板の端部から斜め内側に向けて起立する傾斜片5と、上記傾斜片5上に連設した溝フレーム6とで構成し、更に上記底板と傾斜フレーム5との間に長手方向に沿う第1の溝7を形成し、同じく上記溝フレーム6の内側に長手方向に沿う第2の溝8を形成したことを特徴とする。
(もっと読む)


【課題】
施設園芸での作物栽培に良好で、暖房用燃料消費の大幅な削減化が達成でき、また、夏期の酷暑の期間や台風の時期においても使用が可能であり、保温性、透光性、耐伸び弛み性、防曇性、防塵性、強度、耐久性、経済性に優れた農業用空気膜構造ハウスを提供する。
【解決手段】
農業用ハウスの少なくとも天井部の構造が上面の透光性ポリオレフィン系積層フィルムと下面の透光性ポリオレフィン系積層フィルムとの間に送風機により空気が圧入されて成る農業用空気膜構造ハウスであり、上記の二枚の透光性ポリオレフィン系積層フィルムにおいて、少なくとも上面のポリオレフィン系積層フィルムが内層A、中間層Bおよび外層Cで構成されたポリオレフィン系積層フィルムであって、内層Aおよび外層Cを構成する配合物が、ポリエチレン、エチレン−αオレフィン共重合体、エチレン−酢酸ビニル共重合体の群から選ばれた1種もしくは2種類以上の樹脂の配合物より構成され、中間層Bを構成する配合物が、密度が890〜910kg/mの範囲にあるプロピレン−αオレフィン共重合体樹脂が30重量%以上の配合物より構成された組成より成る農業用空気膜構造ハウス。 (もっと読む)


【課題】施設園芸での作物栽培に良好で、暖房用燃料消費の大幅な節減化が達成でき、保温性、透光性、防曇性、防塵性、強度、耐融着性、耐久性、経済性に優れた農業用空気膜構造ハウスを提供する。
【解決手段】農業用ハウスの少なくとも天井部の構造が上面の透光性ポリオレフィン系積層フィルムと下面の透光性ポリオレフィン系積層フィルムとの間に送風機により空気が圧入されて成る農業用空気膜構造ハウスであって、上記の上面および下面の各ポリオレフィン系積層フィルムを構成する少なくとも外表面側のフィルム層の樹脂成分として、密度が905〜930kg/mの範囲にあるメタロセン触媒を用いて合成されたエチレン−αオレフィン共重合体樹脂が50重量%以上配合された組成より成るオレフィン系樹脂組成物を使用して成る農業用空気膜構造ハウス。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ワンタッチで簡単に棒状のものに固定することができ、また一度固定すると外れにくい止め具を提供することである。
【解決手段】線状材料を馬蹄形に折り曲げた馬蹄形線構造の開口側端部の導入部と、導入部とは反対側の閉口側端部の取手部、導入部と取手部の間にある保持部からなる止め具で、該止め具の保持部の形状が馬蹄形線構造の内側に凸形となる形状であり、該止め具の嵌着対象に該止め具の開口部端部から導入部を挟み込むように導入し、導入部に導入された嵌着対象に該止め具の保持部入口を押しつけながら該止め具を回転させると、該止め具の保持部入口が開口し、保持部入口が開口した状態で該止め具をさらに嵌着対象に押しこむことで、嵌着対象が該止め具の保持部に滑りこみ、さらに該止め具を保持部と取手部の間に交差部が生じるまで回転させることで、嵌着対象を該止め具の保持部で保持させることを特徴とする止め具。 (もっと読む)


【課題】簡便な構造で、かつ安価にフィルム二重張り構造が実現できるビニルハウスを提供する。
【解決手段】数の骨部材で構築した骨組みの周囲を樹脂フィルムで覆設して構成したビニルハウスにおいて、少なくとも妻面を構成する骨部材の外側面に、所定のフィルム止め手段により外側樹脂フィルムを張設するとともに、前記骨部材の内側面に、長手方向へ伸延する溝孔部を形成し、この溝孔部に、当該溝孔部との間で前記樹脂フィルムを挟圧保持するフィルム押さえ板を取付けて内側樹脂フィルムを張設し、前記骨部材の前後面にそれぞれ樹脂フィルムが張設されたフィルム二重張り構造の妻面を備えることとした。 (もっと読む)


【課題】簡便な構造で、かつ安価にフィルム二重張り構造が実現できるビニルハウス用扉を提供する。
【解決手段】ビニルハウスの出入口にスライド自在に取付けられるビニルハウス用扉であって、骨部材を組合せて矩形形状の枠体を構成し、前記縦枠の外側面に、所定のフィルム止め手段により外側樹脂フィルムを張設するとともに、前記骨部材の内側面には、長手方向へ伸延する溝孔部を形成し、この溝孔部に、当該溝孔部との間で前記樹脂フィルムを挟圧保持するフィルム押さえ板を取付けて内側樹脂フィルムを張設してフィルム二重張り構造とした。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、ポンプを常設する必要のない保温性に優れた農業用ハウスを形成することができる支持部材を提供する。
【解決手段】 本発明の支持部材5は、所定間隔毎に配設してなる複数個の門形状の支柱1、1間に、合成樹脂フィルム2a、2bが内外方向に重ね合わせられ且つ外周部が閉塞された状態で張設されてなる農業用ハウスAの上記内外合成樹脂フィルム2a、2b間に配設されて用いられる支持部材であって、この支持部材を上記支柱1に固定するための固定部5aと、上記内外合成樹脂フィルム2a、2b間に配設されて空気層Bを形成するためのスペーサ部材6を支持する支持部5bとを有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】栽培圃場を防虫ネットで囲ってなるネット平張施設において、該圃場内が降雨で濡れるのを防止するための雨除け構造に関し、既存のネット平張施設において、必要最小限の改造で容易に付加可能な簡易で安価な雨除け構造を実現する。
【解決手段】栽培圃場を防虫ネットで囲ってなるネット平張施設の天井部に所定間隔で配設された桁部材を利用して樋載置手段を取付け支持すると共に、樋載置手段を利用して、隣接する桁部材の間のアーチパイプを連結固定する構造であるため、桁部材の上方に樋を載置支持して、雨除けシート上に降った雨水を樋に導いて排水できる。そして、この樋載置手段を利用して、隣接する桁部材との間のアーチパイプを連結固定する構造となっているため、各アーチパイプの上に雨除けシートを張って、ネット平張施設内が降雨で濡れるのを防止することが可能となる。 (もっと読む)


【課題】被覆シートを損傷することなく、かつ、取付用の冶具等を用意することなくビニールハウスに容易に取り付けることができる安価なビニールハウスの雨水流れ込み防止装置を提供する。
【解決手段】ビニールハウスにおける開口部の上方に樋13を取り付け、該樋は、ビニールハウスにおける被覆シート1を固定するための水平方向の被覆シート固定部材15に導水用シート17の一縁17aを固定し、該導水用シートの形状を形状保持手段19により略樋状に保持させてなることを特徴とするビニールハウスの雨水流れ込み防止装置。 (もっと読む)


【課題】繰り返し使用が可能であると共により円滑に装着させることができ、更に、容易に取扱うことができるシート保護用条材を提供する。
【解決手段】第1条部1及び第2条部2には硬質の合成樹脂(プラスチック)材を、また、中間部3には軟質の合成樹脂(プラスチック)材を用いて、第1条部1、第2条部2及び中間部3を一体成形してある。シート保護用条材Aは、第1条部1と第2条部2とを深さ方向へ互いにずらし、第1条部1の第1底壁部11と第1側壁部12との角部内に、第2条部2の第2底壁部21を挿入することによって、シート保護用条材Aの幅寸法を可及的に狭くしておく。そして、狭幅状態のシート保護用条材AをシートSと共に、シート止用条材30の係止部33に内嵌させる。 (もっと読む)


1 - 13 / 13