説明

Fターム[2D038JH01]の内容

Fターム[2D038JH01]の下位に属するFターム

Fターム[2D038JH01]に分類される特許

1 - 20 / 45



【課題】温水ヒータが異常昇温して温水ヒータが断線した場合に、温水ヒータを周辺の電気回路から隔離して漏電を防止する、温水洗浄便座を提供する。
【解決手段】温水洗浄便座は、給水源から水を供給され温水を生成する温水タンクユニット10と、温水タンクユニット10で生成された温水を人体局部へ噴射する洗浄手段と、水または温水の流量を調整する止水弁3と流量調整弁と、を備え、温水タンクユニット10は、供給された水を蓄える温水タンクと、温水タンク内に蓄えた水を所定の温度に加熱するシーズヒータ12と、温水タンク内で加熱された温水の温度を調整するサーミスタ13と、温水タンク内で加熱された温水の異常昇温時にシーズヒータ12への通電を遮断する温度ヒューズ14と、を具備し、温度ヒューズ14は、温水ヒータ12の両側に直列接続される。 (もっと読む)


【課題】携帯情報端末によって温水洗浄便座を操作する場合の使い勝手が良好な温水洗浄便座システムと、そのための携帯情報端末とを提供する。
【解決手段】携帯情報端末10を所持した人Pがトイレルーム1に入室すると、人体検知センサ7が検知し、温水洗浄便座3から携帯情報端末10に無線信号が送信され、携帯情報端末10の表示が非着座時用操作画面80に切り替わる。人Pが便座6に着座すると、携帯情報端末10の画面が着座時用操作画面90に切り替わり、シャワー装置19等の操作が可能となる。メニュースイッチにタッチすると、条件設定画面140が表示され、設定条件を変更すると、アイコン131〜138の色又は形が変化する。 (もっと読む)


【課題】簡単な構造でありながら、電力消費を節減でき、しかも毎回の使用時に必要量の温水を使用可能とすること。
【解決手段】トイレ室への使用者の入退室を検知する人感センサ6と、使用者の入室を検知したときからタンク2内に貯蔵されている水の加熱を開始するようにヒータ8を通電制御するヒータ制御部14と、毎回の使用水量に対応する量の水をタンク2内に事前給水する給水制御部15とを備えた温水洗浄装置13である。 (もっと読む)


【課題】乾燥ノズルの進出が妨げられた状態となっても、乾燥機構の内部の温度が過剰に上昇する事態を有効に回避する乾燥ノズル進退型の乾燥機構を備える衛生洗浄装置を提供する。
【解決手段】衛生洗浄装置の制御ユニットは、サーミスタからの温度値を用いて、ファンモータおよびヒータ線により形成される温風の温度が、予め設定されている乾燥値を超えない温度となるように、ヒータ線の出力を調節するとともに、ギア機構による可動ノズル703の進出を先に開始させた後に、可動ノズル703が乾燥位置に達する前に、ファンモータおよびヒータ線の動作を開始させる制御を行う。 (もっと読む)


【課題】電気分解によって発生するスケールの堆積を確実に抑制することが可能な便器装置を提供すること。
【解決手段】便器装置APは、予め定められた洗浄条件を満たした場合に電解槽22の一対の電極へ通電すると共に、ヒーター21において水を所定温度以上まで昇温するように制御する第一洗浄モードを実行する一方で、第一殺菌洗浄モードの実行時以外において、電解槽22の一対の電極へ通電すると共に、ヒーター21への通電を停止して水を所定温度に至らないように制御する第二洗浄モードを実行する。 (もっと読む)


【課題】洗浄水の異常温度の発生を抑制し、快適性と安全性を備えた衛生洗浄装置を提供することを目的とする。
【解決手段】止水電磁弁25と流量センサ26と熱交換器50と入水サーミスタ50と出湯サーミスタ51と洗浄ノズル10と報知手段202と制御部60とを含み、制御部60は洗浄水の流量と入水温度と熱交換器60への入力とを基に、洗浄水の出湯温度の予測値を算出する出湯温度演算手段63を備え、出湯温度演算手段63が算出した予測値と、出湯サーミスタ51が検知した出湯温度とが所定の範囲以上異なる場合、報知手段202による異常報知および熱交換器40への通電の遮断を実施するものである。
これにより、入水サーミスタ50と出水サーミスタ51の異常検知が可能となり、洗浄水の異常温度の発生を抑制することが可能となり、快適性と安全性を備えた衛生洗浄装置を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】温水タンク本体の外表面の大部分を覆うことができる保温部材を容易に取り付けることができる温水タンクを提供する。
【解決手段】温水タンク10は、ヒーター31を内部に配置し、内部に流入した水を貯留して温め、その温水を外部に流出させる。下方に開口した端部を有する第1ケース11と、上方に開口した端部を有する第2ケース12とを具備し、端部11Aと端部12Aとが接合され、内外に配置される部品の流出口11B等が外表面に形成された温水タンク本体13と、流出口11B等に対応する部分が開口し、内表面が第1ケース11の外表面の形状に沿って形成されており、第1ケース11の外表面に固定された第1保温部材14と、流入口12B等に対応する部分が開口し、内表面が第2ケース12の外表面の形状に沿って形成されており、第2ケース12の外表面に固定された第2保温部材15とを備えている。 (もっと読む)


【課題】流入された原水によって発電及び充電がなされ、安定的な使用が可能である自家発電ビデの制御方法を提供する。
【解決手段】流入された原水によって発電を行う発電機と、上記発電機で発生された電気を貯蔵する充電部と、上記発電機を通過した原水を噴射するノズル部と、上記発電機と上記ノズル部の間に備えられるノズル流路部とを含み、 上記ノズル流路部を流動する原水を通じて発電を行う自家発電ビデの制御方法であって、使用者がビデを使用しようとすることを感知する使用感知段階;及び使用者がビデを使用しようとすることが感知されると、上記充電部に充電された充電部の電圧が予め設定された充電必要電圧より低いか否かを判断し、上記充電部の電圧が上記充電必要電圧より低い場合には上記発電機を通じて発電を行い、上記充電部を充電する電圧チェック段階;を含む自家発電ビデの制御方法。 (もっと読む)


【課題】瞬間加熱式の熱交換器に熱応答性が比較的悪いヒータを用いた場合でも、通水の開始直後に所望の温度の洗浄水を得ることができる衛生洗浄装置を提供する。
【解決手段】水を瞬間的に加熱するヒータ441を有する熱交換器440と、水の供給を制御する給水弁431と、吐水口から水を噴射して人体局部を洗浄する洗浄ノズル471と、ヒータ441により加熱された水の温度を検知する水温検知手段443と、洗浄ノズル471から水の噴射を開始する前にヒータ441に通電しつつ熱交換器440内の水を排出する局部洗浄準備動作を実行するとともに、水温検知手段443により検知された水の温度が所定の異常温度よりも高くなるとヒータ441への通電を停止する異常対応動作を実行する制御部405とを備え、制御部405は、局部洗浄準備動作の実行中において、異常対応動作を実行せずに局部洗浄準備動作を継続する強制加熱モードを実行する。 (もっと読む)


【課題】 着座センサの検出不良に由来する動作の不具合に有効に対応することができ、かつ、部材点数の削減および低コスト化も可能とする衛生洗浄装置を提供する。
【解決手段】 本発明に係る衛生洗浄装置の固定操作部52には、ノズル洗浄部の洗浄動作すなわちノズル駆動運転を許可する運転許可スイッチ21と、運転許可スイッチ21に隣接するスイッチガード部材28aが設けられている。制御部は、運転許可スイッチ21により運転許可の指令が入力されない状態では、通常洗浄開始スイッチ23bまたはビデ洗浄開始スイッチ23dが操作されてもノズル洗浄部の動作を禁止し、運転許可スイッチ21により運転許可の指令が入力されたときには、ノズル洗浄部の動作を許可し、当該ノズル洗浄部を制御するよう構成され、かつ、スイッチガード部材28aにより運転許可スイッチ21が不用意に操作されないように構成されている。 (もっと読む)


【課題】シワなどによる空隙の発生を十分に防止できケーシングに容易かつ確実に貼り付け可能なシート状加熱ユニット、それを備えた便座装置およびそれを備えた衛生洗浄装置を提供する。
【解決手段】衛生洗浄装置は、着座部の加熱機能を有する便座装置を備える。便座装置は便座を備える。便座においては、着座部を有する上部ケーシングの下面に便座ヒータ450が貼り付けられる。上部ケーシングは第1の側部、第2の側部および後部を有する。上部ケーシングの第1の側部、第2の側部および後部は、それぞれ内側縁部および外側縁部を有する。便座ヒータ450は、上部ケーシングの複数の内側縁部に対応する複数の内側縁部II1,II2,II3を有する。便座ヒータ450の複数の内側縁部II1,II2,II3からなる便座ヒータ450の内側部分に複数の切り込み部S1,S2が形成されている。 (もっと読む)


【課題】 着座センサの検出不良に由来する動作の不具合に有効に対応することができ、かつ、部材点数の削減および低コスト化も可能とする衛生洗浄装置を提供する。
【解決手段】 本発明に係る衛生洗浄装置は着座センサおよびリモコン操作部を備えなくてもよく、固定操作部52には、ノズル洗浄部の洗浄動作すなわちノズル駆動運転を許可する運転許可スイッチ21aと、洗浄動作操作スイッチ23と、洗浄操作面52aを覆う操作蓋52gが設けられている。制御部は、運転許可スイッチ21aにより運転許可の指令が入力されたときには、操作蓋52gを開くことができる状態とした上で、ノズル洗浄部の動作を許可し、当該ノズル洗浄部を制御するとともに、運転中表示LED22aを点灯させるよう構成されている。 (もっと読む)


【課題】 着座センサの検出不良に由来する動作の不具合に有効に対応することができ、かつ、部材点数の削減および低コスト化も可能とする衛生洗浄装置を提供する。
【解決手段】 本発明に係る衛生洗浄装置は着座センサおよびリモコン操作部を備えなくてもよく、固定操作部52には、ノズル洗浄部の洗浄動作すなわちノズル駆動運転を許可する運転許可スイッチ21と、ノズル駆動運転が許可されたことを表示する運転中表示LED22aが設けられている。制御部は、運転許可スイッチ21により運転許可の指令が入力されない状態では、通常洗浄開始スイッチ23bまたはビデ洗浄開始スイッチ23dが操作されてもノズル洗浄部の動作を禁止し、運転許可スイッチ21により運転許可の指令が入力されたときには、ノズル洗浄部の動作を許可し、当該ノズル洗浄部を制御するとともに、運転中表示LED22aを点灯させるよう構成されている。 (もっと読む)


【課題】 高精度に室温を検知して便座の温度制御を高精度に行うことにより、省エネルギーを達成することができる衛生洗浄装置を提供する。
【解決手段】 制御部90は、遠隔器600から送信された人体の存否の検出結果に基づいて、人体がトイレ室内に存在する使用状態及び人体がトイレ室内に存在しない待機状態の何れであるかを判定する。制御部90は、使用状態から待機状態へ変化した時点t0から第1待機時間t1以内において、遠隔器600から送信された周囲の温度T1を便座ヒータ450への通電量を制御するための室温として用い、第1待機時間t1経過後において、第2室温検知器620で検知された周囲の温度T2を便座ヒータ450への通電量を制御するための室温として用いる。 (もっと読む)


【課題】殺菌水の濃度を確保しつつ水の流量や水勢を確保し、洗浄ノズルをより効率的に殺菌することができる衛生洗浄装置を提供することを目的とする。
【解決手段】吐水口を有し、前記吐水口から水を噴射して人体局部を洗浄するノズルと、給水源から供給される水を前記ノズルに導く導水部と、前記導水部の途中に設けられ殺菌水を生成可能な殺菌水供給手段と、前記殺菌水供給手段を流れる水の流量を調整する流量調整手段と、前記導水部を流れる水の流動状態を変動させる流動変動手段と、前記流量調整手段を制御して前記殺菌水供給手段を流れる水の流量が最大流量よりも少ない状態で前記殺菌水供給手段で前記殺菌水を生成させるときは、前記流動変動手段を制御して前記導水部を流れる水の流動状態を変動させる制御を実行する制御部と、を備えたことを特徴とする衛生洗浄装置が提供される。 (もっと読む)


【課題】立ち上がりが早く、低温やけど防止など安全性を確保した、省エネルギー性に富んだ瞬間暖房便座を実現する。
【解決手段】空洞部に熱エネルギーを発生するランプヒータ2を有する便座1と、人体の有無を検出する人体検出手段3と、人体局部を洗浄する洗浄水を加熱する温水ヒータ5とを備え、制御手段4により、人体検出手段3にて人体を検出したときにランプヒータ2への通電を行い、ランプヒータへの通電を行っている間は温水ヒータ5への通電を停止することにより、人体を検出したときのみランプヒータへ通電することで人体が着座したときに冷たくなく、また、ランプヒータ通電時には温水ヒータへの通電を停止するため漏電・過電流防止遮断器が動作することが無く、省エネルギー性に富み、かつ、使い勝手が向上することとなる。 (もっと読む)


【課題】配線数を最小限に抑え、安価で、効率よく組み立て製造可能な便座装置を提供することを目的とする。
【解決手段】本体200と、便座400と、洗浄手段と、制御部90と、操作手段とを含み、制御部90は第1のマイクロコンピュータ91を備え、本体の外面には操作手段の少なくとも一部の機能を含む操作部300を備え、操作部300は、スイッチ310と、表示素子340と、検知素子600とを含む複数の種類の素子のうち、少なくとも1種類以上の複数個の素子と、複数個の素子と接続した第2のマイクロコンピュータ92とを備え、制御部90と操作部300との接続は、第1のマイクロコンピュータ91と第2のマイクロコンピュータ92とを通信線93で接続したことにより、素子の個数に関わらず、制御部と操作部との配線数を最小限に抑えることができる。 (もっと読む)


【課題】ホース内の残水を排出し、置換することができる人体洗浄装置を提供する。
【解決手段】洗浄水を加熱する熱交換器と、前記熱交換器からの洗浄水を導水するホースと、前記ホースの一端に接続され、前記ホースを導水された前記洗浄水を吐水する吐水口と、前記吐水口からの前記洗浄水の吐水および止水を切り替える開閉弁を開閉させる操作部と、を有するハンドノズルと、前記ハンドノズルの少なくとも一部を収納可能な収納部と、を備え、前記ハンドノズルが前記収納部に収納されると、前記操作部は、前記開閉弁を閉止した状態から開放した状態へと遷移させることを特徴とする人体洗浄装置が提供される。 (もっと読む)


【課題】夏場では供給される上水温度もトイレ室内の温度も高いため、トイレ不使用中は
温水温度も暖房便座温度も通常状態よりも低く設定しても差し支えない。本発明は、集合
住宅のように窓のないトイレでは、トイレ使用時にはトイレ照明灯60が点灯されるため
、消灯状態ではトイレ不使用状態と判断し、トイレ室内の雰囲気温度が夏場のように高い
ときは、温水ヒータと便座ヒータを、通常通電モードよりも通電率が低下する節電モード
とすることにより、集合住宅として好適な節電効果を奏する便座装置を提供する。
【解決手段】便座装置が設置されたトイレ室内のトイレ照明の点灯状態では、便座ヒータ
と温水ヒータは通常通電制御モードであり、トイレ照明灯の消灯状態では、トイレ室内の
雰囲気温度検知センサが所定温度以上を検知しているときは、便座ヒータと温水ヒータに
よる加温温度を低下する節電制御モードとする。 (もっと読む)


1 - 20 / 45