Array ( [0] => その他の電気的手段による材料の調査、分析 [1] => 検出対象 [2] => 金属 [3] => アルカリ金属、アルカリ土類金属を含むもの ) 検出対象 | 金属 | アルカリ金属、アルカリ土類金属を含むもの
説明

Fターム[2G041FA18]の内容

その他の電気的手段による材料の調査、分析 (22,023) | 検出対象 (2,606) | 金属 (105) | アルカリ金属、アルカリ土類金属を含むもの (15)

Fターム[2G041FA18]に分類される特許

1 - 15 / 15



【課題】大気イオン化法を適用可能な物質の範囲を金属や他の無機種を含むまでに拡大する。無傷の有機または有機金属分子も分析できるものと同じ機器を用いて、表面試料を直接サンプリングする、あるいは、拭き取って別の場所で分析するための物質を収集する。
【解決手段】無機元素が揮発し表面から直接脱離されるように表面をキレート試薬で処理する工程と、前記表面の上のボリュームまたは前記表面を拭き取る綿棒を大気圧で準安定原子および分子の流れに曝して、揮発性化合物をイオン化する工程と、前記イオン化した揮発性化合物を質量分析計等に移す工程とを含むことを特徴とする質量分析による無機分析方法。 (もっと読む)




【課題】微量元素の定性分析を正確に行う。
【解決手段】本発明の微量元素評価方法は、二次イオン質量分析法を用いて、試料に含有する微量元素を検出する微量元素評価方法であり、前記試料にイオンを注入し、前記試料の体積を増加させるステップと、体積が増加した前記試料にイオンビームを照射させ、前記微量元素の二次イオン質量分析を行うステップと、を有することを特徴とする。これにより、極浅領域での微量元素の検出量が向上し、その定性分析をより正確に行うことができる。 (もっと読む)




【課題】カルボン酸およびカルボン酸塩のいずれも含有しない液であって、カルボン酸ともカルボン酸塩とも異なるイオン性化合物を極めて低濃度で含有する液中の該イオン性化合物のカチオンを定量する方法を提供する。
【解決手段】カルボン酸およびカルボン酸塩のいずれも含有しない液であって、カルボン酸ともカルボン酸塩とも異なるイオン性化合物で、定量対象のイオン性化合物を含有した液のサンプルにカルボン酸またはカルボン酸塩を加えて溶解させた後に、液体クロマトグラフ/マススペクトル装置を用いて該イオン性化合物由来のカチオンを定量することを特徴とするカルボン酸ともカルボン酸塩とも異なるイオン性化合物の定量方法。 (もっと読む)





【課題】高強度、高剛性、高耐磨耗性、高耐熱性および高耐腐食性といった特性を持っており溶液化が困難であるサファイア基板試料を、不純物および汚染の導入をできるだけ排除して、溶液化し、サファイア基板中の微量元素を定量する方法を提供する。
【解決手段】サファイア中微量元素の定量方法は、サファイア基板試料を酸分解法またはアルカリ融解法により分解し、得られた溶液中の微量元素を、フローインジェクション導入−ICP/質量分析法によって測定する。 (もっと読む)



【課題】 混和剤の性能に対して大きな影響を及ぼす官能基の量を求めるために、複数の分析装置を組み合わせて分析する必要がなく、簡単且つ迅速に前記官能基の量を求めることができる混和剤の分析方法を提供する。
【解決手段】 本発明は、混和剤中の官能基と塩を形成しているアルカリ金属及びアルカリ土類金属のモル数を個々に求め、該モル数に前記金属の価数をそれぞれ乗じた後に総和し、この総和した値をカルボキシル基及びスルホン酸基のモル数の総量とするようにした。 (もっと読む)


アルカリ金属類が溶媒中に溶出されにくくすることにより長期間保存した場合でも不純物の少ない(不純物含量が増加しにくい)溶媒の提供を課題とする。本発明は、アルカリ金属類除去処理がなされたガラス容器又はテフロンTM容器中に保存された高感度分析用溶媒、及びアルカリ金属類除去処理がなされたガラス容器又はテフロンTM容器中に溶媒を保存することを特徴とする、高感度分析用溶媒の保存方法に関する。 (もっと読む)


1 - 15 / 15