説明

国際特許分類[A61K8/88]の内容

国際特許分類[A61K8/88]に分類される特許

1 - 10 / 317



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】肌が落屑等によって荒れている場合であっても、落屑等の肌表面を修復し、肌へ好適に密着追従して化粧もちを向上する技術を提供する。
【解決手段】(A)特定の構造を有するオルガノポリシロキサン、(B)特定の構造を有する架橋型メチルポリシロキサン、(C−1)板状粉体、(C−2)球状粉体および水を含有する化粧料。 (もっと読む)


【課題】感触および品質安定性に優れた増粘性組成物およびそれを用いた皮膚外用剤を提供する。
【解決手段】
増粘性組成物は、ポリアミノ酸類架橋体と、電離度が0.01以上1.0以下である塩類化合物とを配合してなり、前記ポリアミノ酸類架橋体の配合量が組成物全量基準で0.5質量%以上10質量%以下であることを特徴とする。この増粘性組成物を配合してなる皮膚用外用剤は、感触および品質安定性に優れる。 (もっと読む)


【課題】粒子径分布の狭いポリマー微粒子を簡便に製造する。
【解決手段】
ポリマーAとポリマーBと有機溶媒とを溶解混合したときに、ポリマーAを主成分とする溶液相と、ポリマーBを主成分とする溶液相の2相に相分離する系において、エマルジョンを形成させた後に、ポリマーAの貧溶媒を接触させることにより、ポリマーAを析出させることを特徴とするポリマー微粒子の製造方法。本手法を用いることにより、粒子径分布の狭いポリマー微粒子を簡便に合成することができ、これまで製造しづらかった耐熱性の高いポリマー等に有効に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】増粘剤の提供。
【解決手段】下記一般式(1)で示される化合物である(A)成分と、カチオン系界面活性剤である(B)成分とを含有する組成物


(上記一般式(1)において、Rは炭素数1〜23の炭化水素基を示し、Rは水素又は炭素数1〜3の炭化水素基を示し、Yはカルボキシル基、スルホン酸基、硫酸エステル基、リン酸エステル基又はそれらの塩を示し、Zは−NR’−(R’は水素又は炭素数1〜10の炭化水素基を示す。)、−O−、又は−S−を示し、j、kは0、1、2のいずれかであり、かつj、kは同時に0ではなく、nは2〜20の整数を示す。Xは分子量100万以下の炭化水素鎖を示す。) (もっと読む)


【課題】 顔の美容法に関しては、さまざまな方法が行われているが、スキンケアーが中心であり、あくまでも現状維持や一時的な回復を期待するものであり、本質的な肌の改善にはなりえないものであった。
【解決手段】炭酸温水にビタミンC誘導体を含む美容成分を溶かした少量の美容液で顔パックを行い、パックが乾かないように随時美容液をパック上部に補給する方法を提案している。これにより、美容液濃度が高い炭酸含有美容液を常に肌に補給でき、大きな効果が期待できる。さらに、顔に赤外線や美容光線を照射することにより、皮下の毛細血管の血流をさらに増加させながら体内酵素の働きを活性化させてビタミンCの吸収を促進するとともに肌の新陳代謝や美白などの美容効果を得る方法と装置を提案している。 (もっと読む)


【課題】改善された耐水性能を示し、処方物をつけた人の皮膚を横切る処方物の移動を減少させる物理的特性を有し、そして限定された滑り握り(slip grip)性能特性を提供する、紫外線の物理的および生化学的影響に対して皮膚を保護するための処方物を提供すること。
【解決手段】皮膚への局所適用のためのエマルジョン処方物であって、水相、油相、少なくとも一種の乳化剤、およびエチレンジアミン/ネオペンチルグリコール/ステアリル水素化ダイマージリノレエートコポリマーを含む、処方物。 (もっと読む)


【課題】毛髪になめらかさ、まとまりを付与し、その効果を翌日のシャンプー直前まで持続させることができ、かつ、コンディショニング処理後に毛髪にべたつき感を与えず、ひんやり感が付与され、心地よい感触が得られる。
【解決手段】成分A、成分B及び成分Cを含む毛髪化粧料組成物;成分A:重量平均分子量Mwが1000〜50000のポリアミン、成分B:下記式(1)で示される末端分岐脂肪酸(B−1)、及び炭素数14〜22の直鎖脂肪酸とイソステアリン酸との混合脂肪酸(混合比率(質量)が0.25〜4.0)(B−2)から選択される脂肪酸
【化1】


(式中、Rはメチル基またはエチル基を示し、nは9〜17の整数を示す。)
成分C:カチオン性またはアニオン性界面活性剤。 (もっと読む)


【課題】皮膚への貼付が簡単であり貼付後はほとんど透明となりその上から化粧ができ傷、シミ、シワなどの皮膚の欠点を隠し、上から化粧を施しても化粧用シートを貼っていることがわからない化粧用シートの提供。
【解決手段】ナノファイバー不織布からなる化粧用シート21であり、その化粧用シートに糊となる成分を配合した美容液をしみこませることでナノファイバー不織布のみを皮膚に貼付することが可能である。この化粧用シートを糊を含んだ美容液とともに皮膚に貼付後、化粧用シートの上から化粧を施すことにより、肌のシミ、シワ、傷などを隠蔽できることが可能となり、傷、シミ、シワなどの皮膚の欠点を隠しながら同時に見た目に自然な状態を持たせ、上から化粧を施しても化粧用シートを貼っていることがわからない状態を作ることができる化粧用シート。 (もっと読む)


1 - 10 / 317