説明

国際特許分類[H01J5/50]の内容

電気 (1,674,590) | 基本的電気素子 (808,144) | 電子管または放電ランプ (32,215) | 電子管または放電ランプの2以上の基本的な型に共通なうつわまたは導入線に関連する細部 (432) | 電気的接続を行うための管またはランプの部分を形成する手段 (324)

国際特許分類[H01J5/50]の下位に属する分類

うつわの部分に直接適用されるもの,またはうつわの部分を形成しているもの
分離した部分によって支持されるもの,例.ベース (6)

国際特許分類[H01J5/50]に分類される特許

1 - 10 / 318



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】口金に装着した外管に強い回転力が作用しても、その外管が割れにくく、また、口金に装着した外管が口金から脱落したり空回りしないようにする。
【解決手段】外管付きランプ1は、ランプ本体3と、その片端側に形成されたピンチシール部8を挿通支持する挿通孔11が形成された支柱12を有する口金4と、片端開口部21が支柱12に外装されてランプ本体3を収納する外管5とを備え、外管5の円筒内壁面23には、支柱12と対向する部分に、直径に対して対称な平行の絞り部Sが円筒内壁面23に弦を描くように形成され、支柱12は、絞り部の内面形状に対応して外管5を回転不能に支持する断面形状に形成されると共に、絞り部と対向する部分には、外管5との間に充填された充填剤を係止する凹部20を形成した。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】本発明が解決しようとする課題は、ランプの最冷点温度を低下し、密閉器具等の比較的高温で使用される環境においても、高い光束と効率を得られ。かつ、口金の暗部を少なくし、照明器具内で点灯した際の点灯外観の低下を抑制することである。
【解決手段】環径が異なる複数の環状管が略同心円状に設けられ、前記複数の環状管の端部を連結し、前記複数の環状管の異なる端部に設けられた2つの電極を通る一つの放電部が形成され、前記環状管の端部を覆う口金を具備した環形蛍光ランプにおいて、該口金の端部に前記環状管の端部形状に合わせた凹部を有する。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

1 - 10 / 318