説明

TOTO株式会社により出願された特許

171 - 180 / 3,889


【課題】構造の簡略化や部品点数の削減により安価な排水栓装置を提供する。
【解決手段】栓蓋310の昇降により排水口521を開閉する排水栓部300と、押しボタン110の操作部100と、押しボタン110の動作を栓蓋310へ伝達し栓蓋310を昇降させる伝達部と、栓蓋310を上昇させる方向へ付勢する付勢部と、栓蓋310および押しボタン110の位置を制御するロック機構を備え、伝達部は、押しボタン110の昇降動作と栓蓋310の昇降動作とを連動させる伝達部材と、押しボタン110を押す力の方向を反転させて栓蓋へ伝達する動作反転部とを有し、付勢部の付勢力に対抗しつつ押しボタン110を押す力を栓蓋310へ伝達して栓蓋310を下降可能とされ、ロック機構は、栓蓋310が下降し排水口521を閉じた状態および押しボタン110が下降した状態を保持可能で、動作反転部およびロック機構は、ケーシング200に収納され一体化される。 (もっと読む)


【課題】
最適なタイミングで吐水可能な水栓装置を提供する。
【解決手段】
水を吐出する吐水口と、電波を放射し、放射した電波の被検知体からの反射波を受信して、被検知体の移動に関する情報を検知信号として出力するセンサ部と、前記検知信号に基づいて、前記吐水口からの吐水、止水を切替えるバルブを制御する制御部と、を備え、前記制御部は、前記検知信号の周波数に基づいて検知エリア内における被検知体が停止する直前の速度となったか否かを判定するとともに、前記検知信号の電圧値に基づいて前記検知エリア内における被検知体が吐水口の近傍にあるか否かを判定する判定部を有しており、被検知体が吐水口に向かって減速しながら接近して停止する際の動作において、被検知体が停止する直前の速度となり、且つ被検知体が前記吐水口の近傍にあることを判定した場合に、吐水が開始されるようバルブを制御することを特徴とする水栓装置を提供する。 (もっと読む)


【課題】操作ボタンの操作に必要な力を低減できる、あるいは排水を確実に実行できる排水栓装置を提供することを目的とする。
【解決手段】栓蓋を有し、前記栓蓋の昇降により浴槽の排水口を開閉する排水栓部と、押しボタンを有し、前記押しボタンを押す操作を入力可能な操作部と、前記押しボタンの動作を前記栓蓋へ伝達し前記栓蓋を昇降させる伝達部と、前記栓蓋を上昇させる方向および前記押しボタンを上昇させる方向へ付勢する付勢部と、前記栓蓋および前記押しボタンの位置を制御するロック機構と、を備え、前記伝達部は、前記押しボタンを押す力を増幅して前記栓蓋へ伝達する増幅部を有し、前記付勢部の付勢力に対抗しつつ前記増幅した力を伝達して前記栓蓋を下降させ、前記ロック機構は、前記栓蓋が下降し前記排水口を閉じた状態および前記押しボタンが下降した状態を保持可能であることを特徴とする排水栓装置が提供される。 (もっと読む)


【課題】燃料電池モジュール内を安定して適正温度に維持しながら、エネルギー効率を高めることができる固体酸化物型燃料電池を提供する。
【解決手段】本発明は、固体酸化物型燃料電池(1)であって、燃料電池モジュール(2)と、燃料供給手段(38)と、発電用酸化剤ガス供給手段(45)と、残余燃料を燃焼させる燃焼部(18)と、蓄熱材(7)と、需要電力検出手段(126)と、温度検出手段(142)と、温度を積算することにより蓄熱量を推定する蓄熱量推定手段(110a)と、燃料による加熱効果と、発電用酸化剤ガスによる冷却効果を利用して、適正温度制御を実行する制御手段(110)と、を有し、制御手段は、燃料電池モジュールが適正温度範囲内にある場合に、適正温度範囲から概ね外れることなく燃料利用率が高くなるように、燃料、酸化剤ガス供給量を補正する燃料利用率調整手段(110b)を有することを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】節水性能は確保しつつ、排水横枝管内における尿石の発生を抑制することが可能な小便器装置を提供すること。
【解決手段】この小便器装置は、使用者と対向するボウル背壁面202a及びボウル背壁面202aの下方に位置するボウル底面202bを有し、使用者からの尿流を受けるボウル部と、ボウル底面202bに開口した排水口203と、封水を形成するために水を溜める第一溜水領域及び第二溜水領域並びに第一溜水領域に繋がる第一流入口及び第二溜水領域に繋がる第二流入口を有するトラップ部と、ボウル部に洗浄水を供給するための給水手段と、第一流入口及び第二流入口側を覆う遮蔽部61、ボウル部側からの尿及び洗浄水を通過させる孔部62並びに目皿60を通過する尿の第一流入口への指向性を第二流入口への指向性よりも高める塞止部63を有する目皿60と、を備える。 (もっと読む)


【課題】節水性能は確保しつつ、排水横枝管内における尿石の発生を抑制することが可能な小便器装置を提供すること。
【解決手段】この小便器装置は、使用者と対向するボウル背壁面及びボウル背壁面の下方に位置するボウル底面を有し、使用者からの尿流を受けるボウル部と、ボウル底面に開口した排水口と、封水を形成するために水を溜める第一溜水領域及び第二溜水領域並びに第一溜水領域に繋がる第一流入口及び第二溜水領域に繋がる第二流入口を有するトラップ部と、ボウル部に洗浄水を供給するための給水手段と、第一流入口及び第二流入口側を覆う遮蔽部61、並びにボウル部側からの尿及び洗浄水を通過させ、尿及び洗浄水の流速差によって目皿60を通過する尿の第一流入口への指向性を第二流入口への指向性よりも高める孔部62を有する目皿60と、を備える。 (もっと読む)


【課題】 吐水装置の使用前において、検出頻度の高い吐水部に対応する操作部の応答性を良くしておけば、他の吐水部に対応した操作部の応答性を落としておいても、吐水装置としての応答性に影響を与えないという知見に基く。
【解決手段】 複数の吐水口に夫々繋がる独立した給水路と、この給水路に夫々設けられた流路開閉弁と、この流路開閉弁の夫々を開閉操作するために設けられた検知センサと、前記検知センサの検知状態に基づいて、対応する前記流路開閉弁の状態を切替える制御部と、を備えた吐水装置において、前記制御部は、前記流路開閉弁の全てが閉弁状態であるときに、前記検知センサの内の1つを第一駆動周期で間欠動作させ、他の検知センサを前記第一駆動周期より周期の長い第二駆動周期にて間欠動作させると共に、前記第一駆動周期で間欠動作している検知センサが使用者を検知すると他の検知センサを第二駆動周期よりも短い周期で駆動する。 (もっと読む)


【課題】布巾やスポンジを用いた日常のお手入れを行っても撥水性表面コーティング処理のような摺動や研磨による剥離もなく、また、薬品を用いた清掃を行っても撥水性能が回復することで、長期に撥水性能を維持した人工大理石樹脂成形体を提供することを可能とする。
【解決手段】 樹脂に、撥水剤を配合し成型硬化させてなる人工大理石成型体において、
前記撥水剤は、人工大理石表面に発現した撥水性が表面拭き取りにより低下した際、その後当該撥水性を回復させる、撥水性回復効果を有するものであることを特徴とする人工大理石成形体。 (もっと読む)


【課題】エネルギー効率を向上させながら、排気中に含まれる有害なガスを減じることができる固体酸化物型燃料電池を提供する。
【解決手段】固体酸化物型燃料電池1であって、燃料電池モジュール2と、燃料供給手段38と、発電用酸化剤ガス供給手段45と、発電に利用されずに残った残余燃料を燃焼させる燃焼部と、蓄熱材と、需要電力検出手段126と、蓄熱材の蓄熱量を推定する蓄熱量推定手段110aと、需要電力及び蓄熱量に基づいて残存熱量利用制御を実行する制御手段110と、燃焼部を通って排出される排気ガスの状態を検出又は推定する排気ガス状態判定手段110bと、を有し、制御手段は、排気ガス状態判定手段の判定結果に基づいて、残存熱量利用制御により設定された燃料供給量又は発電用酸化剤ガス供給量を補正する排気ガス適正化手段110cを有する。 (もっと読む)


【課題】布巾やスポンジを用いた日常のお手入れを行っても撥水性表面コーティング処理のような摺動や研磨による剥離もなく、また、薬品を用いた清掃を行っても撥水性能が回復することで、長期に撥水性能を維持した樹脂成形体を提供することを可能とする。
【解決手段】 樹脂に、撥水剤を配合し成型硬化させてなる樹脂成型体において、
前記撥水剤は、樹脂表面に発現した撥水性が表面拭き取りにより低下した際、その後当該撥水性を回復させる、撥水性回復効果を有するものであることを特徴とする樹脂成形体。 (もっと読む)


171 - 180 / 3,889