株式会社野村総合研究所により出願された特許

1 - 10 / 1,067



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187

【課題】金融商品業務システムの複雑化に適応できる分析技術を提供する。
【解決手段】分析装置100は、証券業務システムの複数の機能を実現する複数のアプリケーションの処理件数と、複数のアプリケーションによって使用されるメインDBサーバのCPU使用率と、を対応付けて履歴データとして取得する履歴取得部110と、履歴取得部110によって取得された履歴データに対して、複数のアプリケーションの処理件数のそれぞれを説明変数とし、メインDBサーバのCPU使用率を目的変数とした重回帰分析を施すことにより、偏回帰係数を導出する重回帰分析部114と、を備える。 (もっと読む)


【課題】 組織内にて格納蓄積されていく文書データを介して、組織が法律や契約などの重大な約束事に違反するおそれを未然防止するのに役立つ文書管理装置を提供する。
【解決手段】 検閲対象となる文書データを所定の文書サーバから例えば定期的に受信する対象文書受信手段と、文書サーバ毎のNGワードを格納するNG判定用辞書記憶手段と、対象文書受信手段が受信した文書データの文書を形態素解析して単語を抽出する形態素解析手段と、その形態素解析手段が抽出した単語が前記NG判定用辞書記憶手段を参照して前記NGワードであるか否かを判断し、NGワードが存在すると判断した場合には当該NGワードを起点として修正候補であるか否かを判断するNG判断手段と、NGと判断した修正候補を含む判断結果データを所定の端末へ送信する処理結果出力手段と、を備えた文書管理装置とする。 (もっと読む)


【課題】徒歩ルートの検索と交通機関ルートの検索とを別々に行い、徒歩の移動ルートと交通機関ルートとを含む総合移動ルートの生成を高速に行う。
【解決手段】ユーザ端末装置3は、出発地及び目的地の指定を受け付けるリクエスト受付部32と、交通機関の乗車地候補及び下車地候補を抽出する候補駅選定部33と、乗車地候補の一つを仮乗車地、下車地候補の一つを仮下車地とし、仮乗車地から仮下車地までの交通機関ルートを取得し、仮乗車地及び仮下車地間の距離及び交通機関ルートの乗換回数に基づいて、その交通機関ルートを選択するか否かを判定する乗車駅・下車駅決定部35と、選択された交通機関ルートの仮乗車地及び仮下車地を、それぞれ乗車地及び下車地とし、出発地から乗車地まで及び下車地から目的地までの徒歩ルートを取得し、出発地から目的地までの移動ルートを出力する移動ルート決定部37とを備える。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,067