説明

エヌイーシーコンピュータテクノ株式会社により出願された特許

1 - 10 / 572



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】主記憶アクセス経路の負荷をリアルタイムに検出して、メモリパトロールリクエストの発行周期を柔軟に調整すること。
【解決手段】本発明にかかるメモリコントローラ12は、プロセッサ11からのアクセスリクエストRに応答するメモリ13へ、メモリ13の状態を診断するための診断リクエストDを発行し、診断リクエストDの応答時間を計測し、当該計測された応答時間が所定時間より長い場合、診断リクエストDの発行周期を長くするメモリ診断回路120、を備える。 (もっと読む)


【課題】各CPU(プロセッサ)の処理負荷を軽減し、セマフォの使用効率を向上させたマルチプロセッサシステム、マルチプロセッサシステムの制御方法を提供すること
【解決手段】メモリ30は、CPU1及びCPU2からアクセスされる。セマフォ制御回路204は、CPU1、CPU2からメモリ30へのロック命令、アンロック命令を受信して、メモリ30の同期制御を行う。詳細には、セマフォ制御回路204は、ロックを行ったプロセッサがロック処理を行っている時間(ロック処理時間)をカウントする。また、セマフォ制御回路204は、ロック中にロック命令を送信したプロセッサの命令送信順序を保持し、算出済みのロック処理時間と、命令送信順序を基に、ロックに失敗した各プロセッサの待ち時間を算出して通知する。 (もっと読む)


【課題】車輪が変更された場合にも、段差をスムーズに乗り越えることができる段差乗り越え機構を提供すること。
【解決手段】本発明の実施の形態に係る乗り越え機構は、筐体11に車輪回転軸を介して接続されたキャスター12と、キャスター12の車輪回転軸よりも上方において、筐体11に回転軸を介して接続され、キャスター12が段差に接触する前に当該段差に接触する棒状部材13とを備える。棒状部材13の長さは、段差の高さと、筐体11からキャスター12の接地面までの長さに応じて決定される。 (もっと読む)


【課題】電源回路がショート状態になる故障が発生しても、入力電圧がそのまま負荷側に出力されることを確実に防止可能な電源故障検出回路を提供する。
【解決手段】前置直列スイッチング素子Q1と前置並列スイッチング素子Q2とチョークコイルL1と平滑コンデンサC1とを少なくとも備えている降圧型のDC−DCコンバータからなる電源の故障を検出し、負荷側への出力を停止する電源故障検出回路として、負荷側へ出力する出力線に直列接続した後置直列スイッチング素子Q3と、前置直列スイッチング素子Q1に流れ込む入力電流値を電流検出回路IDETによって測定した結果と前置直列スイッチング素子Q1の両端に掛かる電圧値を電圧検出回路VDETによって測定した結果とに基づいて前置直列スイッチング素子Q1の故障の前兆を検出する故障検出回路Z2とを備え、故障検出回路Z2の検出結果に基づいて、後置スイッチング素子Q3のオンオフを制御する。 (もっと読む)


【課題】電力供給元の安定度やコストに応じて、最適な電力消費が可能な電源システム提供する。
【解決手段】本発明の電源システムは、複数のAC/DC変換ユニットと、複数のAC/DC変換ユニットをグループに分けるIshare接続を制御するスイッチ回路と、スイッチ回路のスイッチを制御するIshare設定回路と、AC/DC変換ユニットの出力電圧を設定する出力電圧設定回路と、Ishare設定回路と、出力電圧設定回路とを制御する制御回路とを備える。 (もっと読む)


【課題】異なるプロセッサ間で同時に演算器が起動する電圧変動最悪パターンを改善すること。
【解決手段】本発明にかかる演算処理装置100は、同時に実行可能な複数の演算器を有する複数の処理回路120A〜120Nと、各処理回路で実行中の演算器の総数を集計する制御回路110と、を備え、複数の処理回路120A〜120Nのそれぞれは、制御回路110が集計した集計結果に応じて自己が有する演算器のうち未実行の演算器を実行するか否かを決定する。 (もっと読む)


【課題】簡単な機構で異物を除去できる媒体の搬送装置を提供する。
【解決手段】本発明の一形態に係る媒体の搬送装置は、搬送手段3と、駆動手段31と、送風手段4と、を備え、送風手段4は、第1の開口部41cと第2の開口部41dとを有し、駆動手段31の回転軸31aの一方の端部に支持されたハウジング41と、ハウジング41内に格納され、駆動手段31の回転軸31aの一方の端部に連結された羽根42と、駆動手段31の回転軸31aが一方向に回転すると、第1の開口部41cから吸い込んだ空気を第2の開口部41dから挿入口33eに向かって吐き出し、駆動手段31の回転軸31aが他方向に回転すると、第2の開口部41dから吸い込んだ空気を第1の開口部41cから挿入口33eに向かって吐き出すように、ハウジング41の回転を拘束するストッパ43と、を備える。 (もっと読む)


【課題】無停電電源装置間で融通するバッテリ電力を外部機器への供給電力に十分に活用することができないこと。
【解決手段】複数の無停電電源装置と、第1の電力伝送バスと、第2の電力伝送バスとを備える。各々の無停電電源装置は、商用電源から供給される交流電力を直流電力に変換する第1の変換部および第1の変換部から出力される直流電力を外部機器へ供給する交流電力に変換する第2の変換部を含むメインユニットと、バッテリと、メインユニットと第1の電力伝送バスとの間に接続された第1のスイッチ部と、メインユニットと第2の電力伝送バスとの間に接続された第2のスイッチ部と、バッテリと第1の電力伝送バスとの間に接続された第3のスイッチ部と、バッテリと第2の電力伝送バスとの間に接続された第4のスイッチ部とを有する。 (もっと読む)


1 - 10 / 572