説明

JFEメカニカル株式会社により出願された特許

31 - 40 / 48


【課題】溶融金属による溶損が生じにくく、かつ、溶融金属の温度に対する応答性や精度に優れる温度測定装置及び温度測定方法を提供することにある。また、温度測定方法においては、保持容器の底部近傍の溶融金属の温度を連続的、かつ、経済的に測定できると共に、投入原料による温度測定装置の破損が少ない方法を提供する。
【解決手段】溶融金属Mの温度を測定する温度測定装置1Aにおいて、溶融金属Mと接触する管前端面2aに開口し、その管前端面2aから管後端面2bまで管軸に沿って形成された細径の貫通孔3を有する高融点物質からなる耐熱管2と、溶融金属Mの温度を検知する温度検知体4と、温度検知体4と接続して、温度検知体4からの温度情報を基に溶融金属Mの温度を算出する温度算出部5とを備え、管前端面2aと温度検知体4との間に所定長さ(L)の空間部6を形成したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】管の規格表の一つの呼び径に対応する全ての数値を、簡単な操作で表示することのできる器具を提供する。
【解決手段】表示板1と、これに対してスライド可能に外装された外装体2と、で構成する。表示板1の第1面11に、配管用の管の規格表を固定する。表示板1の第2面に、フランジの規格表を固定する。外装体2は、表示板1の第1面11を覆う第1の板と、表示板1の第2面を覆う第2の板を有する。外装体2の第1および第2の板は、白地に黒で印刷が施され、複数の窓部を設けた紙を、各透明な板に接着したものである。表示板1に対して外装体2をスライドさせることで、管の規格表の一つの呼び径に対応する全ての数値が、外装体2の第1の板の各窓部に同時に表示され、フランジの規格表の一つの呼び径に対応する全ての数値が、外装体2の第2の板の各窓部に同時に表示される。 (もっと読む)


【課題】 消火器を積載した消火器設置台が風などによって転倒することを防止すると同時に、初期消火に効果的である消火用水をも配置することができ、しかも容易に持ち運ぶことさえもできる消火器設置台を提供する。
【解決手段】 上記課題は、消火器2と消火用水を収容した消火用水貯留容器8とを設置する消火器設置台1であって、該消火器設置台は、前記消火器を搭載する置台3と、前記消火用水貯留容器を契合保持する契合用環状部材5と、置台及び契合用環状部材を保持する背部材4とから構成され、該背部材の一方の側面に前記置台が設置され、該背部材の他方の側面に前記契合用環状部材が設置された消火器設置台により解決される。 (もっと読む)


【課題】簡易な方法で芯出しが実現するとともに、据付けを迅速に行うことができる。
【解決手段】レベル誤差を求めるために使用される誤差表示器である。表面にX−Y座標2が表示された表示板1と、その表示板1に対し上記X−Y座標2の原点で回転可能に軸支され且つ表示板1の表面に沿って配置されたスライドバー3と、スライドバー3に案内されて当該スライドバー3に沿って直線的に往復移動可能なカーソル5と、を備える。上記カーソル5による上記X−Y座標2上の指示位置が視認可能となっている。 (もっと読む)


【課題】船体ブロック又は橋梁ブロックが外気にさらされることがなく、しかもブラスト・塗装工程の待ち時間も減らすことができるエアーブラスト及び塗装設備のブロック移動方法を提供する。
【解決手段】船体ブロック又は橋梁ブロック4を囲む移動建屋5を、ブラスト室1及び複数の塗装室2に沿って横行できるようにブラスト室1及び複数の塗装室2に併設する。そして、船体ブロック又は橋梁ブロック4をブラスト室1から移動建屋5内に移動台車3により走行移動させ、その後、船体ブロック又は橋梁ブロック4を移動建屋5内に入れたまま移動建屋5と移動台車3とを同調して横行させ、その後、移動台車3により船体ブロック又は橋梁ブロック4を移動建屋5から複数の塗装室2のいずれかへ走行移動させる。 (もっと読む)


【課題】除湿機が大型化することなく、しかもブラスト室内の粉塵の濃度も上昇することのないブラスト室用除湿及び除塵システムを提供する。
【解決手段】本発明のブラスト室用除湿及び除塵システムは、外気を除湿してブラスト室4に供給する除湿機5と、ブラスト室4で発生する粉塵を含む空気を処理して大気中に排気すると共に、処理したブラスト室4内の空気の一部を再びブラスト室4に循環させる集塵装置6と、を備える。 (もっと読む)


【課題】除湿機が大型化することなく、しかも塗装室内の有機溶剤の濃度も上昇することのない塗装室用除湿・有機溶剤処理システムを提供する。
【解決手段】本発明の塗装室用除湿・有機溶剤処理システムは、外気を除湿して塗装室4に供給する除湿機5と、塗装室4で発生する有機溶剤を含む空気を処理して大気中に排気すると共に、処理した塗装室4内の空気の一部を再び塗装室4に循環させる有機溶剤除去装置6と、を備える。 (もっと読む)


【課題】加工時間の短縮や加工精度を向上させることができ、しかも分割することもできる加工機を提供する。
【解決手段】加工機は、複数に分割された円弧状のインナーリングセグメント26a,26bをワークを囲むように合体させてなるインナーリング26と、複数に分割された円弧状のアウターリングセグメント25a,25bをインナーリング26を囲むように合体させてなるアウターリング25と、インナーリング26がアウターリング25に対して回転するのを案内するころがり案内装置38と、インナーリング26を回転させる駆動機構35,36,33と、を備える。ころがり案内装置38は、複数に分割された円弧状のレールセグメント41を連結してなる円形状の軌道レール39と、軌道レール39に沿って周方向に移動可能に組み付けられる移動ブロック40と、軌道レール39と移動ブロック40との間に転がり運動可能に介在される複数のボール42と、を有する。 (もっと読む)


【課題】機械構成部品に用いられている油脂の汚染度を分析することによって、機械構成部品の摩耗箇所およびその劣化状態を、全ての生産設備で精度よく把握することができる油脂の分析方法を提案すると共に、上記方法で得られた結果を基にした生産設備の保全方法を提案する。
【解決手段】生産設備から採取した機械用油脂中に含まれる汚染物を分析する方法において、前記機械用油脂を有機溶剤で稀釈、攪拌し、ろ過し、フィルタに捕捉された汚染物の質量を測定して汚染度を評価すると共に、該汚染物の外観観察および磁性の有無により該汚染物とその発生部位を特定することを特徴とする機械用油脂の性状分析方法。 (もっと読む)


【課題】小径配管の肉厚を管の内部から測定する管厚測定装置及び方法を提供する。
【解決手段】伸縮ポールとその先端に取り付けられた測定部と前記測定部に潤滑油を供給する潤滑系とエアーを供給するエアー配管系を有し、前記測定部は伸縮ポールのポール軸と直角に配置される2枚の平行な板状部材間に、超音波厚み計センサーとエアーでロッドを駆動するエアーシリンダーとガイドロールを有し、前記エアーシリンダーはロッドの軸線上に伸縮ポールのポール軸の軸線が垂直に位置し、且つロッドが板状部材と平行となるように取り付けられ、ロッドの先端に、潤滑油を供給する配管を取り付けたセンサーホルダーを介して、前記超音波厚み計センサーを取り付けるとともに、ガイドロールのロール軸を、ロッドの左右対称となる位置で且つガイドロールのロール外周面がエアーシリンダーの後方において前記板状部材の外側に張り出すように、前記板状部材間に直角に配置する。 (もっと読む)


31 - 40 / 48