説明

日本化成株式会社により出願された特許

21 - 30 / 85


【課題】原料尿素として、尿素水とした際に白濁成分と成る不純物を含有する尿素を使用し、透明性に優れ、且つ、内燃機関排気処理用NOx還元触媒におけるアンモニア源として好適な高純度尿素水の製造方法を提供する。
【解決手段】白濁成分の除去手段として、孔径が10μm以下のメンブレンフィルターやカートリッジフィルターなど、白濁成分の除去後の尿素水の濁度が5度(カオリン)以下となる濾過材を備えた濾過手段を使用する高純度尿素水の製造方法。 (もっと読む)





【課題】エステル交換反応に際し、予め反応系内の水分を適切に管理し、使用する金属アルコラートの量に対して一定量以下のモル比率に水分量を制限することにより、目的とするエポキシ基末端(メタ)アクリレートを高収率で得ることの出来る製造方法の提供。
【解決手段】金属アルコラートの存在下、下記一般式(2)で表されるグリシジル基を有する化合物と(メタ)アクリレート化合物とをエステル交換反応させることにより、下記一般式(1)で表されるエポキシ基末端(メタ)アクリレートを製造する方法であって、反応系内に含まれる水分の総量のモル比率を金属アルコラートの5倍以下にする。
(もっと読む)


【課題】トリアリルイソシアヌレートの不純物の中から腐食原因物質を特定し、その原因物質の含有量の少ないトリアリルイソシアヌレートを提供する。
【解決手段】以下の化学式(I)で表される有機塩素化合物を含有し且つその含有量が500ppm以下であるトリアリルイソシアヌレート。
【化1】


(化学式(I)の波線の結合は、シス型もしくはトランス型またはシス型とトランス型の任意の割合の混合物を示す。) (もっと読む)


【課題】不具合を惹起することのない、エポキシ基末端(メタ)アクリレートの提供。
【解決手段】不純物式(2)又は(3)の含有量が0.5重量%以下である式(1)で示されるエポキシ基末端(メタ)アクリレート。
(もっと読む)




【課題】基材密着性に優れ、可撓性を有し、しかも、低粘度である、新規な(メタ)アクリレート誘導体を提供する。
【解決手段】次の一般式(I)で表されるで表されるグリシジルアルキル(メタ)アクリレートと特定の活性水素含有官能基を有する化合物との反応物である(メタ)アクリレート誘導体。
【化1】


(一般式(I)中、Rは水素原子またはメチル基、Rは炭素数4〜10の直鎖状または分岐状のアルキレン基を表す。) (もっと読む)


21 - 30 / 85