説明

株式会社パイロットコーポレーションにより出願された特許

1 - 10 / 647



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】軸筒本体に貼り付けた本革シートの前後端縁の木端が目立つことなく、また前後端縁の木端からシートが捲れて剥がれてしまうこと防止する。また本革シートを筆記具の把持部に設ける場合においても、指が滑り難く、本革シートの円周方向における継目が目立ち難い構造とする。
【解決手段】本革シート8の前後端縁83,84を除く円周方向における重なり部の厚みと本革シートの肉厚とを等しくし、本革シートの前後端縁における円周方向における重なり部の厚みを本革シートの肉厚より小さくし、本革シートの前後に前方筒状部材5と後方筒状部材3とを配設して、本革シートの前後端縁を前方筒状部材と後方筒状部材とで被覆させる。 (もっと読む)


【課題】軸筒の後方部に設けた金属からなる円環部材より突出させた金属からなるノック体をノック操作した時における、金属同士の接触による不快な接触音を防止することができる構造のノック式筆記具とする。
【解決手段】軸筒2の後方部に設けた金属からなる円環部材5より突出させた金属からなる円柱形状のノック体6をノック操作することにより、軸筒2の先端から筆記体4または筆記芯を繰り出す構造のノック式筆記具1であって、円環部材5の内方に潤滑塗膜8aを内面に有する内筒8を固設し、内筒8の内方にノック体6を摺動可能に配設させる。 (もっと読む)


【課題】簡易な構造の筆記具に適用できる剪断減粘性付与剤を用いた水性インキであっても、耐ドライアップ性を満足し、更に比較的大きい顔料を用いた場合においてもインキの分離を抑制でき、長期的に安定した筆記性能を発現できるボールペン用水性インキ組成物とそれを内蔵したボールペンを提供する。
【解決手段】着色剤と、水と、剪断減粘性付与剤と、βグルカンを含有するボールペン用水性インキ組成物。前記ボールペン用水性インキ組成物を内蔵したボールペン。 (もっと読む)


【課題】ボール抱持室の底壁の摩耗を抑制し、長距離筆記に適したキャップ式ボールぺンを簡単な構造で提供する。
【解決手段】軸筒内に、ボールペン用インキを収容したインキタンクを配設し、前記軸筒の先端部にキャップを着脱自在に装着してなる、ボールをボール抱持室の底壁に載置し、チップ先端部を内側にかしめることにより、ボールの一部をチップ先端縁より突出させて回転自在に抱持してなるボールペンチップを筆記媒体とし、前記キャップが、キャップ本体の先端部に設けた挿入部に、前記チップ先端部を密閉する弾性体を配設してなるキャップ式ボールペンであって、前記チップ先端部の表面及び/又は前記ボールの表面に潤滑被膜層を設けるとともに、前記チップ先端部のかしめ角度が、40度以上、90度以下であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】長距離筆記に適し、製造行程におけるインキ漏れなどが発生し難い、ボールペンを簡単な構造で提供する。
【解決手段】軸筒内に、ボールペン用インキを収容したインキタンクを配設し、ボールをボール抱持室の底壁に載置し、チップ先端部を内側にかしめることにより、ボールの一部をチップ先端縁より突出させて回転自在に抱持してなるボールペンチップを具備してなるボールペンにおいて、前記ボールの表面及び/又は前記底壁の表面に耐摩耗被膜層を設けるとともに、前記ボールの前後方向のクリアランスが、筆記距離0mのクリアランスA、筆記距離100mのクリアランスB、筆記距離1000mのクリアランスCとしたとき、A<B≦C、1.2<B/A<1.5、1.0<C/B<1.2を満足することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】筆記による先部材12の往復動によって芯ホルダー16が一方向に回転し、この芯ホルダー16の回転に伴って芯14を回転させることができ、しかも、芯14の回転を示す表示を先部材12の窓部12Aより目視可能なシャープペンシルに適用できる。
【解決手段】筆記によるチャック5及び連結具9の前後動と連動してスライド部材3が前後動する。すると、摺動部材17の前カム17Aと回転部材13の前カム13B及び摺動部材17の後カム17Bと回転部材13の後カム13Cが前後して互いに当接し、回転部材13が一方向に回転する。この回転部材13と連動して芯ホルダー16を所定角度毎に回転させ、芯ホルダー16に適度の力で保持された芯14を回転させる。また、先部材12に透明性を有する窓部12Aを形成し、かつ、回転部材13に表示13Aを設け、先部材12の窓部12Aを通して回転部材13の表示13Aを目視可能に構成する。 (もっと読む)


1 - 10 / 647