説明

インヴィスタ テクノロジーズ エスアエルエルにより出願された特許

11 - 20 / 81


【課題】スパンデックスおよび硬質糸を含むエラストマー布地の製造方法を提供する。
【解決手段】よこ糸方向および/またはたて糸方向に10%〜45%の延伸を有する伸縮性布地の製造方法が開示される。コアスパン複合エラストマー糸は(a)エラストマー糸の低牽伸(2.7倍以下)コア−スピニングによってか、(b)染色または製織前にコアスパン複合糸を少なくとも110℃の温度のスチームまたは熱水中で前処理して糸力を下げることによってかのどちらかで製造される。かかるコアスパン複合エラストマー糸をよこ糸に使用する布地はヒートセットすることなく最終用途規格を満たす。 (もっと読む)


【課題】ポリエステル複合フィラメントを含む伸長織布を提供する。
【解決手段】平織、綾織および繻子織構造物を含む伸長織布において、たて糸の15〜55重量%がポリ(エチレンテレフタレート)およびポリ(トリメチレンテレフタレート)を含み、約20%〜約80%のヒートセット後捲縮収縮値を有するポリエステル複合連続フィラメントであり、ポリエステル複合連続フィラメントはがたて糸およびよこ糸の両方に存在する。よこ糸がコアスパン糸であることが好ましい。 (もっと読む)


本発明は、弾性ポリマー溶液を用いた処理により弾性ポリマーをネック付き不織基材または容易に延伸可能な未加工不織基材に実質的に均一に含浸させることによって製造された伸縮性不織シートに関する。本不織シートはおむつおよび他の衛生用品の製造に有用である。本不織シートはまた、医療品および医療用途にも有用である。 (もっと読む)


可視(VIS)スペクトルにおいて実質的に単色の外観がある、近赤外(NIR)スペクトルにおいてカモフラージュ外観を有する布帛が提供される。新しい布帛は、少なくとも2つの合成ポリマーマルチフィラメント糸を含んでもよい。マルチフィラメント糸は、カーボンブラックを含むマルチフィラメント、マルチフィラメントの特徴であるNIR反射率を改変する顔料を含むマルチフィラメント、およびマルチフィラメントの特徴であるNIR反射率を改変できる添加剤を実質的に含まないマルチフィラメントの3タイプのマルチフィラメント糸から選択される。布帛は、可視スペクトルにおいて実質的に単色の外観に染色される。一般に、布帛は、約700〜約860ナノメートル(nm)の波長範囲において約5%の反射率で隔てられる約10%〜約85%の反射率を有する、2つの反射率曲線を含むNIRスペクトルを有する。布帛を使用して、暗視装置を使用して観察されるNIR反射率においてカモフラージュ外観を示す被服、備品、テント、および防水布を製造してもよい。同時にこれらの被服、備品、テント、および防水布は、VIS反射率スペクトルにおいて単色を有し、実質的にカモフラージュでない。
(もっと読む)


合成ポリマーを含み、3枚の主葉と3枚の副葉、および主半径(R1)と副半径(R2)を有する六葉の断面によって特徴づけられるフィラメント。各葉断面は、外向きに伸びて各末端の凸状先端と接するほぼ直線の側面部を有する。主半径(R1)と副半径(R2)との比は、1を超える外面修正比(R1/R2)を画定する。
(もっと読む)


本発明は、約1900〜約4000ダルトンの高い数平均分子量を有するポリ(テトラメチレン−コ−エチレンエーテル)グリコールを含むポリウレタンウレア組成物を提供する。本発明はさらに、スパンデックス組成物におけるソフトセグメント・ベース材料としての高い数平均分子量ポリ(テトラメチレン−コ−エチレンエーテル)グリコールの使用に関する。本発明はまた、約1900〜約4000ダルトンを有する、かかる高い数平均分子量のポリ(テトラメチレン−コ−エチレンエーテル)グリコールを含む新規ポリウレタン組成物に、およびスパンデックスにおけるそれらの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも1種のジイソシアネート化合物と、エチレンオキシドに由来する単位の部分がポリ(テトラメチレン−コ−エチレンエーテル)グリコール中に約15モルパーセント未満で存在する、テトラヒドロフランおよびエチレンオキシドを共重合させることによって誘導された構成単位を含むポリ(テトラメチレン−コ−エチレンエーテル)グリコールとを含むポリウレタンウレア組成物を提供する。本発明はさらに、スパンデックス組成物における、かかる低エチレンエーテル含有率ポリ(テトラメチレン−コ−エチレンエーテル)グリコールの使用に関する。本発明はまた、かかる低エチレンエーテル含有率のポリ(テトラメチレン−コ−エチレンエーテル)グリコールを含む新規ポリウレタン組成物、およびスパンデックスにおけるそれらの使用に関する。 (もっと読む)


ポリウレタンウレア組成物は、少なくとも1種のジイソシアネートと、高分子グリコールと、エチレンオキシドに由来する構成単位の部分がポリ(テトラメチレン−コ−エチレンエーテル)グリコール中に約37超〜約70モルパーセントで存在するテトラヒドロフランおよびエチレンオキシド(EO)を共重合させることによって誘導された構成単位を含むポリ(テトラメチレン−コ−エチレンエーテル)グリコールと、少なくとも1種のジアミン鎖延長剤と、少なくとも1種の連鎖停止剤との反応生成物を含む。本発明はさらに、スパンデックス組成物におけるソフトセグメント・ベースとしての高分子グリコールとポリ(テトラメチレン−コ−エチレンエーテル)グリコールとのブレンドの使用に関する。本発明はまた、高分子グリコールとポリ(テトラメチレン−コ−エチレンエーテル)グリコールとを含む新規ポリウレタン組成物、およびスパンデックスでのそれらの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、AATCC試験方法110−1994によって測定される場合、少なくとも約95の初期CIE白色度を有するスパンデックスであって、オキサゾール、ビフェニル、クマリン、スチルベン、ピラゾレン、ローダミン、およびフルオレセイン、またはかかるメンバーの組み合わせからなる群から選択された蛍光増白剤と、トリアジン、ベンゾトリアゾール、オキサルアニリド、ベンゾフェノン、およびビスマロネート、またはかかるメンバーの組み合わせからなる群から選択された紫外線遮断剤とを含むスパンデックスを提供する。 (もっと読む)


ポリアミドフィラメントを紡糸して糸を提供するための方法であって、ポリアミドポリマーを溶融押出機に供給する工程と、ポリアミドポリマーを分岐させることが可能なトリアミノ化合物を供給する工程と、前記トリアミノ化合物および前記ポリアミドポリマーのための十分な接触時間を与えるように選択される投入時点において前記トリアミノ化合物を前記溶融押出機に充填して溶融ポリマーを形成する工程と、前記ポリアミドポリマーを溶融する工程と、溶融ポリマーを押出して分枝状ポリアミドポリマーフィラメントを形成する工程とを含む方法が開示される。変性されたナイロン66ポリマーから形成されるポリアミド糸は、40〜55のギ酸相対粘度(RV)、60%〜100%の破断点伸びを有し、トリアミノ化合物含量が0.01〜0.10重量パーセントであり、約2.0未満の延伸比をさらに含む方法によって提供される。
(もっと読む)


11 - 20 / 81