説明

JFEテクノリサーチ株式会社により出願された特許

11 - 20 / 52



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】再利用しても破砕され難く、しかも軽量かつ安価であり、充填材として好適な鋳型充填用中空ボール、およびそれを用いた鋳造方法を提供する。
【解決手段】材質が鉄,酸化鉄またはスピネル構造フェライトであり、見掛け密度が0.2〜2.5g/cm3である鋳型充填用中空ボールを、肌砂層3の背後の充填空間2に10体積%以上充填して鋳物を鋳造する。 (もっと読む)


【課題】中空セラミックスボールが比較的小さい荷重で圧壊することによって、衝突による衝撃エネルギーを吸収する中空セラミックスボール接合体、およびその中空セラミックスボール接合体を使用することによって、衝突による衝撃が増大する前にそのエネルギーを吸収して、人体を保護することが可能なエネルギー吸収体を提供する。
【解決手段】中空セラミックスボールを接合した中空セラミックスボール接合体であって、中空セラミックスボールを接着剤で接合し、接着剤の割合が5〜50質量%である中空セラミックスボール接合体を使用する。 (もっと読む)


【課題】ラインセンサカメラに対する印刷物の傾きが大きい場合でも印刷機から出力された印刷物を正確に且つ多くの処理時間を要することなく検査することのできる印刷物の検査方法を提供する。
【解決手段】印刷機12から出力された印刷物14をラインセンサカメラ16により撮像して検査画像を取得し、取得した検査画像を基準画像と比較して印刷物14を検査するに際して、ラインセンサカメラ16に対して印刷物14が傾いているときの複数の基準画像と傾いていないときの基準画像とを記憶装置26に格納しておき、記憶装置26に格納された各基準画像と検査画像とのパターンマッチングをマルチコアCPU28により並列に行って検査画像と最も一致度の高い基準画像を選択し、選択した基準画像と検査画像とを比較して印刷物14を検査する。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】特性の変化を防止し、かつ十分な剛性と耐熱性を有する軽量のウェーハ用フレームを提供する。
【解決手段】天井部21bと底部22bと側壁21a、22aとが金属材料から成り、かつ内部に空間を有するウェーハ用フレーム。 (もっと読む)


【課題】被測定物が移動する等の測定条件に対する設計制約が小さく、被測定物の定量的な表面歪分布を高速かつ高精度に求めることができる表面歪の測定装置及び測定方法を提供する。
【解決手段】線状拡散光を被測定物1に対して発生する線状光発生手段2と、被測定物1の表面における前記線状拡散光の鏡像を撮影する撮像手段3と、線状光発生手段2及び撮像手段3に対する被測定物1の相対的な位置を変化可能な移動手段4と、撮像手段3によって得られる線状光発生手段2及び撮像手段3と被測定物1との経時的な相対位置の変化に基づく鏡像を画像処理して被測定物1の表面の歪分布を演算する表面歪分布演算手段10とを備えた。 (もっと読む)


【課題】軽量で圧縮強度が高く、かつ優れた断熱性,防振性,接着性を兼ね備えた中空鉄系ボール、およびその中空鉄系ボールを複数個接合したボールブロック、中空鉄系ボールを板材の間に複数個挟持した積層パネル、ならびにそれらの中空鉄系ボール,ボールブロック,積層パネルの製造方法を提供する。
【解決手段】中空鉄系ボールの表面に、鉄よりも貴な金属材料がコーティングされてなる中空鉄系ボールを使用し、該金属材料を介してボールを接合する。 (もっと読む)


【課題】精度良く、電解液中のHFを定量することができる電解液中のHF定量方法、及び、これを利用したリチウムイオン二次電池の製造方法を提供する。
【解決手段】リチウムイオン二次電池100の非水電解液140中のHFを定量する方法であって、非水電解液140は、エチレンカーボネートを含む非水電解液であり、非水電解液140を、エチレンカーボネートと他の電解液成分とに分離する分離工程(ステップS45,S47)と、他の電解液成分について、不活性ガス雰囲気下で中和滴定を行う中和滴定工程(ステップS46)と、を備える電解液中のHF定量方法。 (もっと読む)


【課題】プラスチックに混合することによって静電気散逸性および電磁ノイズ防止性を付与し、導電性樹脂として使用する上で好適な金属繊維状物質とその製造方法を提供する。また、その金属繊維状物質を含有するプラスチック成形体を提供する。
【解決手段】金属板を研削して得られる繊維状の研削片を洗浄した金属繊維状物質であって、金属繊維状物質を1質量部と純水を10質量部とを混合して、5分間以上攪拌した後の懸濁液のpHが8.0以下かつ電気伝導度が2.0mS/mL以下となる。 (もっと読む)


11 - 20 / 52