説明

Fターム[4C082AR02]の内容

放射線治療装置 (15,937) | 安全、保護、表示 (413) | 人に対する安全 (222) | 患者保護 (186)

Fターム[4C082AR02]に分類される特許

181 - 186 / 186


本発明は、可変性外観特性を持つ入れ墨を含むがこれに限定されない永久的組織マーキングを作製する粒子を提供する。また、本発明は、これらの可変性外観組織マーキングを作製、埋め込み、変更および除去するための方法を提供する。

(もっと読む)



放射線治療装置(100)用患者位置決めシステム。位置決めシステムは、放射線治療装置(100)の構成要素の位置および方向付けの測定値を取得し、可動でおよび/または屈曲を受けまたは公称から他の位置変化を受ける複数外部測定装置(124)を含む。外部測定装置は、より精度を高く患者を位置照合し、それらを放射線ビームの供給軸(142)と位置合わせするための補正位置決めフィードバックを提供する。位置決めシステムは、放射線治療装置の可動構成要素の相対位置をモニターし、指示されると効率的な動作手順を計画する。位置決めシステムはまた、動作エンベロップに侵入してくるかもしれない人に加え、放射線治療装置(100)の構成要素間のいずれの衝突をも避けるための動作を計画する。位置決めシステムは放射線治療装置(100)に一体化した部分として提供でき、あるいは既存の放射線治療装置の新版として追加することができる。
(もっと読む)



乳癌患者は腫瘍切除の直後に放射線で手術中治療される。組織の病理がほぼ即時法で決定され、必要な場合は更なる切除が行われ、そして患者は次に、まだ麻酔されたままそして好ましくは動かされずに、放射線療法で治療される。好ましい態様では、アプリケーターが切除空洞に挿入され、該空洞は放射線源及びセンサーを使用して三次元マッピングされ、放射線治療計画が放射線処方及び決定された空洞の形状及び位置を用いて樹立され、そして治療計画が実行されるが、これら全ては患者が麻酔されたままで行われる。
(もっと読む)


ラジウム−223,ラジウム−224,ラドン−219及びラドン−220からなる群から選択される放射性核種の予め決められた量を対象の腫瘍の近く及び/又はその内部に予め決められた時間、位置付けることを含む放射線治療方法。前記予め決められた量及び前記予め決められた時間は前記放射性核種が予め決められた治療線量の崩壊系列核及びアルファ粒子を前記腫瘍中に投与するのに十分なように選択される。 (もっと読む)


181 - 186 / 186