説明

Fターム[4C083EE06]の内容

化粧料 (399,993) | 効果 (36,752) | 使用性に関するもの (11,110) | 感覚的な使用性 (5,457)

Fターム[4C083EE06]に分類される特許

141 - 160 / 5,457


【課題】塗布時に伸びがよく、髪へなじみ易く、乾燥後にごわつきやべたつきを感じさせず、髪のまとまり感やツヤ、コンディショニング効果を感じさせることができる、安定性の高い毛髪化粧料を提供することにある。
【解決手段】次の(A)〜(D)成分を含有する毛髪化粧料。
(A)ビニルピロリドン・ビニルイミダゾール・塩化−3−メチル−1−ビニルイミダゾリニウム塩・メタクリル酸共重合体
(B)下式(1)で表される酸化アルキレン付加重合体
(C)ジメチコン、ジメチコノール及びポリエーテル変性シリコーンからなる群より選ばれる1種又は2種以上
(D)室温で液状の多価アルコール


(式中、R1は水素原子又は炭素数2〜24のアルキル基、アルケニル基若しくはヒドロキシアルキル基を示し、m及びnは0以上の整数であり、m+nは20以上である。) (もっと読む)


【課題】毛髪の水分保持力を高めながらも、使用時の指どおりを改善し、しなやかでしっとりとした仕上がり感を与えることができ、低湿度下でのパサツキ防止とうるおい感に優れた毛髪化粧料を提供する。
【解決手段】25℃における動粘度5,000〜20,000mm2/sのアミノ変性シリコーン、アミノポリエーテル変性シリコーン、25℃における動粘度5,000,000〜30,000,000mm2/sのジメチルポリシロキサン、下記式(I)のアルキル型カチオン及び炭素数14〜24の長鎖のアルキル基を有する高級アルコールを含有する毛髪化粧料。
【化1】


(式中、R1〜R4のうちいずれか1個が炭素数8〜24のアルキル基、アルケニル基、ヒドロキシアルキル基又はヒドロキシアルケニル基であり、残りは炭素数1〜3のアルキル基若しくはヒドロキシアルキル基又はベンジル基を表し、Yはハロゲン原子又は炭素数1〜3のアルキル硫酸基を示す。) (もっと読む)


【課題】 化学的処理で損傷し弱体化した毛髪や加齢に伴う衰えにより細くなった毛髪に、ハリ・コシを与え、特にボリューム感を付与する毛髪化粧料を提供する。
【解決手段】 カチオン性界面活性剤と、ピロリドンカルボン酸Naを少なくとも含有し、前記ピロリドンカルボン酸Naが0.5質量%以上であることを特徴とする、毛髪化粧料。 (もっと読む)


【課題】毛髪の水分保持力を高めながらも、使用時の指どおりを改善し、しなやかでしっとりとした仕上がり感を与えることができ、かつ低湿度下でのパサツキ防止とうるおい感に優れた毛髪化粧料を提供する。
【解決手段】25℃における動粘度が5,000〜20,000mm2/sのアミノ変性シリコーン、アミノポリエーテル変性シリコーン、25℃における動粘度が5,000,000〜30,000,000mm2/sのジメチルポリシロキサン、下記式(I)の脂肪酸アミドアミン及び炭素数14〜24の長鎖のアルキル基を有する高級アルコールを含有する毛髪化粧料。
1−CO−NH−(CH2n−N(R22 ・・・(I)
(式中、R1は直鎖又は分岐した炭素数13〜23の飽和又は不飽和脂肪酸残基、R2は炭素数1〜3のアルキル基、nは1〜5の整数を示す。) (もっと読む)


【課題】湿った髪に適用しても乾いた髪に適用しても仕上げ後の毛髪に高いまとまり性と滑らかで柔らかな感触を付与でき、しかもべたつき感のない毛髪化粧料の提供。
【解決手段】成分(A)及び(B)を含有する毛髪化粧料。
(A):オルガノポリシロキサンセグメントのSi原子の少なくとも1つに、ヘテロ原子を含むアルキレン基を介して、式(1)


〔R1はH、C1-22のアルキル基等、nは2又は3。〕
で表される繰り返し単位からなるポリ(N-アシルアルキレンイミン)セグメントが結合してなり、オルガノポリシロキサンセグメントとポリ(N-アシルアルキレンイミン)セグメントとの質量比が98/2〜40/60、重量平均分子量が1万〜50万であるオルガノポリシロキサン0.1〜7質量%
(B):アクリロイルジメチルタウリン塩とアクリル酸ヒドロキシエチルとの共重合体0.01〜1.2質量% (もっと読む)


【課題】風呂場や洗面所など水の存在下での使用の際、濡れた手で使用し水が混入した場合に、I相の透明または半透明の状態のままで、乳化あるいは高粘度のゲルになることなく使用中の良好なのびとなめらかさを維持し、かつ優れたクレンジング力を有する皮膚洗浄剤組成物の提供。
【解決手段】(A)下記成分a1〜a3からなり、配合比率a1:a2:a3=8.1:1:0.9〜7.2:1:1.8である3成分系非イオン性界面活性剤15〜24質量%a1:トリイソステアリン酸ポリオキシエチレン(20)グリセリルa2:イソステアリン酸ポリオキシエチレン(8)グリセリルa3:テトライソステアリン酸ポリオキシエチレン(30)ソルビット及び(B)パルミチン酸オクチル20質量%以上を含有する逆ミセル油溶液の皮膚洗浄剤組成物。 (もっと読む)


【課題】べたつきがなく、しっとりとした使用感触を有し、かつ、ガラス製容器や金属製容器に収容しても経時の乳化安定性が良好である、油中水型皮膚美白化粧料を提供する。
【解決手段】アルコキシサリチル酸またはその塩と、有機変性粘土鉱物と、液状脂肪酸とを含有することを特徴とする。液状脂肪酸は、直鎖または分岐鎖のアルキル鎖を有する炭素原子数12〜22の高級脂肪酸から選択され、特に、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、イソステアリン酸が好ましい。 (もっと読む)


【課題】顔料沈降を抑制すると共に、使用前に撹拌不要となり、塗布時にはのびが良くなるなどの優れた特性を有する水性化粧料組成物を提供する。
【解決手段】少なくとも、粘度調整剤として合成スメクタイト及びキサンタンガムと、被膜形成剤と、顔料とを含有することを特徴とする水性化粧料組成物。
この水性化粧料組成物の粘度は、EHD型粘度計による温度25℃、ずり速度3.83S−1で2〜10Pa・sの範囲であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】石油系の界面活性剤やシリコン剤を混合したシャンプーにより、髪や頭皮の状態が悪化している傾向にある。本発明の解決しようとする課題は、髪や肌を傷めることなく、洗浄効果及び保湿効果に優れ、アロマテラピー機能を兼ねた全身用シャンプーを提供することである。
【解決手段】洗浄成分として少なくとも3種類のアミノ酸系界面活性剤、保湿成分として複数の植物エキス、芳香成分として3種類の精油を混合し、さらに、水溶性プロティオグルカン及びホウセンカエキスを加えて全身用シャンプーとして使用できるものとした。 (もっと読む)


【課題】毛髪の柔軟性、指通りおよび手触り感が良好であり、且つ、毛髪にハリコシを与え、毛髪のボリュームアップ効果を発揮することのできる毛髪処理剤の提供。
【解決手段】毛髪に対して順次適用される第1剤および第2剤の少なくとも二剤を備え、ヘアリンス、ヘアトリートメント又はヘアコンディショニングに用いる多剤式毛髪処理剤であって、前記第1剤は、カチオン性ポリマーおよび多価アルコールを少なくとも含有し、前記第2剤は、シリコーン油、高級アルコールおよびカチオン性界面活性剤を少なくとも含有することを特徴とする多剤式毛髪処理剤とする。 (もっと読む)


【課題】ダメージヘアに対しても塗布時の良好な使用性を付与し、すすぎ時及び湿潤時のキシミ感がなく、更に乾燥後の柔軟性を付与することができる毛髪用組成物の提供。
【解決手段】(A)下記一般式(1)


(式中、Rはアルキル基、又はアルケニル基を表し、R、Rはアルキル基、又はヒドロキシアルキル基、R、Rはアルキル基を表す。)で表されるヒドロキシエーテル型カチオン界面活性剤と、(B)高級アルコールと(C)芳香族アルコールを含有する毛髪用組成物。 (もっと読む)


【課題】刺激感や荒れが生じず、唾液の付着などによる臭いが発生しにくい口唇化粧料の提供。
【解決手段】グリセリンモノ2−エチルヘキシルエーテルを0.1質量%〜1.2質量%、N-カプリロイルアシルグリシンを0.03質量%〜5質量%を配合したことを特徴とする非水系の口唇化粧料であり、更に詳しくは、(A)ゲル化剤を0.1質量%〜20質量%、(B)低粘性油剤を5質量%〜80質量%、(C)高粘性炭化水素を5質量%〜70質量%、(D)グリセリンモノ2−エチルヘキシルエーテルを0.1質量%〜1.2質量%、(E)N−カプリロイルアシルグリシンを0.03質量%〜5質量%を含有した口唇化粧料。 (もっと読む)


【課題】ゼオライトの分散安定性に優れた温感化粧料を提供すること。
【解決手段】 次の成分(A)〜(D);
(A)グリセリン
(B)アクリル酸・アクリロイルジメチルタウリンナトリウムコポリマー及び/又はアク
リルアミドと2−アクリルアミド−2−メチルプロパンスルホン酸の架橋コポリマー
(C)アルキル変性カルボキシビニルポリマー及び/又はカルボキシビニルポリマー
(D)ゼオライト
を含有する温感化粧料である。 (もっと読む)


【課題】優れた感触改善効果を有するカチオン変性ポリウロン酸又はその塩、及びその製造方法、毛髪化粧料に応用した場合、すすぎ時の滑らかさの維持とドライ後の毛髪のハリの改善を両立させる感触改善剤を提供する。
【解決手段】[1]ポリウロン酸に、カチオン性基が導入された構造を有するカチオン変性ポリウロン酸又はその塩、[2]カチオン変性ポリウロン酸又はその塩を有効成分として有する感触改善剤、及び[3]セルロースを酸化した後、カチオン化剤と反応させる、または、セルロースをカチオン化剤と反応させた後、酸化する、カチオン変性ポリウロン酸又はその塩の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】適度なコクを有し、べたつかず、肌荒れ防止・改善効果に優れ、キメを整え透明感のある肌に導くことができ、安定性にも優れる皮膚外用剤を提供する。
【解決手段】皮膚外用剤全量に対し、
A 下記一般式(I)により示されるポリアルキレングリコール誘導体 0.1〜30質量%、

Z−{O−(EO)−(BO)−H} (I)
(式中、Zは、水酸基を3〜6個有する水溶性多価アルコールから水酸基を除いた残基、mは3〜6の整数、EOはオキシエチレン基、BOはオキシブチレン基で、EOとBOはブロック状に結合している。aは10〜50の整数、kは3〜40の整数。EOとBOの合計量100質量部に対し、EOの質量割合は10〜75質量部。)
B 炭素数4〜8の2価アルコール 2〜15質量%、
C ポリフェノール 0.0001〜0.2質量%、
D キレート剤 0.1〜2質量%、
を含有する皮膚外用剤。 (もっと読む)


【課題】構造回復性があり、透明で熱安定性に優れ、皮膚や毛髪への塗布時の滑らかさ、使用感が良好な化粧料組成物を提供する。
【解決手段】下記の成分(A)ないし(D)を含有し、成分(A)0.1〜30質量%、成分(B)0.1〜50質量%、成分(C)50〜95質量%、成分(D)0.01〜10質量%、成分(A)と成分(B)の質量比率が1/5〜5/1である、化粧料組成物。
(A)下記式(I)のポリアルキレングリコール誘導体

Z−{O−(EO)a−(AO)k−H}m (I)
(Zは、水酸基を3〜6個有する多価アルコールの残基、EOはオキシエチレン基、AOは炭素数4〜8のオキシアルキレン基、EOとAOはブロック状結合である。)
(B)水酸基と炭素数12〜22の炭化水素基を有し、HLBが3〜8である非イオン性界面活性剤
(C)25℃で液状のエステル油及びトリグリセリドから選ばれる1種又は2種以上の油剤
(D)水 (もっと読む)


【課題】使用時に酸化剤を含有する剤と混合され、染毛剤又は毛髪脱色・脱染剤として調製される毛髪化粧料組成物に関し、刺激臭を抑制するとともに、製剤の安定性及び毛髪への塗布性を向上させることができる毛髪化粧料組成物を提供する。
【解決手段】本発明は、使用時に酸化剤を含有する剤と混合され、染毛剤又は毛髪脱色・脱染剤として調製される毛髪化粧料組成物であって、該毛髪化粧料組成物は、(A)炭酸塩、(B)塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリル酸共重合体、(C)アルキルグルコシド型界面活性剤、(D)直鎖状高級アルコール、及び(E)分岐状高級アルコールを含有し、粘度が50〜1000mPa・sである。 (もっと読む)


【課題】のびが良く、皮膚の乾燥を長時間防ぐ保湿効果を有するとともに、塗布後のべたつきが少ない速乾性に優れ、衣服に付着せず塗布後すぐに衣服を着用できるクリーム状乳化組成物を提供する。
【解決手段】
下記成分(A)〜(D)を含有し、配合比(A)/(C)が0.5〜2であることを特徴とするクリーム状乳化組成物。
(A)25℃における粘度が10〜100mPa・sであるエステル油及びトリグリセライドから選ばれる少なくとも1種以上の油性成分
(B)揮発性シリコーン油
(C)25℃における粘度が100〜500mPa・sの非揮発性シリコーン油
(D)カルボキシビニルポリマー及びアルキル変性カルボキシビニルポリマーから選ばれる少なくとも1種以上の合成高分子化合物 (もっと読む)


【課題】適度な冷感作用を皮膚に与えることが可能で、冷凍温度条件下に冷やした状態においても使用性および使用感が良好であり、かつ、冷凍と室温との温度変化に対する安定性も高い新たな皮膚用水中油型乳化組成物を提供すること。
【解決手段】本発明では、−5℃以下に冷却して使用される皮膚用水中油型乳化組成物であって、乳化剤、油剤、粘度付与剤、多価アルコールを必須成分とし、前記粘度付与剤がビニル系粘度付与剤およびセルロース系粘度付与剤であり、前記多価アルコールを6質量%以上26質量%以下で含有させることにより、−20℃における稠度が100以上250以下であり、かつ、氷晶が非連続的に分散されてなる皮膚用水中油型乳化組成物を提供する。 (もっと読む)


【課題】 速乾性、くすみ補正効果、化粧持ちなどの下地化粧料として好適な特性を有する水中油型乳化化粧料の利点を活かし、なおかつシリコーン系樹脂皮膜のようなつっぱり感やごわつき感を生ずることなく、快適な使用感触を持つ唇用下地化粧料を提供する。
【解決手段】 柔軟で密着力のある炭化水素系樹脂であるポリイソブチレンと揮発性炭化水素油とを組み合わせて配合するとともに、ポリイソブチレンとして所定範囲の相対質量(分子量)を有するものを特に選択することにより、耐移り性に優れ、匂いもなく、なおかつ糸引きも生じない油性化粧料が得られることを見出した。すなわち、30,000〜100,000の相対質量を有するポリイソブチレン、揮発性炭化水素油、顔料、水膨潤性増粘剤、及び水性媒体を含有することを特徴とする水中油型乳化下地化粧料を提供する。 (もっと読む)


141 - 160 / 5,457