説明

国際特許分類[A61K31/435]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 医薬用,歯科用又は化粧用製剤 (357,440) | 有機活性成分を含有する医薬品製剤 (142,694) | 複素環式化合物 (98,014) | 環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン (88,555) | 環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの (30,759)

国際特許分類[A61K31/435]の下位に属する分類

国際特許分類[A61K31/435]に分類される特許

151 - 155 / 155



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【目的】レトロウイルス性疾患の治療剤として有用なレトロウイルスプロテアーゼ阻害物質の提供。
【構成】式(I)で表わされるアスパラギン誘導体、ならびに該誘導体を含有するレトロウイルス性疾患治療剤。


[環Aはピロリジン環等の5〜7員環を、R,Rはともに水素原子を示すか、あるいは結合して縮合環を形成してもよい。Rはエステル化もしくはアミド化されていてもよいカルボキシル基、Rは水素原子またはアシル基を示し、Xは−CH(OH)−、または−C(=O)−を示す。]式(II)の化合物は上記アスパラギン誘導体の代表的な例である。 (もっと読む)


【構成】 一般式(I)のベンゾピラン誘導体、その製法及び式(I)の化合物を含有する医薬組成物。


(R1 はCN、NO2 、OCX123 、NH2 等、R2

等;R3 は低級アルキル;R4

、X2 、X3 はF、CI、H;Rg 、Rh はC1-6 アルキル、(置換)フェニル;A、BはS、O;ZはC1-3アルキルである。)
【効果】 式(I)の化合物は、血管の平滑筋弛緩作用による血圧下降活性を示し、高度の選択性を有する高血圧治療剤として有用である。 (もっと読む)


151 - 155 / 155