説明

国際特許分類[A61K51/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 医薬用,歯科用又は化粧用製剤 (357,440) | 生体内での治療または検査に用いる放射性物質を含有する製剤 (1,167)

国際特許分類[A61K51/00]の下位に属する分類

担体に特徴のあるもの
特別の物理的形態に特徴のあるもの,例.乳濁液,マイクロカプセル,リポソーム

国際特許分類[A61K51/00]に分類される特許

1,161 - 1,167 / 1,167



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

本明細書記載の発明は、抗原TIM−1に結合する抗体、およびかかる抗体の使用に関連している。特に、抗原TIM−1に結合する完全ヒトモノクローナル抗体が提供される。重鎖および軽鎖免疫グロブリン分子をコードする単離されたポリヌクレオチド配列およびそれらの分子を含むアミノ酸配列、特にフレームワーク領域(FR’s)および/または相補性決定領域(CDR’s)、とりわけFR1ないしFR4、またはCDR1ないしCDR3にわたる、隣接した重鎖および軽鎖の配列に対応する配列が提供される。かかる免疫グロブリン分子およびモノクローナル抗体を発現するハイブリドーマまたは他の細胞株もまた提供される。 (もっと読む)


キレーター(DOTAGA)(1−(1−カルボキシ−3−カルボキシ−プロピル)−4,7,10−(カルボキシメチル)−1,4,7,10−テトラアザシクロドデカン、DOTASA(1−(1−カルボキシ−2−カルボキシ−エチル)−4,7,10−(カルボキシメチル)−1,4,7,10−テトラアザシクロ−ドデカン、またはキレーター(DOTA)[1,4,7,10−テトラアザシクロ−ドデカン−1,4,7,10−テトラ(酢酸)]と、サブスタンスPおよびその類似体に基づいた、放射性核種標識コンジュゲートは、脳腫瘍、特にグリア細胞腫の標的化および処置において有用な放射性医薬品物質である。 (もっと読む)


本発明は、一般式(VIIa)及び(VIIb)で示され、式中、Aが基COOを表し、かつZとRは異なる意味を有するエナンチオマー純粋な結合体に関する。また本発明はこれらの結合体の使用に関する。
(もっと読む)


本発明は、アミロイド−β(1−42)−タンパク質の神経変性オリゴマー、オリゴマーが再現可能な方法及び高収率で得られる特殊製法、及びオリゴマー特異的抗体の製造のための及びオリゴマー及びその生成と相互作用をし得る物質の発見のための診断剤及び治療剤としてのオリゴマーの使用に関する。抗体の製造又は物質の発見のための相応する方法は、抗体自体及び診断剤及び治療剤としての抗体又は物質の使用と全く同様に記載される。本発明は、同様の方法で、オリゴマーの誘導体、殊に、架橋結合オリゴマー及びそのアミロイド−β(1−42)−タンパク質の切端形をベースとするオリゴマー、その製造及びその使用にも関する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ラット及びヒトの膵臓癌細胞の表面上に見いだされる抗原に関し、この抗原に対して高い特異性及び選択性を有する抗体、及び主題の抗体を分泌するハイブリドーマを提供する。膵臓癌の診断及び処置のための方法もさらに提供する。
【解決手段】膵臓悪性線腫の組織マーカーであるPaCa−Aglと命名された約43.5kDの表面膜タンパク質は、通常の膵臓では全く発現しないが、膵臓癌腫細胞中では豊富に発現する。さらに、主題の抗体を用いて、膵臓癌患者の血清及び他の体液中で容易に同定される分子量約36〜約38kDaを有するPaCa−Aglの可溶性形態が存在する。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

1,161 - 1,167 / 1,167