説明

国際特許分類[B65D5/56]の内容

国際特許分類[B65D5/56]の下位に属する分類

容器壁から多少間隔のあるライニング
ルーズライニング (78)

国際特許分類[B65D5/56]に分類される特許

1 - 10 / 94



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】開口部が多角形状の紙製容器において、開口部を蓋材でヒートシールする場合、多角形状の角部から内容物の漏れ等が起こらない紙製容器を提供する。
【解決手段】
原紙の少なくとも片面にプラスチック製のフィルム層をラミネートした紙製基材より成形され、開口部が多角形状であるとともに、該開口部に連続する縁部を有する紙製容器に対して、開口部に沿ってこれを覆うように所定幅を有する帯状の柔軟性を有するプラスチック部材を溶着させる。当該プラスチック部材部分を利用して蓋材をヒートシールすることにより開口部において漏れの無い構造とすることができる。 (もっと読む)


【課題】段ボール製の箱体で、内側に中芯が露出して設けられた箱体を製造するための段ボールシートで、底部が組立式であっても底部の強度を十分得ることができ、製造コストも抑えることができる段ボールシートと、該段ボールシートにより得られる箱体と、該段ボールシートの製造方法を提供する。
【解決手段】段ボールシート10は、ライナー12と、中芯14と、ライナー16とを有し、ライナー16の幅がライナー12の幅よりも小さく形成されて、段ボールシートの一方の面において中芯が露出して、ライナー16を形成した領域が両面段ボールであり、中芯が露出した領域が片面段ボールであり、ライナー16における片面段ボールの領域側の辺部の方向が、中芯の段の方向と直角である。 (もっと読む)


【課題】ワインをその腐敗を抑えながら輸送、貯蔵する。
【解決手段】ワインを良好な状態を保って輸送、保管するワイン輸送保管箱1である。1又は複数のワインの瓶5を収納する筺体2と、上記ワインの瓶を内部に入れて腐敗菌の侵入を抑えて密封する密封フィルム等3の密封手段と、上記筺体内に収納されたワインの瓶を保護する緩衝材4と、当該ワインが貯蔵されているカーブ内の環境を封入するカーブ環境封入空間6とを備えた。上記緩衝材は、輸送するワインが貯蔵されていたカーブ特有の酵母菌や微生物が生息しやすい環境を作って、上記カーブ環境封入空間内にそのカーブ内の環境をより忠実に再現する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、食品の流通用や食事用、トイレタリー用品の流通用に用いられる紙製容器に関し、バリア性、耐水性、耐油性、耐熱性などの機能に優れた紙製容器およびその製造方法を提供することを課題とするものである。
【解決手段】紙を主材料とし、遮光層を含む積層材料からなる胴部、ブランジ部と底部とを備えた紙箱の内面及び外面が、それぞれ樹脂フイルムで被覆積層されてなることを特徴とする紙製容器であって、その遮光層を含む積層材料が、十分な通気性を保持するようになったことによって、真空成形法や圧空成形法などの成形工程において成形不良を生じなくなった。 (もっと読む)


【課題】包装容器を開封して内容物の一部を取り出して、残りを再封したりする場合などで、容器本体から蓋体を剥離するときに、一定の位置で剥離をとどめることができ、包装容器を部分的に開封することの容易な包装容器を提供する。
【解決手段】容器本体と蓋体とからなる包装容器であって、容器本体に設けられたフランジ部に蓋体の周縁部分がシールされた周縁シール部が設けられていて、周縁シール部に少なくとも2つのポイントシール部が設けられているか、あるいは、周縁シール部が広幅シール部分と狭幅シール部分からなっている。 (もっと読む)


【課題】1枚の合成樹脂フィルムから成るシートを折曲して形成された容器本体を備える容器を提供する。
【解決手段】合成樹脂フィルムから成る矩形状の本体シートの各縁部の内側に帯状壁5を介して平行に延びる山折線と、該山折線の内側に襠壁6を介して平行に延びる谷折線を設け、本体シートの中央部に底壁7が設けられている。本体シートは、コーナ部8のシート縁部を含んで谷折線に沿って谷折り状に折曲すると共に山折線に沿って山折り状に折曲することにより、前記襠壁6の両端部に位置して折曲されたシート縁部に折込み状のギャザー部13を備える折曲偏平体を構成し、前記ギャザー部13をサンドイッチ状に固着した固着部14を形成することにより、前記底壁7の下方移動を介して前記固着部14以外の部分における襠壁6と帯状壁7を下方に展開した立体容器15aを形成する。 (もっと読む)


【課題】液体用紙容器におけるバリア層とシーラント層間接着強度の内容物による劣化防止を図る。
【解決手段】紙基材1の一方の面に少なくとも熱可塑性樹脂層2を積層し、前記紙基材の他面に少なくともバリア層3、接着層4、シーラント層5を順次積層してなる液体紙容器用基材を用いて、形成される液体用紙容器であって、前記シーラント層の内部にガスバリア性を有する樹脂10が含有されていることを特徴とする液体用紙容器。 (もっと読む)


【課題】内容物から発生する酸素ガスによる容器の膨張が抑制され、取り扱いが容易で、かつ再封可能な液体用紙容器を提供することにある。
【解決手段】板紙を基材層とし、ポリエチレン層(表面層)/基材層/ポリエチレン層/中間層/ポリエチレン層(裏面層)が順次積層された積層板のブランクを、ポリエチレン層(裏面層)を裏面とし、折り曲げ線を折り曲げ、シールしてなる四角筒状の液体用紙容器30において、前記ブランクに形成された左側パネル、表パネル、右側パネル、裏パネルの、少なくとも、いずれかのパネルの側壁部C及び/またはいずれかのパネルの頂部Bの前記中間層に微細傷が刻設されていることを特徴とする液体用紙容器である。 (もっと読む)


1 - 10 / 94