国際特許分類[G02F1/1335]の内容

国際特許分類[G02F1/1335]の下位に属する分類

国際特許分類[G02F1/1335]に分類される特許

81 - 90 / 15,950


【課題】本発明は、ダイコート法を用いた場合に発生する凝集異物の少ない着色樹脂組成物を提供することを課題とする。
本発明はまた、上記高品質なカラーフィルタ、液晶表示装置及び有機EL表示装置を提供することを目的とする。
【解決手段】(A)顔料、(B)溶剤、(C)バインダー樹脂及び(D)分散剤を含有し、該(A)顔料が、赤色顔料を全顔料固形分中26重量%以上、40重量%以下含有し、該(D)分散剤が、重合体を含有し、該重合体が、1〜3級アミノ基及び/又は4級アンモニウム基を側鎖に有し、該1〜3級アミノ基及び/又は4級アンモニウム基を有する単量体の含有割合が、重合体を構成する単量体組成において、20重量%以上であり、着色樹脂組成物の全固形分濃度が20重量%以下であり、また、(B)溶剤が、1,3−ブチレングリコールジアセテートを、全溶剤中5重量%以上、14重量%以下含むダイコート法用着色樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】液晶表示装置のコントラストを低下させることなく、且つ、斜めから見たときの輝度低下改善効果と正面輝度低下の抑制を高度なレベルで両立させた視野角向上フィルムを提供する。
【解決手段】少なくとも二種の非相溶性の樹脂からなる混合物を溶融押し出し成型してなる光拡散フィルムにおいて、裾広がり拡散度比率、即ち、主拡散方向の波長550nmの光の出射角0度における透過度(I)と出射角60度における透過度(I60)の割合(I60/I×100)が0.06〜1.0%となる値に設定した光拡散フィルムを視野角向上フィルムとする。該視野角向上フィルムの液晶表示装置における配置は、光源と液晶セルの間とする。 (もっと読む)


【課題】1回の塗工により多層構成とすることでき、光学特性に優れるる反射防止フィルムの製造方法を提供する。
【解決手段】透明基材と、前記透明基材上に積層されたハードコート層と、前記ハードコート層上に積層された反射防止層と、を備え、前記ハードコート層は、前記透明基材の成分とバインダーマトリックスとが混合した混合層であり、前記反射防止層は、前記ハードコート層側から順に前記バインダーマトリックスが局在した高屈折率層と低屈折率粒子が局在した低屈折率層を有し、前記高屈折率層の屈折率が1.51以上1.58以下の範囲内であり、かつ、前記低屈折率層の屈折率が1.29以上1.43以下の範囲内であり、かつ、前記低屈折率層の光学膜厚が110nm以上140nm以下の範囲内であることを特徴とする反射防止フィルムとした。 (もっと読む)


【課題】イオン性不純物トラップ用の電極を設けなくても、イオン性不純物の凝集に起因する表示品位の低下が発生しにくい液晶装置、および電子機器を提供すること。
【解決手段】VA(Vertical Alignment)モードの液晶装置100においては、フレーム反転駆動方式が採用されている。また、第1基板10側の配向膜16には、画素電極9aの端部に平面視で重なる部分に、配向膜16の膜厚を他の領域より薄くする凹部16aが設けられている。凹部16aが設けられている部分では、液晶層50に印加される電界が他の領域と相違しているため、電界が加わった際の液晶分子50bの姿勢が他の領域と相違している。この液晶層50での流動が阻害されるので、イオン性不純物が移動しにくい。 (もっと読む)


【課題】高温での信頼性に優れた偏光素子を提供する。
【解決手段】偏光素子100は、基板11と、基板11上に平面視ストライプ状に設けられた第1のグレーティング1と、基板11上に平面視ストライプ状に設けられた第2のグレーティング2と、を備えている。第1のグレーティング1は、複数のストライプ状の金属層12を備え、第2のグレーティング2は、金属層12の延在方向と平行に延在する複数のストライプ状の吸収層14を備えており、窒化クロム、窒化タングステン、窒化タンタルのうち少なくとも一つを含む。さらに、第1のグレーティング1と第2のグレーティング2とは積層体5をなし、金属層12と吸収層14との間に、誘電体層13が設けられている。 (もっと読む)


【課題】優れた斜め視認性を有する液晶表示装置を製造することのできるカラーフィルタ用感光性着色組成物提供すること。
【解決手段】カラーフィルタの各着色画素3R,3G,3Bを形成する感光性着色組成物であって、顔料、樹脂、モノマー及び溶剤を含有する感光性着色組成物であって、前記顔料として2種以上の顔料を含有し、前記溶剤のうち50%以上の溶剤が、酢酸ブチルの蒸発速度を100とした場合に蒸発速度10〜35の溶剤であり、モノマーと樹脂の質量比(モノマー/樹脂)が0.3から1.0の範囲であり、かつ、この感光性着色組成物をガラス基板上に塗布後、乾燥、露光、現像、ポストベークの工程を経て得られた塗膜の膜応力σが0から+30の範囲にある組成物を提供する。 (もっと読む)


【課題】ブルーリークの発生を十分に抑えることができる偏光子の製造方法を提供すること。
【解決手段】膨潤工程、染色工程、架橋工程および洗浄工程をこの順に有する偏光子の製造方法であって、前記架橋工程では、最終ホウ酸処理工程に供されるポリビニルアルコール系フィルム中のホウ酸含有量が22重量%以上になるように最終ホウ酸処理工程より1つ前までのホウ酸処理工程によりホウ酸処理を行い、かつ、最終ホウ酸処理工程において一軸延伸工程を行う。 (もっと読む)


【課題】入射光に対して光反射防止構造を備えると共に高速駆動が可能な液晶装置、液晶装置の製造方法、該液晶装置を備えた電子機器を提供すること。
【解決手段】液晶装置100は、第1基板としての素子基板10と、第2基板としての対向基板20と、素子基板10と対向基板20とにより挟持された液晶層50と、素子基板10は液晶層50側に設けられた画素電極15を備え、対向基板20は液晶層50に面する側に順に積層形成された、第1透光性膜23aと、第1透光性膜23aよりも屈折率が小さい第2透光性膜23bと、第2透光性膜23bよりも屈折率が大きく導電性の第3透光性膜23cとを含む透光性多層膜23と、を備え、第2透光性膜23bが多孔質膜であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】観察者の視力に応じて画像表示を行う、薄型の画像表示装置及びこれを備える光学機器を提供する。
【解決手段】表示状態と光透過状態とを切り替える第1,第2の表示素子11,13と、第2の表示素子13より射出側に設けられ、少なくとも屈折力が略0の状態と正の屈折力を有する状態との2つの状態に調整可能な屈折力可変素子12と、光源14と、各表示素子の状態及び屈折力可変素子12の屈折力の状態を制御する制御部15とを有し、制御部15は、屈折力可変素子12の屈折力を略0の状態にし、第2の表示素子13を光透過状態にして、光源14から照射された光を第1の表示素子11に導き、第1の表示素子11により画像を表示させる第1の表示状態と、屈折力可変素子12の屈折力を正の状態にし、第1の表示素子11を光透過状態にして、第2の表示素子13により表示された画像を拡大表示する第2の表示状態との間で切り替える。 (もっと読む)


【課題】高い透明性を有し、偏光子に対して優れた接着性を有する偏光子保護用光学フィルムの製造方法及び偏光板の製造方法を提供する。
【解決手段】メタロセン触媒で重合されたポリプロピレン樹脂を溶融して、該溶融状態のポリプロピレン樹脂をダイから押し出す工程と、ダイから押し出されたポリプロピレン樹脂を、タッチロールと表面が鏡面処理された冷却ロールとで挟んでフィルム状に形成する工程と、フィルム状に形成されたポリプロピレン樹脂のタッチロールと接触した側の面に親水性樹脂層12を設ける工程と、を備えることを特徴とする偏光子保護用光学フィルム13。 (もっと読む)


81 - 90 / 15,950