説明

国際特許分類[H04S1/00]の内容

電気 (1,674,590) | 電気通信技術 (544,871) | ステレオ方式 (2,651) | 2チャンネル方式 (594)

国際特許分類[H04S1/00]に分類される特許

1 - 10 / 594


【課題】 入力する音響信号から、ボーカル音と周波数帯域の近い伴奏音を残しつつ効率的にボーカル音を除去する。
【解決手段】 入力信号から特定の周波数帯域の成分を除去して出力するBEF101,111と、入力信号の上記特定の周波数帯域の成分を抽出するBPF102,112とを設け、BPF102,112の出力を解析部122により解析し、その振幅が所定の閾値を超えた場合に、所定の時間だけ、スイッチ106,116に、BEF101,111等による加工がされていない信号を出力として選択させるようにした。 (もっと読む)


【課題】受聴者が煩わしく無く、しかも大きく動いてもバイノーラル信号を生成することが可能なトランスオーラルシステムを提供する。
【解決手段】顔画像情報から受聴者の顔の姿勢を解析して顔姿勢情報を得、音声信号に、顔姿勢情報に対応した頭部伝達関数を畳み込み右チャネルと左チャネルのバイノーラル信号を生成し、そのバイノーラル信号と顔姿勢情報を入力として、顔姿勢情報に対応させて3個以上のスピーカの中から選択された2個のそれぞれのスピーカから受聴者の右耳までの伝達関数と左耳までの伝達関数を用いて、上記バイノーラル信号から空間クロストーク成分を除去するフィルタリング処理を行う。そして、顔姿勢情報とクロストーク処理部の出力するバイノーラル信号を入力として、当該バイノーラル信号を3個以上のスピーカの中から隣り合う一組のスピーカを選択してそれぞれのスピーカに出力する。 (もっと読む)


【課題】特にステレオ又は3Dオーディオを使用して、SMS及びe−メールのようなテキストアプリケーションをより面白い且つ楽しいものにする方法を提供する。
【解決手段】テキスト専用のアプリケーションのためのオーディオを発生する方法は、発生されたオーディオにサウンド効果を追加するのに使用できるタグを入力テキストに追加し、このタグを処理して、オーディオを発生するためのインストラクションを形成し、テキストが提示される間にこのインストラクションに基づいて前記サウンド効果を伴うオーディオを発生するステップを含む。本発明は、テキストアプリケーションに娯楽価値を追加し、従来のマルチメディアに比して非常にコンパクトなフォーマットを提供し、又、娯楽サウンドを使用して、SMS及びe−メールのようなテキスト専用アプリケーションをより面白い且つ楽しいものにする。 (もっと読む)


【課題】複素数の偏角を簡便に算定する。
【解決手段】偏角算定部20は、複素数Xの実部Re[X]および虚部Im[X]を符号反転により非負値に変換したうえで実部Re[X]と虚部Im[X]との和Mおよび差Sを算定する。偏角算定部20は、和Mに対する差Sの比Rを算定し、比Rから複素数Xの暫定偏角φを算定する。暫定偏角φの算定には、例えば近似式「φ=(π/4)・(−R+1)」が適用される。偏角算定部20は、符号反転前の複素数Xが属する象限に対応する偏角θに暫定偏角φを変換する。 (もっと読む)


【課題】充分な音場効果を実現する。
【解決手段】音響処理部20は、音響信号ALおよび音響信号ARを利用した音響処理で反射音の効果信号XLおよび効果信号XRを生成する。音像域拡張部30は、左チャネルのスピーカ14Lと右チャネルのスピーカ14Rとから再生した場合の音像が両者の外側に定位する音像信号ZLおよび音像信号ZRを効果信号XLおよび効果信号XRから生成する。信号合成部40は、音響信号ALと音像信号ZLとの加算で音響信号BLを生成してスピーカ14Lに供給し、音響信号ARと音像信号ZRとの加算で音響信号BRを生成してスピーカ14Rに供給する。 (もっと読む)


【課題】 スピーカーの中央位置から左右のいずれかに視聴者位置がずれた場合にも、音響信号を制御して、スピーカーに出力することで、視聴者の位置によらずに音源を正面とした場合と同じ音響効果を得ることができる音響再生装置を提供することを目的とする。
【解決手段】 センサーから入力された視聴者位置情報と、予め記憶されたセンサーの位置と2以上のスピーカーの位置との距離から算出した各々の前記スピーカーの位置と視聴者の位置との距離の差分に基づいて、音響信号を制御してスピーカーへ出力するので、視聴者位置にかかわらず、音源を正面とした場合と同じ音響効果を得ることができる。 (もっと読む)


【課題】ポータブル端末における立体データの再生の際に、映像データの被写体情報を利用してオーディオデータに遠近感を適用して立体音響を提供する装置及び方法を提供する。
【解決手段】本発明のポータブル端末における立体データを生成する装置は、立体データ生成のための映像データを獲得して映像データに対して立体効果を適用する映像処理部と、立体データ生成のためのオーディオデータを獲得した後、被写体の動き情報によってオーディオデータに立体効果を適用するように処理するオーディオ処理部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】差信号と和信号を合成する場合であっても、周波数特性が大きく変化しない信号処理装置を提供する。
【解決手段】APF14には、L−R信号が入力され、BPF15には、L+R信号が入力される。APF14の90度移相が生じる周波数と、BPF15の中心周波数は、同じ(例えば1kHz)となるように回路特性が設定されている。BPF15は、APF14の位相特性とほぼ同様の位相特性を示すように回路特性が設定されている。すなわち、BPF15の周波数特性をなだらかに、広帯域な通過帯域を設定し、APF14の位相特性に合わせた回路特性を設定し、APF14およびBPF15の位相差が、可聴帯域全体で保持されるようにする。 (もっと読む)


【課題】 風雑音を低減する効果を保ちつつ、ステレオ感、多チャンネル感を保つことができる音声信号処理装置を提供する目的とする。
【解決手段】 第1の周波数帯における前記差信号と前記和信号のレベルの比較結果と前記第1の周波数よりも高い第2の周波数帯における前記差信号と前記和信号のレベルの比較結果とに基づいて、前記第1の所定の周波数を制御する。 (もっと読む)


【課題】あるユーザの操作による影響が他のユーザに及ぶことを防止する。
【解決手段】信号処理部で情報信号を処理する。情報信号送信部で、信号処理部で処理された情報信号を外部機器に送信する。制御信号受信部で、外部機器から制御信号を受信する。制御無効化部で、制御信号受信部で受信される制御信号による制御を無効化する。接続される外部機器が複数となる場合、あるユーザの操作による影響が他のユーザに及ぶことを防止できる。例えば、商品説明会などの多人数に向けて一度に同じ音声信号を提供する際などに有効となる。 (もっと読む)


1 - 10 / 594