日本信号株式会社により出願された特許

81 - 90 / 720


【課題】 バス停留所で待っている乗客に対してバスの混雑状況を知らせることができ、乗客の分散を図ってバスの円滑な運行を行うことのできるバス運行システムを提供する。
【解決手段】 路線を走行するバス1の車内における混雑状況を入力するための情報入力部4と、バス1の現在位置を取得する位置取得部5と、バス1同士で混雑情報および位置情報の送受信を行う情報送受信部7と、情報入力部4により入力された車内の混雑情報および情報送受信部7により受信した他のバス1の混雑情報に基づいて、停留所10で待機している乗客に対する案内情報を作成する情報作成部6とを備えたバス制御装置2を備え、バス制御装置2により、情報作成部6により作成された案内情報をバス表示部9に表示させる。 (もっと読む)


【課題】 耐水機能と結露防止機能とを併せ持つ防水透湿フィルタ及びそれを備える屋外設置機器、とくに電気転てつ機を提供すること。
【解決手段】防水透湿性シート1と、支持部材3、5とを含み、屋外設置機器の内部と外部とをつなぐ通気路を横断するように配置される防水透湿フィルタである。防水透湿性シート1は、水を通さず、水蒸気を透過させる。支持部材3、5は、通気性を有し、防水透湿性シート1を支持する。 (もっと読む)


【課題】 見通しの悪い交差点であっても、確実に歩行者が存在する旨の情報を車両の運転者に提供することのできる交通情報提供システムを提供する。
【解決手段】 交差点1に設置された横断歩道8を横断する歩行者を感知するための歩行者感知器と、交差点に設置された信号灯器19の動作を制御するための信号制御回路15と、信号制御回路15により歩行者用の信号灯器19が赤または青の点滅に制御されている状態で歩行者画像感知器9により歩行者を感知した場合に歩行者情報を出力する歩行者情報制御部18とを備えた信号制御装置13と、歩行者情報制御部18から送られる歩行者情報に基づいて、車両に歩行者情報を提供する歩行者情報提供手段と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】 交通情報板に緊急情報を表示させる際に、電話回線料金を著しく低減させることができ、交通情報板の運転コストを低減させることのできる交通情報板システムを提供する。
【解決手段】 道路1の所定箇所に設置される交通情報板2と、交通情報板2と交通管制センター3とを接続いるダイアルアップ回線4とを備え、交通情報板2は、所定の交通情報を表示させる表示部8と、交通管制センター3とダイアルアップ回線4を介して逐次ダイアルアップ送受信を行うためのダイアルアップ通信部9と、ダイアルアップ通信部9により交通管制センター3と交通情報板2との間でダイアルアップ通信により逐次情報の送受信を行うとともに交通管制センター3から受信した情報を表示部8に表示させる制御部7と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】地中の埋設物を探知する地中レーダシステムにおいて、地中レーダのオペレータの探査作業の効率化や探査データの品質を向上する。
【解決手段】地中に向けて電磁波を送出する電磁波送信部5と、送出された電磁波の反射波を受信する電磁波受信部6とを備えたレーダ本体2を有し、電磁波受信部6により受信された電磁波に基づく受信波データから地中に埋設された埋設物11を探査する地中レーダ1において、探査エリアでのレーダ本体2の二次元的な位置を測定する位置測定部3と、レーダ本体2の移動方向の情報を取得する方向測定部4と、探査エリアの探査時に、電磁波受信部6により受信した電磁波に基づく受信波データと、位置測定部3により取得された二次元位置データと、方向測定部4により取得された移動方向情報とを一単位の探査データとし、探査データを探査位置毎にそれぞれ記憶する記憶部8と、を備えて構成する。 (もっと読む)


【課題】 利用者以外の者により、充電が停止されてしまうことを確実に防止することのできる車両用充電システムを提供する。
【解決手段】 制御部7と、車室3に駐車した車両1の電源プラグ8が接続され電源幹線から電力が供給されるコンセント9と、充電の利用者を認定するためのID情報読み取り部22と、を備えた充電ユニット6を備え、制御部7は、充電を終了する際に、ID情報読み取り部22により読み取られたキーID情報が、充電開始時に記録されたキーID情報と一致していると判断した場合にのみ充電を終了させるように制御する。 (もっと読む)


【課題】通行弱者であるか否かを抵抗感を与えることなく正確かつ確実に検知する通行弱者検知システム、通行弱者に応じた適切な通行制御を行えるゲート装置を提供する。
【解決手段】通行弱者検知システムは、通路を通過する通行者12の位置を検出する通行者位置検出手段(17,24,18,41)と、通行者位置検出手段が検出した通行者の位置の情報に基づき通行者の通行速度を算出する通行速度算出手段(25,43)と、通行速度算出手段が算出した通行速度の値が第1所定値以下であるか否かを判断する第1判断手段(25,44,46)と、第1判断手段が判断した第1所定値以下の通行速度の値の発生回数が第2所定値以上であるときに、通行者を通行弱者と判断する第2判断手段(25,46)とを備える。ゲート装置は、上記の通行弱者検知システムからの通行弱者検知信号に基づいて入出場制御手段(21)が通行弱者に応じた安全な制御を行う。 (もっと読む)


【課題】 緊急車両を認識して、交差点内において緊急車両を円滑にかつ優先的に走行させることのできる交通信号制御システムを提供する。
【解決手段】 交差点に設置された各信号灯器の動作を1ステップごとに切り換えるためのステップ信号を発生する制御部19と、制御部19により発生されたステップ信号に基づいて複数のステップカウンタ27,28によりステップを計数して信号灯器の複数方向の動作を切り換える信号制御回路20と、を備えた信号制御装置18を複数の交差点に設置するとともに、交差点の上流側に交差点に向かう緊急車両を認識する光ビーコン17を設置し、信号制御回路18は、緊急車両の認識情報に基づいて、緊急車両の走行方向の信号灯器のみを青に制御する。 (もっと読む)


【課題】 2重系演算処理装置の信頼性及び実用性を向上する。
【解決手段】 照合タイミング生成回路10A、10Bは、A系CPU及びB系CPUのバス制御信号により照合タイミングを生成する他、1回のアクセスに所定クロック以上を要するアクセス条件では、タイマに基づいて一定時間(カウントアップ時間)の間、照合タイミング信号を生成する。照合回路20は、照合タイミング信号に基づく照合タイミングで、2つのCPUのデータバス上のデータを照合して、一致しているときに交番信号を出力し、不一致のときにその交番信号の出力を停止する。異常検出回路30は、照合回路20からの交番信号を監視し交番信号の出力が停止されたときに異常を検出して、監視リレー40を落下させる。 (もっと読む)


【課題】情報の読み取りエラーを回避し、且つ読み取り作業の効率化を図ると共に、作業負担を軽減した物品管理装置を提供する。
【解決手段】本発明の物品管理装置50は、上下方向に配列された複数段(図では6段構成)の収容部1aを備えたキャビネット1の各収容部1a内に夫々横一列に配列された複数の物品2(他の収容部の物品は図示を省略する)に夫々付されたICタグ(非接触情報記録媒体)3との間で電磁波の授受を一括して行うループアンテナ35を有するリーダライタ36(リーダでも構わない)と、リーダライタ36を支持して複数のキャビネット間を移動する移動ベース10と、少なくともループアンテナ35を搭載した状態で、移動ベース10によって収容部1aの配列方向(縦方向)に沿って進退自在に支持された可動ユニット30と、を備えて構成されている。 (もっと読む)


81 - 90 / 720