説明

愛知県により出願された特許

71 - 80 / 99


【課題】
加力運動具に音楽機能を付加することにより、楽しみながら単純動作の筋力トレーニングをすることができるトレーニング用具を提供する。
【解決手段】
加力運動具にセンサを取り付け、運動具に対する引っ張り、捻り、圧縮などの加力状態を検出し、加力検出信号を無線により音楽演奏装置へ送る。音楽演奏装置は、楽曲を構成する各音の音高を順次配列した演奏データを記憶しており、前記加力検出信号の到来ごとに順次その演奏データを読み出し、その際、同じ加力検出信号が続いている間は、その音高の演奏音を発音し、その加力検出信号が途切れると、その音高の演奏音の発音を中止し、新たな加力検出信号を受けると、次に配列された音高の演奏音を発音して進行させて、音楽演奏を行う。 (もっと読む)


【課題】 工業化が難しかったり、手間や糸のロスを生んだり、適用できる織機の種類が限定されたりするといった課題を解決し、新しく専用の織機を必要とせず、現有の織機に付加することにより部分的に緯糸を挿入することを可能にする。
【解決手段】 経糸81が開口したとき(B)、先端の糸ガイド1dで挿入用の緯糸86を案内する挿入板1cが挿入駆動体1aによって回転され、杼口Kへ挿入される。続いて、先の尖った位置決め針2aが糸端制御装置2によって経糸81の間に挿入され、挿入板1cが逆回転することで緯糸86が経糸81の間に挿入される。その後、挿入板1c,挿入駆動体1a,糸端制御装置2を退避させながら筬打ちを行うことにより、緯糸86が部分的に挿入された織物を得ることができる。 (もっと読む)


【課題】 特願2005−24609で完成された3次元モデリング織物を伸張した場合、あるいは曲げた場合に、織物がどのように変形するかをシミュレーションすることができる織物の3次元モデル構築方法及び織物の3次元モデル構築装置に関する。
【解決手段】 織物の3次元モデル構築方法及び織物の3次元モデル構築装置は、3次元モデリングされた織物が、例えば指定した伸張率まで変形された場合に、織物構造の再計算が行なわれ、再計算された織物の3次元モデルが出力される。これにより、織物がどのように変形するかをシミュレーションすることができる。 (もっと読む)


【課題】 水産蛋白質性原料を用いた魚醤油等の発酵調味料であって、低食塩化したもとで腐敗が有効に防止され、かつ旨味も良好な発酵調味料を製造する。
【解決手段】 蒸煮した調味料原料に対して種麹の接種による製麹と乳酸生成菌の接種による乳酸発酵とを行った後、食塩と仕込んで発酵させることにより発酵調味料を製造する方法において、前記調味料原料として水産蛋白質性原料を用い、かつ特定の工程において前記種麹と前記乳酸生成菌とを増殖・活性化させるための十分量の炭水化物性資材を投入する。 (もっと読む)


【課題】木材樹皮を利用し、従来より濃色の染色が可能であり、木材の心材の赤色に近い染色が可能な染色液及び染色方法を提供する。また、木材に光を照射して着色する場合において、短時間で、木材の心材の赤色に近い染色が可能な染色方法を提供する。
【解決手段】まず抽出工程S1として、スギ樹皮粉300gを熱水抽出を行う。次に、染色工程S2として、スギ辺材にスギ樹皮抽出液を刷毛によって塗布し、乾燥させる。そして、媒染工程S3として、上記スギ樹皮抽出液を塗布したスギ辺材の表面に、さらに塩化第ニスズ・5水和物の5重量%水溶液を刷毛によって塗布し、乾燥させる。最後に、紫外線照射工程S4として、上記媒染工程S3が終了したスギ辺材の塗布面に、キセノンランプを用いて紫外線照射を行う。 (もっと読む)


【課題】 金属加工品と接触する合成樹脂製部材の不具合を低減することができる金属加工用油剤を提供する。
【解決手段】 金属加工用油剤は、不飽和脂肪酸エステルと、マレイン化された不飽和脂肪酸エステルであるマレイン化エステルとを含有する。この金属加工用油剤の酸価は、1(mgKOH/g)以上である。この酸価は60(mgKOH/g)以下であることが好ましく、30(mgKOH/g)以下であることがさらに好ましい。加えて、この酸価は6〜10(mgKOH/g)であることが最も好ましい。 (もっと読む)


【課題】
瓦素地の表面に発生する筋状の微細な凹凸の抑制と乾燥キレを防止する。
【解決手段】
多量なシャモットを配合させた瓦用原料を利用してリサイクル瓦を製造する方法において、
上型と下型からなるプレス成形機により、前記の瓦用原料により、瓦素地を得るのに備えて、荒地に離型剤を塗布させることなく、金型にのみ通常の離型剤の塗布量を減量させてプレス成形する。 (もっと読む)


【課題】 不均一な面における圧力変化を測定でき、かつ、低コストでも荷重分布の分解能の良いシート状センサを提供する。
【解決手段】導電性繊維と該導電性繊維の周囲を被覆する非導電性材料とからなるたて糸及びよこ糸を含む織物からなるセンサ本体、前記センサ本体において、縦方向の第1の縦領域に含まれる前記たて糸と横方向の第1の横領域に含まれる前記よこ糸とに電圧を印加する第1の電圧印加手段、及び前記第1の縦領域と第1の横領域との交差部分の静電容量の変化を検出する第1の手段、を備えてなるシート状センサ装置である。 (もっと読む)


【課題】 従来の魚道は、コンクリ−ト製の構造物で施工性が悪く、魚道内に小さな貯水池を段々に形成するので土砂が堆積しやすく維持管理が大変であった。
【解決手段】 20〜30°の緩傾斜で設置されるポリエチレン製の半円形コルゲート管または角型U字溝の溝に、対象魚類が遡上できる魚道幅、水深と流速条件を確保するため、溝と同じ厚さの扇形や台形等の脱着可能な隔壁を適宜間隔かつ適宜角度で差し込むことにより、流れを蛇行流として流下させ、隔壁間に魚類が休息できるスペースを形成する魚道を提供する。これにより、軽量で安価な市販材料を使用して容易に魚道を施工できるとともに、隔壁を取り除けば維持管理するうえで大変な堆積土砂の除去を容易にできる。 (もっと読む)


【課題】単子葉材全体を有効に利用するとともに、単子葉材の特性を利用した成形材料組成物を提供する。
【解決手段】成形材料組成物を、1種あるいは2種以上の単子葉材を水蒸気処理して得られた処理物中に含まれる主として維管束由来の自己接着性繊維材料と、1種あるいは2種以上の単子葉材を水蒸気処理して得られた処理物の少なくとも一部からなる自己接着性粉末材料と、を含有するようにする。こうした成形材料組成物によれば、単子葉材の柔細胞および維管束が有効に利用されるとともに優れた特性の成形体を得ることができる。 (もっと読む)


71 - 80 / 99