説明

伊那食品工業株式会社により出願された特許

21 - 30 / 95


【課題】高いゲル強度を有し、pHの低いゲル化物を容易に得ることができる改質こんにゃく粉、それを用いたゲル化物及び食品を提供する。
【解決手段】こんにゃく粒の膨潤を抑制した状態で、こんにゃく粉がアルカリ溶液とともに加熱処理されて改質された改質こんにゃく粉であって、水に分散して分散液とした後に加熱処理又は撹拌処理されるとゲル化するように調製されている改質こんにゃく粉である。 (もっと読む)


【課題】冷水・熱湯に対する溶解性等に問題があった従来の可食性フィルムの課題を解決する。
【解決手段】ゲル化能を有するハイドロコロイドを主成分とし、且つ下記[A]及び[B]の熱特性を同時に満足する可食性フィルム。
[A]前記可食性フィルムを20℃の水中に1分間浸漬したとき、前記可食性フィルムはフィルム状形態を保持しつつ吸水してゲル化される。
[B]前記可食性フィルムを70℃の熱湯中に1分間浸漬したとき、前記可食性フィルムは熱湯中に完全に溶解される。 (もっと読む)


【課題】ゲル化剤として寒天を用いた場合であっても、再セットされたゲル化剤含有食品及びその製造方法を提供する。
【解決手段】寒天と、ガラクトマンナン及びグルコマンナンのうち少なくとも一方とが1:0.5〜1:30の重量比で含有されたゲル化剤を用いてゲル組成物を形成するゲル組成物形成工程と、該ゲル組成物工程によって形成されたゲル組成物を崩壊するゲル崩壊工程と、該ゲル崩壊工程によって崩壊されたゲル崩壊物を放置することによって、ゲル崩壊物を増粘又はゲル化する再セット工程とを備えたゲル化剤含有食品の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】脂質らしい食感及び旨味(フレバーリリースを含む)を有し、糊状感がなくかつ耐熱性を有する脂質代替物を得ることができる脂質代替物の素、脂質代替物、及び低カロリー食品を提供する。
【解決手段】イヌリン及び低強度寒天を含む脂質代替物の素を水に加熱溶解させた脂質代替物である。 (もっと読む)


【課題】筒状フィルムの充填量を減らさなくてもピンホールの形成を回避できる横シール装置を提供する。
【解決手段】内容物が充填された筒状フィルム2の外側から一対のシール部材8,10により挟み込み、加圧及び加熱することによって、前記筒状フィルム2をその幅方向にヒートシールする横シール装置12であって、前記一対のシール部材のうち、一方のシール部材8の加圧面は、縦方向中間部分がその加圧方向に突出するように断面R状に形成されており、他方のシール部材10の加圧面の少なくとも前記一方のシール部材8の突出部分と対向する位置には、弾性部材16が設けられている横シール装置である。 (もっと読む)


【課題】食品の粘度を高くすることができ、かつレトルト殺菌しても食品の粘度の低下を抑制することができる増粘用組成物、それを含む液体含有食品、及びその製造方法を提供する。
【解決手段】キサンタンガムを加熱処理した改質キサンタンガムと、馬鈴薯澱粉、タピオカ澱粉、ワキシコーンスターチ、及びこれらの化工澱粉、甘藷澱粉、葛粉、蕨粉、蓮粉、餅米澱粉、うるち米澱粉、うるち米粉、及び餅粉のうち1以上からなる澱粉とを含むことを特徴とする増粘用組成物である。 (もっと読む)


【課題】大豆発酵物が含有されている大豆発酵物含有食品において、新しい効能を見出すことである。
【解決手段】食品に含有され、乳化を安定させる食品の乳化安定化組成物であって、大豆を食塩5重量%以下又は無塩の状態で真菌、酵母及び乳酸菌のいずれか1以上により発酵分解させ、アグリコン型イソフラボンの全イソフラボン中の割合が50%以上になるように調整されている大豆発酵物を主成分とする食品の乳化安定化組成物である。 (もっと読む)


【課題】加熱によって焦げ目や焼き目を付ける機能のみであって、他の機能の付加が困難であり、且つ成膜や長期保存が困難な従来の発色性可食フィルムの課題を解決する。
【解決手段】加熱によってメイラード反応を惹起して、焦げ目を付けることのできる発色性可食フィルムが、単独ではメイラード反応を惹起することのない二枚の非発色性可食フィルムが直接積層されて形成されている積層フィルムであって、前記二枚の非発色性可食フィルムの一方が、アミノ酸成分としてのグリシンが含有されている可食フィルムであり、且つ他方の非発色性可食フィルムが、還元糖成分としてのグルコースが含有されている可食フィルムであることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】耐水性の乏しい従来の積層可食性フィルムの課題を解決する。
【解決手段】二枚の可食性フィルムが積層されて成る水に対して不溶性の可食フィルムが、カチオン性材料から成る水溶性カチオン性フィルムとアニオン性材料から成る水溶性アニオン性フィルムとが積層されて成る積層フィルムであって、前記水溶性カチオン性フィルムと水溶性アニオン性フィルムとの層間で、前記カチオン性材料とアニオン性材料とが反応して、前記積層フィルムが水に対して不溶性であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】天然多糖類であるキサンタンガム、アラビアガム、又はタマリンドシードガムに放射線を照射することによりそれらを架橋させた改質キサンタンガム、改質アラビアガム、及び改質タマリンドシードガム、並びにキサンタンガム、アラビアガム、及びタマリンドシードガムの架橋方法を提供することを目的とする。
【解決手段】キサンタンガムを10〜70重量%含む溶液に、線量5〜200kGyを照射して架橋させたことを特徴とする改質キサンタンガムである。アラビアガムを10〜50重量%含む溶液に、線量5〜200kGyを照射して架橋させたことを特徴とする改質アラビアガムである。タマリンドシードガムを10〜50重量%含む溶液に、線量5〜50kGyを照射して架橋させたことを特徴とする改質アラビアガムである。 (もっと読む)


21 - 30 / 95