説明

株式会社モリタホールディングスにより出願された特許

1 - 10 / 80


【課題】車両への乗降時に、乗降者の体を傾けて、重心移動を促すことができ、乗降動作をアシストすることができる車両用乗降ステップ及びこの車両用乗降ステップを搭載した車両を提供する。
【解決手段】車両用乗降ステップは、タイヤ4の接地面Aとフロアパネル5との間に、乗降時に踏み板となるステップ面が配置され、フロアパネル5にはシート6が配置され、シート6によってフロアパネル5には足置き面7が形成される車両用乗降ステップであり、ステップ面を傾斜させた。 (もっと読む)


【課題】緊急走行時に点灯させる警告灯を用いることで、放水量の増減操作状態を遠隔にいる隊員に的確に示すことができ、円滑な消火活動を支援することができる消防活動支援装置を提供する。
【解決手段】緊急走行時に点灯させる警告灯30と、水ポンプ14を駆動させるPTOと、水ポンプ14を制御及び監視するとともに警告灯30に点滅パターン信号を出力するポンプ制御器40と、ポンプ制御器40の稼動情報を表示する情報表示器27とを備えている。そして、ポンプ制御器40は、水ポンプ14の異常を判断したとき、情報表示器27に異常を報知させるとともに、警告灯30に異常を示す点滅パターン信号を出力することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】正面及び側面のいずれの側からも乗降でき、また、扉の開閉に要する周囲スペースが可及的に縮小されたバスケットを提供する。
【解決手段】右側の乗降口6は、バスケット3の前面31の右側領域から右側面32にかけて設けられる。この乗降口6を開閉する扉7は、台座9に固定された支柱状の支持部材11に開閉機構8を介して開閉移動自在に支持される。開閉機構8は平行リンク機構で構成され、上部リンク部材8aと、下部リンク部材8bと、上部リンク部材8aを支持部材11と扉7に回動自在に連結する上部リンク節8cと、下部リンク部材8bを支持部材11と扉7に回動自在に連結する下部リンク節8dとを備えている。上部リンク節8cと下部リンク節8dとは、台座9と平行な方向に相互にオフセットされており、これにより、開閉時における扉7の回動動作が阻止される。 (もっと読む)


【課題】 消防ホースを引きずる時における障害物による結合金具の解除やホース加圧時における人の誤操作による結合金具の解除を防止することができ、かつ、付き加える部材も追加手間もなく、従来の優れた操作性を損なうことがなく、より効率かつ安全に消火活動を行える消防ホース用結合金具を提供すること。
【解決手段】 本発明の消防ホースの結合金具は、環状突部23の差し金具用ホース接続部側端面23aには、斜面23bを形成する係止ロック用溝23cを設け、受け金具爪17には、斜面23bと当接する突起17bを設けたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】異なる形状の梯子にも対応できる車両用長尺物積載装置を提供すること
【解決手段】本発明の車両用長尺物積載装置は、メインレール10には、長尺物の一端を係止する固定具12と、長尺物の他端71を保持するヘッドスライダー50とを備え、固定具12を、メインレール10の一端に設け、ヘッドスライダー50を、メインレール10に対してスライド可能に設け、ヘッドスライダー50が、メインレール10に対してスライドするスライディング部51と、長尺物の他端71を保持する前方保持部52及び後方保持部53と、前方保持部52と後方保持部53との間隔を変更する前後幅調整部54とを有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】複雑な装置構造を必要とせず、圧力損失及び限界流量の低下を防止しつつ気液混合流体を攪拌でき、均質で微細な泡流体の効率的な生成を可能とする流体攪拌装置及び方法を提供する。
【解決手段】攪拌部を予攪拌区間Aと攪拌区間Bに分け、予攪拌区間Aに開孔率が相対的に大きな多孔体11を配設すると共に、攪拌区間Bに開孔率が相対的に小さな多孔体12を配設している。流入部21から流入した気液混合流体Lは、予攪拌区間Aの多孔体11と攪拌区間Bの多孔体12を順次に通過して攪拌される。 (もっと読む)


【課題】圧縮空気泡の輸送に使われる既存の消防用ホースを買い替えることなく、低コストで断裂時の消防用ホース暴れを防止し、周囲に与える危険を最小限に抑える消防ボースの暴れ防止装置を提供する。
【解決手段】消防用ホース1の差し金具2と受け金具3の内円に、消防用ホース1の中を通すロープ4で繋いだリング5をそれぞれ嵌め込んで固定する。消防用ホース1のジャケットが破裂し、圧縮空気の噴き出しにより断裂に至った場合、ロープ4に引っ張られているため、大きく暴れることがない。よって、周囲に与える危険が低減できる。 (もっと読む)


【課題】高い発泡性能を有し、林野火災や油等の可燃性液体の火災の消火に好適に用いることができると共に、人体、生物及び環境への負荷の少ない水添加型消火剤組成物及び水性泡消火剤を提供する。
【解決手段】炭素数10以上30以下の直鎖状脂肪酸のナトリウム塩及びカリウム塩からなる群より選択される1又は複数からなり、うち40〜80重量%がオレイン酸ナトリウム塩及び/又はカリウム塩である石けん系界面活性剤と、1又は複数のキレート剤と、1又は複数の増粘剤と、水又はアルコール類及びエステル類からなる群より選択される1又は複数の水溶性有機化合物と水とからなる混合溶媒とを含み、石けん系界面活性剤を8〜18重量%、キレート剤を20〜33重量%、増粘剤を8〜24重量%をそれぞれ含み、残部が水又は混合溶媒であることを特徴とする水添加型消火剤組成物。 (もっと読む)


【課題】選択電磁弁の異常を判断できるアウトリガー制御装置、及びこのアウトリガー制御装置を搭載した高所作業車を提供すること。
【解決手段】操作検出手段71,72,73,74からの信号によって非操作状態にあるアウトリガーを特定し、伸張量検出手段81,82,83,84によって非操作状態にあるアウトリガーの伸張量が変化したときに選択電磁弁41、42、43、44が異常であると判断する制御手段50を備えたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】例えば消防車で用いられるポンプ装置のように、吸口から流体を吸い込み、圧力タンクに蓄水することなく放口から流体を放出するポンプ装置において、キャビテーションや気密漏れによるポンプ内異常を早期に警報すること。
【解決手段】圧力センサの検出値を記憶して、所定時間における圧力変動を演算する圧力変動演算手段42と、圧力変動演算手段42で演算した圧力変動の値と、あらかじめ設定した設定値とを比較する比較手段43と、操作手段31による駆動源30の駆動力の変更が行われていない場合に、比較手段43によって圧力変動の値が設定値を越えたときにポンプ内異常を判断する異常判断手段44と、異常判断手段44でポンプ26内異常を判断した場合に警報を発する警報手段50と、を備えたことを特徴とする。 (もっと読む)


1 - 10 / 80