説明

KDDI株式会社により出願された特許

101 - 110 / 2,700


【課題】時間的なDGの変化に対応できるようにすることで、携帯端末の障害発生箇所の診断の精度を向上させることを図る。
【解決手段】携帯端末3の障害発生箇所特定用情報を受信する障害発生箇所特定用情報受信部と、前記携帯端末の障害発生箇所特定用情報に含まれる障害発生時点の端末ログに基づいて該障害発生時点の直前の利用時刻を有する当該携帯端末に関する依存関係グラフをDG管理データベース2から取得し、該取得した依存関係グラフに基づいて当該携帯端末の障害発生箇所を調べる障害発生箇所特定部と、前記携帯端末の障害発生箇所の調査結果を表す表示データを作成する障害診断結果作成部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】使用される情報処理装置を限定せず、かつ、安全に外部ネットワークへの接続を確立できる携帯電子機器及び制御方法を提供する。
【解決手段】PC5と接続されてデータ通信可能な携帯端末1は、無線通信を行う無線通信部16と、PC5により読み込まれて起動可能なPC用OS141を記憶するPC用記憶部14と、PC5によりPC用OS141が起動されたか否かを判定し、PC用OS141が起動されていないときは、PC用記憶部14を動作させ、PC5によりPC用記憶部14を認識させ、PC用OS141が起動されたことに応じて、PC用記憶部14を停止させると共に、無線通信部16を動作させ、PC5により無線通信部16を認識させる制御部13と、を備える。 (もっと読む)


【課題】所定エリアの消費電力を計画的に制御すること。
【解決手段】所定エリアにあって、自身の消費電力を計測できる各家電機器と通信ネットワークを介して接続され、所定エリアの消費電力を制御する消費電力制御装置100は、各家電機器から受信した消費電力を時系列に記憶する消費電力記憶部120と、記憶された時系列の消費電力に基づいて、所定エリアの消費電力推移パターンを学習する消費電力推移学習部130と、学習された消費電力推移パターンから所定のしきい値を超えるピーク時間帯を判断するピーク判断部140と、ピーク時間帯における家電機器の消費電力を抑制するための動作を制御するための制御情報を家電機器の種別毎に対応付けて記憶する家電機器情報記憶部150と、各家電機器の種別毎に家電機器情報記憶部150取得した制御情報に基づいて、各家電機器の動作を制御する指示を送信する制御指示部160と、を備える。 (もっと読む)


【課題】SNSサービスにおけるユーザとのインタラクティブなコミュニケーションの中で、レコメンドサービスとしての推薦投稿文をbot技術で配信する装置等を提供する。
【解決手段】嗜好キーワードを登録した嗜好キーワードテーブルと、嗜好キーワード毎に、検索エンジンサーバから推薦文書ページを検索する推薦文書ページ検索手段と、推薦文書ページを含む投稿文を逐次生成する投稿文生成手段と、投稿文をブログサイトサーバへ逐次投稿する投稿手段と、文書ページからその内容を表すキーワードを抽出する文書解析エンジンと、ブログサイトサーバから、他の投稿者の反応情報を収集する反応情報収集手段と、反応情報から他の投稿者の反応が多い文書ページを導出し、文書解析エンジンを用いて文書ページからキーワードを抽出し、当該キーワードを嗜好キーワードとして嗜好キーワードテーブルに新たに登録するフィードバック手段とを有する。 (もっと読む)


【課題】親の目の届く範囲で、子供に、インターネットへのアクセスを許可することができる程度に、親の無線端末に従属する子の無線端末のアクセスを規制することができる無線ルータ、プログラム及びアクセス方法を提供する。
【解決手段】無線ルータは、親の無線端末2Aとの間の無線リンクの接続に従属して、子の無線端末2Bとの間の無線リンクを接続する。無線ルータは、親の無線端末2Aのアドレスを予め記憶しており、親の無線端末2AからSSID1に基づく接続要求を受信した際に、SSID1に基づく接続応答を無線端末2Aへ返信する。その後、無線ルータは、認証シーケンスをモニタし、無線端末2Aの認証成功を検出した際に、端末側無線通信インタフェースに対してSSID2を有効にする。これによって、子の無線端末2Bは、SSID2を用いてモバイルルータに接続することができるようになる。 (もっと読む)


【課題】ネットワークに接続された端末の情報を管理すること。
【解決手段】端末管理装置10は、端末と接続されたことに応じて、端末の端末識別情報および端末環境情報を取得する端末情報取得部11と、予め、端末管理装置10にて、アプリケーションサービスの利用契約を管理する端末の端末識別情報に対応付けて、アプリケーションサービスを提供する事業者のサーバを識別するサーバ情報を格納する契約情報格納部12と、取得した端末識別情報が契約情報格納部12に格納されているか否かにより、端末の認証を行う端末認証部13と、端末が認証された場合に、取得した端末識別情報および端末環境情報を格納する端末環境情報格納部14と、端末環境情報の送信要求に応じて、送信要求がされた端末の端末識別情報により、契約情報格納部12から取得したサーバ情報に基づいて、端末環境情報格納部14の端末環境情報を送信する送信部15と、を備える。 (もっと読む)


【課題】多視点画像から、被写体の表面上にある点を多数求め、3次元形状を高精度に復元する装置を提供する。
【解決手段】被写体を複数台のカメラで撮影した多視点画像と各カメラのカメラパラメータから、多視点画像における被写体の遮蔽輪郭線を抽出し、カメラパラメータから、該遮蔽輪郭線を構成する各点において対応する接線を求め、算出した接線上の被写体表面に対する接点の位置を推定し、接点を被写体表面上の特徴点として、被写体の表面の形状を復元する被写体の3次元形状を復元する装置。 (もっと読む)


【課題】リファレンス映像の時間軸上の一部分を切り出したり、リファレンス映像にテロップやロゴが挿入されたりした映像を含むクエリ映像であっても、そのクエリ映像の検索を可能とし、その処理を高速に行なう。
【解決手段】データベース15に格納されているリファレンス映像から、クエリ映像を検索する映像検索装置であって、前記クエリ映像を一定時間長のセグメントに分割し、前記各セグメントから予め定められた数のフレームを選択する映像分割部11と、前記選択されたフレームから映像の特徴を示す特徴量を抽出する特徴量抽出部12と、前記抽出した特徴量を1つ以上の量子化識別子に変換する特徴量量子化部13と、前記量子化識別子に対応する転置インデックスを構成するリストに前記選択されたフレームの映像識別子と時刻情報を格納する特徴量蓄積部14と、を備える。 (もっと読む)


【課題】ソーシャル・メディアにおける話題語を抽出すること。
【解決手段】話題語抽出装置100は、ソーシャル・メディアサーバ10から、所定期間の書き込み情報を取得する書き込み情報取得部110と、取得した書き込み情報を形態素解析し、単語を抽出する形態素解析部120と、予め用意された、ソーシャル・メディアにおいてユーザ間のコミュニケーションを円滑にするために用いられるが、書き込み情報の内容の特徴を表す重要語でない単語を記憶した辞書記憶部140を用いて、形態素解析部120で抽出された単語から辞書記憶部140に格納されている単語を除いて、重要語を抽出する重要語抽出部130と、重要語抽出部130で抽出された重要語それぞれの重要度を算出する重要度算出部150と、重要度算出部150で算出された重要度に基づいて、重要語抽出部130で抽出された重要語から話題語を抽出する話題語抽出部160と、を備える。 (もっと読む)


【課題】タッチパネルに対する指での操作によっても、指の届き難い箇所又は細部において所望の位置を指定することができるユーザインタフェース装置を提供する。
【解決手段】ユーザインタフェース装置は、指の各時点での接触位置に応じて、ポインタの先端の位置を逐次決定するポインタ位置決定手段と、各時点で先端が決定された位置となるようにポインタを表示させるポインタ表示手段と、指による押圧力が所定閾値以上であるか否かを判定する押圧力判定手段と、押圧力判定手段が真の判定を行った際、ポインタの先端の位置に関連付けられた動作を発動させる動作制御手段とを有する。 (もっと読む)


101 - 110 / 2,700